« 自由自在 | トップページ | ツイッター風 »

フィールド・オブ・ドリームズ

2014年8月1日(金) by キヨタカ(* ̄0 ̄)ノ 映画:「フィールド・オブ・ドリームズ」を遂に見た。

Images1
 
私の友人一押しの映画だったのだが、ずっと先送りにしていて20年後遂に…。
 
不可能な夢に夢中になれる男性で、野球とファンタジーが好きな人には相当ウケる映画だと思う。
 
それとイケメン好きな女性も…
 (主演のケビン・コスナーが超イケメンで、とても貧乏農夫には思えない(ノ_-。))
 
私は不可能な夢にチャレンジする精神が大好きな男だが、残念ながら野球とファンタジーは苦手な方なので、映画のコメントは控えさせて頂きます。
 
その替わり…この映画で涙を流した人のブログを見つけたので、映画に興味のある方はこちらをどうぞ。
 
 
でも、この種の映画で涙する事が出来る人って、本当に素晴らしい。
 
私の友人は、この映画が大好き。
 
見るたびに涙、涙…゚゚(´O`)°゚
 
「田舎のトウモロコシ畑に野球場を創る」という、謎のメッセージに突き動かされていく内容なのだが…
 
採算性を度外視して行動を起こし続ける姿が、「男のロマン」を刺激するのだろう。
 
このような夢を追いかけるチャレンジャー精神により人類は進歩し、不可能が可能になった。
 
人間は空を飛べない。
 
常識だ。
 
しかし、「空を飛びたい!という不可能に思える夢が常識を破って、飛行機を生み、ロケット生み、月にまで人は飛んで行った。
 
今や火星にまで飛んで行こうとしている。
 
道の導く先を 目指してはならない
 
  未踏の地へと進み 道を残すのだ
 
アメリカ西部開拓時代の思想家、エマーソンの言葉だ。
 
物質文明の進歩に関しては、西洋人の果たした役割は実に偉大だ。
 
 
一方東洋思想では、無為自然、諸行無常、あるがままに…
 
夏暑ければ、扇風機やクーラーを発明するのは西洋流。
 
暑ければ暑さになりきれ!
 
心頭滅却すれば、火もまた涼し!!!
 
これが東洋流だ。
 
釈迦は、「無常」論の代表者だが、「常住」論を批判して…
 
それは『兎の角』という言葉があっても、実際に兎に角がないように、決してあるものではない。Tonikaku
 
と批判している。[楞伽(りょうが)経]
 
ところが西洋流の遺伝子工学で…
 
今や[兎に角]を生やせる時代に突入だ!
 
 
瞑想とは、もちろん東洋人のお家芸。
 
しかし、私の夢は東洋と西洋を統合させる事にある。
 
瞑想により意識の覚醒が起こった人々が集い、この世界に地上天国を創る。
 
意識の覚醒は東洋流でもなんとかやっていけるだろうが…
 
覚醒した人々が協力して新しい世界を創るには西洋流のチャレンジ精神が絶対に必要だ。
 
その為にはまず最初に、意識の覚醒を求める人々が集う場所が必要となる。
 
 
潜在的な仏陀が集う場所、それを仏陀フィールドと言う。
 
そうした仏陀フィールドは、過去にたくさんあった。
 
しかしそこは、「悟った人が悟らない人々を導く場」であって、覚者を頂点としたピラミッド構造に必然的になってしまう。
 
そうしたフィールドは、私にとってはもう過去の遺物に過ぎない。
 
過去に辿った道の導く先を、を目指してはならない!
 
今まで誰もやった事のない、未踏の地へ進みたいものだ。
 
願わくば、そうしたフィールドを創りたい。
 
『それを創れば、彼がやってくる』
 
この映画のキーワードだが…
 
新しい仏陀フィールドを創れば、新しい仏陀がたくさん集うだろう。 
 
来れ、集へ、新時代の仏陀たちよ!
 
だから、これが私のフィールド・オブ・ドリームズ(* ̄0 ̄)ノ

« 自由自在 | トップページ | ツイッター風 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 前略、、、、。

 ”yes yes yes、、、、”オフコースにこんな歌があったっけかな?!

 ”ふぃーるど・おぶ・どりーむず”もう忘れちゃてるな~(一応、野球が苦手なキヨタカさんに”ナチュラル”(R・レッドフォード)を薦めておこう、観たかな?!^^;)

 『もう既に在り、常に在り、確固として在る』”仏陀フィールド・オブ・リーラスペース”名前が変わろうが、現れていようがなかろうが、、、、我々の胸に在った!(ナンチャッテ^^)

 、、、、シューレス・ジョー、黒くなったホワイト・ソックスetc、夢半ばに、散って行った
人々ってな感じだったっけかな?!

キヨタカさんと公案作ったり、酒飲んだりした、過去生を「思い出した~!」なんて言い出
したら、それこそ【夢の夢、、、】

           ”悪夢にならない様に早く目覚めね~とイケネ~”

    お後が宜しいようで、、、
                   yasuより
                                                 草々  


 

 

前略、、、、part 2(( 。 ))

 俺も、一応”ホ・オポノポノ”でクリーニングしとこう^^;

  一歌、、、、、

          ”松の木に
  
                 高く登った

                        猿の子が

                              背中でヒヤリと

                                      釈迦の眼差し”

   p・s,,,,,,また座布団引かれるかな~((爆笑))

     yasuより
                                                  草々

 

ローレンの言葉間違ってますよ!NHK コズミツクでやってた受け売り言葉を引用してはならない未踏をめざすのだ!(爆) よく勉強しろよww

NHKまんさん

書き込み有り難うございます。

>道の導く先を 目指してはならない 未踏の地へと進み 道を残すのだ

は、NHKコズミックフロント2014年7月24日放送の冒頭の言葉そのままだと思うのですが…

どこが間違っているのか、具体的に教えて頂けると助かります。

あの言葉は、エマーソンではなくローレンの言葉だという事でしょうか?

ところで、ローレンとは、誰ですか?

勉強不足で申し訳けありませんが、よろしくお願いします。

誰が語ったにせよ、素晴らしい事言葉ですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由自在 | トップページ | ツイッター風 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ