« 無の世界 | トップページ | 鳳 凰 »

アジズとの対話を再読

2014年12月10日(水) by キヨタカ

 久しぶりに「アジズとの対話」を読み返した。Unknown

自分で言うのもなんだが、真摯に魂の覚醒を渇望している方に、とても役立つ本だと今さらながら思う。

 

時々、ブログや書評なんかで「アジズはクリシュナムルティの域には達してない」とか「究極に程遠い」等とこき下ろす人がいる。

私自身、フーマンのワークを受けるようになってからは、「フーマンの方が覚醒レベルが上」と吹聴していた時期もあり、大いに反省している。

 

アジズに会うまでは、「史上最高の覚者が私に本物の覚醒をもたらす」事を信じて疑わなかった。

だから、「マスターの覚醒のレベル」が非常に気になっていた。

「OSHOのレベルは? プンジャジは? ガンガジは?等々・・・」

この本の中で、恥ずかしいくらいしつこく、アジズに聞いている。

 

それに対すするアジズの回答は、ズバリ:

「このマスターは悟っている。あの人は悟っていない等々、これらは助けにならない。 あなたにとって助けになるのは、あなたが目覚めることだ。」

「今のあなたにとってもっとも重要なのは、その人がどのようにあなたの目覚めの助けになるか?という事だ。 つまり、彼らのステージがどの程度なのかはどうでも良いことなのだ。」

「世界最高の光明を得た!とあなたが信じるマスターの所へ行ってもダメだ。あなたがプレゼンスを目覚めさせない限り、何もあなたの助けにならない。」

 
 
今にして思うのだが、「あまりレベルの高い」マスターの教えというものは、逆に「足枷」となる場合が多々ある。
 
その典型がクリシュナムルティの教えだろう。
 
本当にレベルの高い人だけれど、残念ながらクリシュナムルティを通して覚醒した人には出会った事がない。
(知的議論に優れた人々は大勢いるけど・・・)
 
 
「あなたの目覚め」に一番役立つ人は、むしろ自分と意識レベルがそれほど離れていない人なのかもしれない。
 
かつてあなたと同じ問題で悩んでいて、そこから目覚める事が出来た人がいれば、その人が一番の助けになるだろう。
 
さらに一歩踏み込んで言うと:
 
もしあなたが目覚めれば、クリシュナムルティで救われない人も救われる可能性が大いに広がる。
 
だから、今あなたが問題を抱え込んでいるとしたら、それはとても貴重な体験となる。
 
「なんで私ばかりに、こんなに沢山の問題が降りかかるのshock
と嘆いている方もいるけれども・・・
 
それが後々、貴重な体験となり得るのだ。

« 無の世界 | トップページ | 鳳 凰 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、、。

             『元、>クリシュナムルティで救われない人、、、、』より

 
 何度も言わせてもらうならば、、、「アジズとの対話」に出会った事は【あっ、これだ!!!】とやっと見付けた宝石のようなものである。

 J.クリシュムナルティの”受動的な凝視”の答えをもらった様なものだった。

 ”受動的な凝視”(oshoの言う消極的な観照意識の継続かな)が腑に落ちないが捨てられない、、、それが20数年!!??

極力、悟り系の本、情報を控えてしまった諸刃の刃であったが、”ステートオブプレゼンス”でやっと”ピン”と来た!


            「ああ、この感覚か、、、知っていたじゃないか」


 僕のエゴは十分に知り(?!)僕が本物ではナイ事は分かったが”本当の私”ってどういうモンよ、、、、?!

 そんな自分を”本来の自己”に導く入口に入れたのは、キヨタカさん(勿論アナディも)のおかげである!

 私は”この人は本当のex探究者”だったと確信した(悟った人より見つけるのが困難だと言われる)

 今は弟子でもないけど師匠と呼びたくなる時もある!(皆様も気持ちが分かる人も大勢いるでしょう{笑})

 孤独な探究(消極的な探究)を超え、光りをもたらし、【THIS】へと指し示してくれる、元フーマン、、、そしてキヨタカさん、、、、。


 縁のある人々にとっては、”永遠の偉大なるEXオーガナイザー”であり(褒めすぎの様だが事実だ)


                  【Ⅰamであり ⅠAMで在る】


 from Y to SIR

                                                           敬白  

yasuさん

ホメ殺しされそうで怖いですが、「アジズとの対話」の価値を分かって頂き光栄です❤️

キヨタカさんへ
アジズ氏の言葉でステート・オブ・プレゼンスが何か私は良く解らなかったが、最近Amazonのアジズとの対話の本のカスタマーレビューを見たら本の抜粋ですが詳しく記載されてました。ネオビパサナ瞑想等の思考を見つめる方法と同じだと気づきました。そこで現在、普段の生活の中でかまえずに、なるべく思考の鑑賞者を意識するようにしています。(様々な思考から自由になれるかも?)また、アジスとの対話の本も買って読んでみます。
  
 

yamanakaさん

 瞑想を理解し実践し始めたようで、とても嬉しく思います。

「アジズとの対話」ぜひ、読んでみて下さい。
少し難しい所もありますが、その明晰さに驚くと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無の世界 | トップページ | 鳳 凰 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ