« 主体を外からI(私)に戻す | トップページ | 無限エネルギーにアクセスするには・・・ »

真空エネルギー

2014年12月3日(水)

『無一物中無尽蔵』
 
有名な禅の教えで、『空』の世界が述べられている。
 
『人間は無一物が本来の姿なのだから、それに徹したとき、逆に一切が無限に出現する自在の境地が開ける』と一般には精神的に解釈されているが・・・。
 
 
実は物質世界においても、どうやら真実のようだ。
 
元々 『真空に無尽蔵のエネルギーがある』事は、量子力学世界のトリビアとして色々と語られていた。
 
ところが東大の佐藤 勝彦教授は、「真空のエネルギー」を大前提に「インフレーション理論」を提唱し宇宙創生の謎に迫り、物理学の世界で高い評価を受けている。
 
今では、「宇宙は無から生まれた」という説は、宇宙物理学の世界では大真面目に議論されているとか・・・。
 
 
もっとも実際に真空からエネルギーを取り出す試みとなると、途端にオカルト・サイエンスの世界となってしまう。
 
いわゆる「フリーエネルギー」を研究される科学者達は、『奇人・変人』扱いされていて、正当な科学者(?)の間では見向きもされないでいるのが実情のようだ。
 
 
しかし、世の中を根本から変革させるような発明・発見は、『奇人・変人』が担っている事が多い。
 
人類初の動力飛行機を飛ばしたライト兄弟なんかも、実際に成功するまでは『奇人・変人』として廻りから冷笑され続けていた。
Aiaa_1
 
江戸時代に日本で最初に空を飛んだ浮田幸吉は、『奇行をもって人を騒がせた』という理由で留置されてしまったという。
 
日本でもこうした『奇人・変人』がもう少し認められる風土があったなら・・・と思うと残念でならない。
 
 
ところで最近、とても興味深い科学者を当ブログのコメント欄でyさんから紹介された。
 
説明部分で明らか誤り(アインシュタインは大学を出ていない等々・・・)があるので、紹介するのを躊躇う部分もある。
 
また、2012年のアセンション問題で一世を風靡(?)した、エハン・デラヴィ氏の紹介なので、
 
「新しいネタか( ̄Д ̄;;」と引いてしまう人もいるだろうけど・・・
 
〜にもかかわらず、大変面白い。
 
興味のある方は、ぜひご覧アレ。
 

« 主体を外からI(私)に戻す | トップページ | 無限エネルギーにアクセスするには・・・ »

感想」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、、。

      一歌

         ”われ空に

                満たされ気づく

                          最愛よ

                                全てで在りて

                                         無きものととも”

               Yょㇼ

                                                  敬白

本動画を見ていただきありがとうございます。私はエハン・デラヴィを地球巡礼者のDVDで知りました。(しかし本人も言っているがそのDVDは失敗作でした。自分も買ったがゴミとして捨てました。巡礼に興味を持ったのはパウロ・コエーリョの星の巡礼やシャーリーマクレーンの巡礼の本を読んだ事によります。)私は本動画を見てピラミッドの三角形の謎が少し判ったような気がしました。エハン・デラヴィ氏の意識レベルは仏陀を1000(対数)としてどの位か 筋肉反射テストで測ってみてほしいと思います。又、ジェームズ レッドフィールド氏にも本動画を見てほしいです。

yamanakaさん

動画の紹介ありがとうございます。
>エハン・デラヴィ氏の意識レベルは・・・
私がハラメイン氏の事を知れたのは、yamanakaさんとデラヴィ氏のおかげです。
人にはそれぞれその人にしかできない役割があります。
「他人の意識レベルを図る」のは、私は好きでありません。

キヨタカさんへ
コメントにまで返信ありがとうございます。

キヨタカさんがコメントに返信した通り
他人(個人)の意識レベルを比較したり評価するのは良くないと反省しています。
デラヴィ氏の様に全人類レベルで意識レベルを考慮したいと思います。

最近、キヨタカさんの本(覚者を求めて)も買って読んでいます。
大変読みやすくて面白いです。
  
                

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 主体を外からI(私)に戻す | トップページ | 無限エネルギーにアクセスするには・・・ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ