« 狸奴白牯(りぬびゃっこ) | トップページ | 開眼 »

カモメのジョナサン

2015年2月23日(月) by キヨタカ

 「カモメのジョナサンの最後ってどうだっけ?」Unknown
 
昨日ヨガビに聞かれた。
 
確か私が高校生の頃ベストセラーとなったリチャード・バックの有名な小説。
 
「食うことではなく、空を飛ぶこと自体に生きがいを感じる」という内容だったことは覚えているが・・・
 
 
果たして、最後はどうだったのか?
 
さっそくネットで調べた。
 
 
『飛行おたく』となったジョナサンは、「食うこと」に力を注がず飛ぶことに専念してばかりいたので、とうとう群れから追放されてしまう。
 
しかし、 それでも速く飛ぶ方法を追求し続けて・・・
 
遂にはもっと高い所(天国)へ修行の旅に出て、真実に目覚める。
 
なんと瞬間移動もできるようになったのだ!
 
天国から戻ったジョナサンは、若いカモメに真実を伝授。
 
フレッチャーというカモメを後継者に任命して、自らは別の場所にいってしまった。
 
 
驚くほどのステレオタイプなスピリチュアルなオチで、
 
思わず吹き出してしまった(´,_ゝ`)プッ
 
しかし70年代当時の人々にとっては、非常に斬新だったに違いない。
 
全世界で4千万部を超えるベストセラーになったというのだから、驚きである。
 
 
『生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならない』
 
と、ギリシャの哲学者ソクラテスは言う。
 
『道心の中に衣食(えじき)有り、衣食の中に道心無し』
 
と、天台宗の開祖最澄も言う。
 
例えどんなに この地上で大成功をおさめ物質的に恵まれたとしても、心からの満足が得られない事を知っている人がいる。
 
そうした人々は、孤独だ。
 
しかし敢えて孤独を選び、自己に内在する可能性を追求せざるを得ない。
 
そうすればやがて正しいタイミングで魂が目覚め、神の栄光と喜びに包まれる日が訪れる。
 
 
ジョナサン問答というのがある。
 
カモメが100羽いたとしたら、その中の一羽の名前はジョナサン。
 
それでは、他の99羽の名前は?
 
 
 
答え:カモメのミナサン。
 
孤独を恐れ、「カモメのミナサン」に追従する必要はない。
 
「カモメのミナサン」があなたを非難する時、それはあなたが真実への道を一歩踏み出した事の証明なのだ。
 
だから、空高く飛翔するためのエールとして、ありがたく受け止めよう。
          清く  かがかに
 
             貴く  ただひとりに
 
                なんじ  星のごとく
                      
   (by 佐藤 春夫)
 

« 狸奴白牯(りぬびゃっこ) | トップページ | 開眼 »

日常」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、、。

          一句

               ”清らかに

                         貴く飛翔し

                                    天の如く”


 P・s、、、バックはたしか、、、『イリュ-ジョン』(?!)が好きだったかな^^;

                            Yょㇼ

                                                  敬白

 高校生の頃、カモメのジョナサンを読んで、私もとても感銘を受けました。印象に残っている記述は、やはり、「他のカモメは食べるために、飛んだ。しかし、ジョナサンだけは飛ぶために、食べた。」です。聖書の中でも、「人はパンのみに生きるにあらず」とイエスさまはおっしゃっています。「何のために生きるのか」を自分自身に問いかけ続けることは、真実の人生を送るために必要なことだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 狸奴白牯(りぬびゃっこ) | トップページ | 開眼 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ