« ニュースにならないニュース | トップページ | 抹茶ブーム再燃 »

川根温泉

2015年2月18日(水) by キヨタカ

 静岡県は、日本有数の温泉地。
 
修善寺に越してきたばかりの頃は、ヨガビと2人で県内各地の温泉巡りドライブを楽しんだものだが・・・それも今は昔。
 
最近は、めったに温泉巡りをする事はしなくなった。
 
数年前に、我が家に温泉が導入されてからは:
 
「我が家の温泉が伊豆半島で一番の泉質(* ̄0 ̄)ノ」
 
と自慢つつ、もっぱら自前の温泉で十分満足している。
 
 
しかし今日は珍しく、本当に久しぶりに『川根温泉』までドライブ。Img_3894
 
川根は静岡県の中部に位置し大井川を上流に遡って行くのだが、銘茶『川根茶』の産地として有名。
 
しかし、川根にそんな立派な温泉があるとは今まで知らなかった。
 
それもそのはずで、ここの源泉が掘られたのは今からまだ20年前の事。
 
弘法大師が掘り当てたと言われる修善寺温泉に比べると、まだ「ひよっ子」にもならない生まれたての温泉場だ。
 
 
しかし実際に入ってみて、その泉質に驚いた。
 
我が家の温泉を数倍濃くして、そこにミネラル塩と鉄分をたっぷり入れた感じ。
 
しかも、全浴槽(男女11か所)が贅沢な事に完全掛け流しだ。
 
弘法大師もびっくりするくらいの、霊験あらたかな温泉だと思う。
 
20150218_230453 しかも、眼前は雄大な大井川の河川敷が広がっている。
 
SL列車で有名な大井川鉄道の鉄橋を眺めなら、露天風呂の眺望を存分に楽しむ事が出来た。
 
 
 
温泉でゆったり寛ぎながら、しみじみと思った。
 
瞑想修行とは、温泉の掘削作業のようなもの。
 
ひとは誰もが、内側に心の温泉を宿している。
 
自然に自噴しているラッキーな人もいるけれども・・・それは例外。
 
普通の人にとっては、源泉を掘り当てるのは容易ではない。
 
しかし、いったん源泉を掘り当てさえすれば、心の温泉は文字通り泉のごとく湧き出でる。
 
そうすれば、自分が癒されるだけでなく、その温泉に触れる大勢の人々を癒す事が出来るのだ。

« ニュースにならないニュース | トップページ | 抹茶ブーム再燃 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、、。

          一句

              ”ちょろちょろと

                           掘り出た泉の

                                         温かみ”

 P・s、、、この様な話を聞くと、映画『ジャイアンツ』のJ・ディーンを思い出し、この前        の”一指頭禅”の様な話を聞くと映画『シティ・スリッカーズ』のJ・パランス
       を思い出す、、、、^^

                      Yょㇼ

                                                  敬白     

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュースにならないニュース | トップページ | 抹茶ブーム再燃 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ