« 想定問答 | トップページ | 泣く事 »

笑いは国境を超えて

2014年10月14日(火) by キヨタカ

 先日『一日一食』という本を紹介したが…

著者の船瀬氏が『笑いの免疫学』という本も出しているのを知り、衝動買いをしてしまった。Unknown

読んでから書こうと思ったが…もう一ヶ月近く積読状態。

 

目次をパラパラめくってみたら…

「笑い」による癒し効果には驚くべきものがあり、様々な難病が治り、癌が治る人もいる事が詳細に述べられている。

まあ〜読まなくとも、ほぼ内容は推察出来る。

『笑い』はOSHOの世界では最大限尊重されて来たけれど…

ようやく広く一般社会に認識され始めたかと思うと、感慨深い。

 

『愛と瞑想』こそが、癒しの王道である事に疑いはない。

しかし、ちょっと敷居が高いかも知れない。

しかし『笑い』は、いつでもどこでも誰にでも理解出来る(…筈)

リーラスペースの瞑想会では、時々『笑う瞑想』をする。

笑うとマインドが吹き飛んで、ハートも開き易くなる。

 

瞑想的なスペースに入るには、「理由のない笑い」が大切だ。

なぜなら、理由なき笑いは、理由なき喜びへと導かれるから。

ただ存在していること自体が喜びであり、それこそが自己の本性なのだ。

しかし、いきなり「理由なしに笑って」と言われても難しいだろう。
 
そもそも、理由なく笑っていると、妙に誤解を招く可能性もある(^-^;
 
最初は、何か笑うきっかけを探すと良い。
 
もし自分の事を笑えたら、最高だ!

 

どうしても笑えない人は、下記の動画が参考になるかも。

愛は国境を超えると言うが…

『笑いは国境を超えて』広がる事を、妙に納得\(;゚∇゚)/

« 想定問答 | トップページ | 泣く事 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、、。

         一句

             ”3 L(love live laugh)


                      世界平和も

                                 これ三っつ”

         by osho           Yょㇼ

                                                  敬白

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 想定問答 | トップページ | 泣く事 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ