« 何を奪われようとも! | トップページ | 緊急事態! »

革新的瞑想技法〜Oさんの感想〜

2014年10月5日(日) by キヨタカ

 嬉しい時は笑い、悲しい時は泣く。
 
天真爛漫な幼児には、抑圧というものがない。
 
肉体に宿った魂が、魂そのまま裸の姿で存在している。
 
 
「天国では、誰が一番偉いのですか?」
 
と問われた時、イエスは幼子を呼び寄せて、その姿を示しながら語った。
 
「心を入れ替えて幼子のようにならなければ、天国にはいることはで 
きないであろう。」(マタイ伝18-3)
 
 
しかし成長するにつれて、人は誰もが純真さを失わざるを得ない。
 
人間社会で生き抜くために、悲しくてもぐっと我慢して笑顔を見せたりして、自己の自然な感情を抑圧し始める。
 
例えどんなに、外見はクールな人格を保っていても…
 
その奥底では、原初の感情がマグマのようにふつふつと煮えたぎっている。
 
やがていつの日か御岳山のように…
 
大爆発が起こったりshock
 
あるいは、押し殺した感情が原因で様々な病気や事故や災難に巻き込まれてしまう。
 
 
しかしキリストに言われたからといって、幼子のようになろうとしても無理がある。
 
むしろ宗教に凝っている人ほど、実は怒りっぽかったり批判的だったりする人が多い。
 
なぜなら、普通の人よりも無理な抑圧が強いからだ。
 
 
もしこの抑圧を安全に解放する事が出来れば、社会に蔓延する病気や事故や犯罪の多くは激減するだろう。
 
リーラスペースのリトリートでは、深い瞑想へ入る準備として、浄化を伴う革新的な瞑想技法を積極的に導入している。
 
例えば、あなたが『怒り』を抱えていたとする。
 
それは、抑圧したままだと様々な問題を作り出す。
 
しかし、その『怒り』に対して正しい働きかけをしさえすれば…
 
『怒り』のエネルギーは、やがて『慈愛』へのエネルギーへと昇華して行く。
 
 
今はまだ、その成果が一般にはにあまり評価されていないけれども…
 
やがて多くの人々が、その重要さに目覚めるだろう。
 
その先駆けとして…愛と平和と恩寵に満たされた新しい人類が、
 
リーラスペースで密かに誕生し始める( ̄ー+ ̄)
 
 
いやはや、ちょっと大げさ過ぎる(○゚ε゚○)と笑われそうですが…
 
先月のリトリートに参加されたOさんから、感想のメールを頂いてそう確信しています。
 
 
 * Oさんの感想 * *
 
こんばんわ9月のリトリートではありがとうございました。
 
おかげさまで、あの時怒りのワークでは噴出しました!!!
 
母に対する怒りがこれまでになく強く激しく出て、もう一人の自分が「こんなに怒りがあったの!」と驚いていました。
 
終えてからは気持ち良かったな〜
 
あれからお彼岸で実家に行く機会がありました。
 
これまでの私は、“母の愚痴を聞きたくない、早く実家を出たい” 母を前にしてこんな事ばかり考えていました。
 
今回は、結構静かな気持ちで、その上「足が痛い」と言う母の身体を触ってほぐしてあげました・
 
・・これは快挙です。
 
私は母が嫌い、なるべく関わりたくない存在です。
 
母が嫌いでなくなった訳ではないですが、“少し位は側にいてもいいかも・・・”とは思えるようになりました。
 
不思議ですね、激しい怒りが出たら怒りは強化ではなく、弱化されて行く!?
 
次回はもっと怒っちゃおう〜と。

« 何を奪われようとも! | トップページ | 緊急事態! »

イベント」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、、、。

        一句

               ”天国は

                      皆で一つが

                                偉いかな”

       Yょㇼ

                                                  敬白

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何を奪われようとも! | トップページ | 緊急事態! »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ