« 自己評価を高める〜スカイプセンションより〜 | トップページ | 失敗から学ぶ »

忘れる力

2015年4月15日(水) by キヨタカ

 日誌を書くのは楽しい。
 
しかし、いざ書き始めると・・・
 
「あれ?、これ既に書いたよな〜」と思う事が度々ある。
 
気になって調べて見ると、数ヶ月前、時には数年前に同じ様な内容を書いている事が判明。
 
そういう場合、途中までの書きかけをデリートして、別の新しいテーマを見つけるようにしていた。
 
今迄は・・・
 
 
先日、某雑誌で人気時代小説家の佐伯泰英氏のエッセーを読んで、とんでもない間違いをしていた事に気づいた。
 
佐伯氏は多作作家として有名で、15年間に200冊の文庫本を書き下ろしている。
 
20日に一冊のハイペースであるw(゚o゚)w
 
しかも57歳からスタート・・・というから恐れ入る。
 
 
「多作のコツは?」
 
と問われると、
 
「書いた作品の内容をかたっぱしから忘れる事です」
 
と答えるそうだ。
 
60代までは、意識的に忘れる事に勤めていたそうだ。
 
今では、そんな努力は不要らしい。
 
最近は「書きながら忘れている」、とか!
 
「それは決して老いではない。73歳にして『忘れる力』が備わったということです。」
 
という言葉が、半世紀以上生きている私には嬉しいメッセージ🎵
 
 
子供の頃は、忘れると学校の先生から叱られたものだ。1313981214031293
 
「 バカ者が! 3歩歩くとすぐに忘れるニワトリと同じだナ!!」
 
だから、忘れる事はニワトリの仲間になるみたいで怖かった。
 
 
しかしよくよく考察してみると、『忘れる力』というのは、「幸せな人生の王道」だ。
 
過去の恨みも、失敗も、後悔も、全てそんなもの忘れてしまえれば、今日から再スタート出来る。
 
年齢だって、忘れるのが一番。
 
そうすれば 、青春時代をいつまでも謳歌出来る!
 
 
だから日誌も、今まで書いた事なんか、全て忘れてしまおう!
 
毎日毎日、日々新たに、新鮮な気持ちで書きたい事を初めて書くのだ。
 
 
そうは言っても、唯一の気がかりは、同じ内容を読まされる読者の方。
 
でも読者だって、以前読んだ日誌の事は忘れているに違いないから、問題はあるまい。
 
 
「あれ?キヨタカのやつ、先日と同じ事を書いている\(*`∧´)/」
 
という方は、まだまだ『忘却力』の修行が足らない、という事にしよう。
 
 
あたかも、今日初めて修善寺日誌を読むつもりで、フレッシュな気持ちで読んで下さいネ。
 
『忘れる力』が高まれば、「幸せな人生の王道」を歩くのは間違いナシ(* ̄0 ̄)ノ

« 自己評価を高める〜スカイプセンションより〜 | トップページ | 失敗から学ぶ »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、、。

         一句

               ”忘れるも

                          思い出すのも

                                        刻々か”


                               Yょㇼ

                                                  敬白

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自己評価を高める〜スカイプセンションより〜 | トップページ | 失敗から学ぶ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ