« 老年的超越!? | トップページ | Be Spontaneous/自発的に »

突撃訪問

2014年10月18日(土) by キヨタカ

 昨日、外出しようとしたら、電話が鳴った。
 
キヨタカ:「はい、リーラスペースです」
 
相手:「もしもし、こちら警察ですが、天野さんのお宅ですか?」
 
(ドキ! また交通違反かshock
 
キヨタカ:「はい、そうですけど、何か(^-^;」
 
警察:「実は天野さんの住所を尋ねている方が、こちらに来ておりますので、電話を替わります」
 
という訳で、携帯も持たずリーラスペースの電話番号だけを頼りに私に会いに来た方と面会をする事になった。
 
もちろんアポなしの、突撃訪問である。
 
 
人に会うのはやぶさかではないが、こちらにも色々と予定がある。
 
『アポなし面会はお断り』なのだが、警察の手前そうはいかない。
 
そこで、 ちょうど外出する矢先でもあり、警察署の近くの喫茶店でお話を伺う事にした。
 
プライバシーもあるので詳細は語れないが…
 
かなり高齢の方で、過去に大企業で国際的に活躍、現在は様々なボランティア活動に従事。
 
「くだらない?」情報を遮断すべく、パソコンも携帯も断捨離。
 
「やりたい事は即行動」、がモットーだと言う。
 
そして新たに立ち上げるプロジェクトについて、一方的に情熱的に語って、機嫌良く帰って行かれた。
 
で結局、私に会いに来た目的は『 ? ? ?』、さっぱり解らずじまい。
 
 
これは私の勝手な推測だが…
 
本当は寂しさがいたたまれなくなり、私に会いに来たのではあるまいか?
 
高齢にも関わらず表面上は『元気一杯』なのだが…
 
実は非常に孤独で、寂しいのだろう。
 
しかし、ご本人は自分の寂しさに全く気づいていない。
 
若い時と同じパターンでやっきになって行動して、私に会いに来た目的なんかすっかり忘れ、自分の夢の世界に陶酔してしまう。
 
たとえどぶの中で、のたれ死にするようなことがあっても、前向きで死にたい。
 
坂本龍馬の言葉だが、若い命を天命に捧げたからこその名言だ。
 
同じ言葉でも老人が発したら、はた迷惑な暴走老人になってしまいかねない。
 
しかし、もう誰にもこの方の暴走は止められまい。
 
行動の慣性モーメントがあまりにも強いので、止めようとしても弾かれてしまう。
 
 
以前紹介した映画:「ザ・シフト』によれば…
 
人生は大きく「午前」と「午後」に分かれるという。
 
そして人生のある時期に、「午前」から「午後」へとシフトする必要がある。
 
シフトの前と後では、価値観ががらりとかわる。
 
瞑想とは、「する事」から「在る事」へのシフトであり、人生の「午後」に属する事は言うまでもない。
 
非常に残念だが、この方は高齢にも関わらずシフトが全く起こっていない。
 
適切なタイミングで、その事をそれとなくお伝えしたかったのだが、そうした余地は全くなかった。
 
願わくば、過ぎ去った朝焼けの美しさを追いかけるのを止めて、沈む夕日の美しさを悠然と味わうようなシフトが近いうちに起こって欲しいものだ。
 
まだ命の尽きぬ間に…
 
PS、今後は、例え警察がらみでも…
『アポなし面会はお断り』致しますので、あしからず( ̄Д ̄;;

« 老年的超越!? | トップページ | Be Spontaneous/自発的に »

日常」カテゴリの記事

コメント

 拝啓、、、、。

 コメディ風なドキュメンタリー日誌。面白い人達が吸い寄せられるように”リーラ”に集まって来ますね!これも神の戯れなのでしょうか^^;含み笑いしつつ読ませて貰いました。

       一句

           ”リーラにて

                        縁は異なもの

                                      味なもの?!”

          Yょㇼ

                                                  敬白   

Yさん

 いつもコメントありがとうございます。

日誌には絶対に書けないような事も(ノд・。)たまに起こりますが、これも神の戯れとして楽しむようにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 老年的超越!? | トップページ | Be Spontaneous/自発的に »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ