« ペットボトルを放り出す | トップページ | リトリート »

明晰夢

2015年3月20日(金) by キヨタカ

宝くじ売り場で・・・
 
私:「すみません。年末に買ったジャンボ宝くじをチェックして下さい。」
 
お姉さん:「ひぇ〜!」
 
私:「どうでしたか?」
 
お姉さん:「ディスプレイを見て下さい。7億円で〜す!!!」Photo
 
私:「え〜w(゚o゚)w  夢じゃないの〜?」
 
頬っぺたを抓ってみる。
 
私:「あれ? 痛くない。な〜んだ夢か(ρ_;)」
 
 
昔から漫画なんかでよくある定番のシーン。
 
夢の中では、頬っぺたを抓っても痛くないというが・・・
 
それはどうも真実ではないようだ。
 
 
最近、『明晰夢』というのをよく見る。
 
自分で夢であると自覚しながら見る夢のことだ。
 
今朝は、美しい草原の中に寝転ぶ夢を見ていた。
 
ところが、腰を下ろしたとたん、チクリとトゲが刺さって・・・
 
『痛い。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。』
 
と叫んだ。
 
「しかしこれは夢の筈」と思い、腰のあたりに手を当てたのだが、やっぱり痛い。
 
夢の中なのに、本当に痛い!
 
 
その後、 はっきりと夢から覚めて、寝床から起きてもう一度腰に手を当ててみた。
 
すると 今度は全然痛くない。
 
やはりあのリアルな痛みは、夢の中での出来事だったのだ。
 
 
今私は、現実の世界で日誌を書いている。
 
これは当然夢ではない。
 
なぜなら、頬っぺたを抓ると痛いから。
 
・・・とは昨日までの話。
 
 
しかし今日からは、例え頬っぺたがリアルに痛くても・・・
 
「 これは夢ではない」とはもう言えない。
 
『明晰夢』と同じ現象が、今まさにこの現実の世界で起こっているのかも?
 
 
この現実世界は、多くの痛みや苦しみで満ちている。
 
人生もまた、痛みや苦しみの連続だ。
 
それがリアルな痛みと苦しみである事は疑いようがない。
 
だって実際に痛いし苦しいから・・・それが動かぬ証拠!
 
 
そしてその苦しみを解決すべく、政治・経済・科学・宗教等々あらゆる角度から人類は取り組み・・・
 
解決方法の違いから様々な論争や対立が起こり、遂には殺し合いにまで及んでいるのが悲しい現実だ。
 
しかしそうした痛みや現実とは、今朝私が見た明晰夢の中の出来事と同じであり、本当は夢なのかも知れない。
 
 
最下層の水呑百姓から立身出世して、この世の栄華を極めた秀吉は、とても意味深い辞世の句を残した。
 

Toyotomi_hideyoshi

露とおち 露と消えにし わが身かな

                   難波のことも 夢のまた夢
 
 
人は死ぬ間際に、夢から覚めると言うが・・・
 
まだ肉体が元気な内に、夢から覚めて、幻想から自由な本当の命を全うしたいものだ。

« ペットボトルを放り出す | トップページ | リトリート »

感想」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、。

       一句

             ”明晰夢!?

                         体験するの?!

                                       誰だろう!?”

                    Yょㇼ

                                                  敬白   

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ペットボトルを放り出す | トップページ | リトリート »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ