« 人生とサーフィン(完) | トップページ | 貧乏な人とは・・・ »

再会!

2015年3月6日(金) by キヨタカ

『 過ぎたるは、猶(なお)及ばざるが如し』
 
「何事も度を越してはならない」という孔子の教えだ。
 
例のトランサーフィンでは、量子力学者だけに「過剰ポテンシャル」という概念で説明している。
 
いかなるエネルギーも、「過剰ポテンシャル」が生じると、不均衡を解消しようと平衡力が働く。
 
成功には失敗が、飲み過ぎには2日酔い、働き過ぎには疲労や病気が付いて回る事は、誰もが体験しているだろう。
 
 
昨日は、ニューボードで御前崎まで遠征、 調子に乗りすぎて大波にチャレンジ、右手の甲を痛めてしまった。
 
「過剰ポテンシャル」が生じたに違いない。
 
海ではあまり痛みを感じなかったが、翌日になりかなり腫れてきた。
 
万一甲の骨でも折れていたら厄介だと思い、念のため病院で診てもらう事に。
 
 
実は15年前に屋根から転落して、左上腕を複雑骨折。
 
救急車で伊豆日赤病院へ搬送され入院、大手術を受けた事がある。
 
今回はたいした怪我ではないので、近所の外科クリニックで済ませようと思い、最近オープンしたてのAクリニックへ出かけた。
 
 
病院は病人独特のどよ〜んとしたエネルギーフィールドが漂っているので、可能なら遠慮したい場所だが、このクリニックはとても明るく清潔で気分がいい。
 
最初にレントゲンを撮ってもらったが、レントゲン室なのにとても良い雰囲気。
 
機械も最新式で、線量も今までの半分で済むそうだ。
 
 
程なく名前が呼ばれて、診察室に入って驚いた。
 
手術をしてくれたA先生にそっくり。
 
念のため、「実は15年前に骨折して、日赤病院でA先生の手術を受けたのですが・・・」
 
と尋ねると、
 
「私です(*^-^)」
 
という嬉しい答え。
 
偶然の再会だった。
 
あの時のお礼を丁寧に述べたのは言うまでもない。
 
 
レントゲンを見ながら、「とても丈夫な骨ですね。よほどの事がない限り折れる心配はありません!」
 
と太鼓判を押してくれた。
 
15年前のあの時も、
 
「手術後の経過が非常に早い。中学生並みの回復力です(@Д@;」
 
と驚かれた。
 
今回は、単なる打撲で一安心。
 
しかし「固定した方が治癒が早い」という事で、非常に大袈裟にギブス入りの包帯を巻かれてしまった(ρ_;)Img_1555
 
おかげで、パソコンを打つ指がうまく動かせずぎこちない。
 
日頃当たり前に動いてくれる指に感謝。
 
 
15年前の大手術の後は、しばらく左腕が水平以上に上がらくなってしまった。
 
先生からは、
 
「 あの複雑骨折ですから、一生上がらないと覚悟して下さい。」
 
ときっぱり宣言された。
 
だから半ば諦めていた。
 
しかしある時、偶然が重なって、滝行をしてみた所・・・
 
滝に打たれているほんの数分の間に、腕が見る見る上がるようになった体験がある。
 
それはあたかも、死者をも蘇らせたと言うイエスキリストの奇跡を目の当たりにしたようだった。
 
 
今思えば滝行により、トランサーフィン流に言うと、「バリアントの空間」にアクセス。
 
「腕が上がらないキヨタカ」ラインから、「腕が上がるキヨタカ」ラインへ書き換えが起こったのだと確信している。
 
 
今回は奇跡が起こる仕組みの一端が、一応理解出来るようになったので・・・
 
滝行するまでもなく、ほどなく手の腫れを取り除く事が出来るだろう。
 
15年ぶりのA先生との再会は、奇跡的回復の感動と自己の無限の可能性への信頼をもう一度呼び覚ましてくれた。
 
「この世に偶然はない」というが、今日のA先生との再会も、非常に不思議な体験だった。
 
私を絶えず導いてくれている、大いなる存在に感謝しています。

« 人生とサーフィン(完) | トップページ | 貧乏な人とは・・・ »

日常」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、。

          一句

                ”一連の

                         流れは何に

                                      向かうのか”


 P・s、、、「人生とサーフィン」を読み返すと事柄が事柄に繋ぎ、その結果が起こる
       流れがある様にみえるがチャンスにチャレンジしなければ日の目みなかっ       た、、、まるで創造主と共同創造してるようで【さあ、開けて御覧】と誘われ
       て、『秘密の扉』を喜びの中開けていくキヨタカさん、、。”毎日が特別な日”
       が続いてますね^^お大事に!
                               Yょㇼ

                                                  敬白

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生とサーフィン(完) | トップページ | 貧乏な人とは・・・ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ