« 著書の方に教わって〜Sさんの感想 | トップページ | トランセンデンス »

暴風の効用

2014年12月19日(金) by キヨタカ

諸行無常・・・

この現象世界は、全て来ては去っていく、夢のように儚い世界だ。

思考も感情も、肉体だって・・・やがて消えていく。

 

しかしこの世でたったひとつだけ、来ては去っていかないものがある。

それが「私がある/I AM」という意識だ。

 

その『中心軸』が目覚めると、それはちょうど台風の目のようになる。

周辺の世界がどんなに激しく動こうとも、ブレずに静止している事が可能だ。

 

この『中心軸』の感覚は、実は武道家や一流スポーツ選手の間では、以前から知られている。

「弾丸を避ける事が出来た」合気道の植芝翁とか、「ボールが止まって見えた」野球の川上選手等々、そのエピソードは枚挙に暇ががない。

 

この『中心軸』が定まれば、世間の波風を楽々と乗りこなす事が出来るだけではない。

ウィンドサーフィンにも応用可能で、どんな波風でも、楽々と乗りこなせる!

・・・筈だ。Images1

 

なかなかそうしたコンディションは来ないが、一昨日は待ちに待った最高の風!

最大瞬間風速40メートルの暴風の中、長年の修行の成果を存分に発揮!!

『中心軸』をキープしつつ華麗な技を展開・・・する筈だった。

 

が、しかし現実は厳しい。

暴風に飛ばされないように、道具を海岸までなんとか運ぶまでが一苦労。

強風と大波に煽られて、巨大な洗濯機の中に放り込まれた感じで体力を消耗。

結局一度も乗れないまま、早々に退散した(ρ_;)

 

しかし、世の中は広い。

Red Bull Storm Chaseというウィンドサーフィン大会がある。

風速36メートル/秒を超える暴風を条件に開催されるのだが、めったにそうした風は吹かないので、世界中がその開催候補地となっている。
 
 (実際にはアイルランド→タスマニア→イギリスの暴風時に開催)
 
この映像を見ると、先日の風なんか、そよ風みたいだ。

今回の暴風ではなす術もなく早々に退散したが、今回トライしたおかげで、普通の強風なら楽々と乗りこなせる自信がついた。

 

「若いうちは、苦労は買ってでもせよ!」

という、非常にジジくさい格言があるけれども・・・

世間のしんどい波風や暴風に敢えてチャレンジすることで、普通の波風なら楽々と乗りこなせるようになる。

「暴風の効用」を説いているのだと思うと、こうした格言も貴重なアドヴァイスだ。

« 著書の方に教わって〜Sさんの感想 | トップページ | トランセンデンス »

日常」カテゴリの記事

コメント

 拝啓、、、、。

      一歌

         ”肉体や

               幻想を使う

                       地球にて

                             目覚めて生きれば

                                         神も喜ぶ”

                 Yょㇼ

                                                  敬白  

今日の会話

キヨタカ:「今日の日誌、どう?」

ヨガビ:「『苦労は買ってでもせよ』とは、古臭いから嫌い\(*`∧´)/」

キヨ:「俺も嫌いだったけど、見方によっては貴重なアドヴァイスかと(^-^;」

ヨガビ:「私は買わなくても苦労の多い人生してるから、これ以上は買わない!
キヨタカの人生は楽すぎるから、もう少し買った方がいいかもネ。」

キヨ:「いや、俺だってタダでも買いたくない」

前略、、、^^。

 何が”たまらないっ!”と思わせるかと言うと、、、落語的なオチ(さげ)にしてしまうの

も良いし、自分の日誌のコメントを使ってでも、また皆に伝えようという根性(?!)とセ

ンスが人柄とユーモアをアピールし「この人だったら信頼してもしょうがないか~」と思

えてしまう(笑)


       ー このような時、、、『師匠ッ!』と呼びたくなる瞬間である((^^)) ー


 P・s、、、苦労を感じさせない男と人の分まで苦労してしまう女へ捧げる曲は、、、

             ボブ・ディラン♪【フォーエバーヤング】     Yょㇼ

                                                  草々

         

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 著書の方に教わって〜Sさんの感想 | トップページ | トランセンデンス »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ