« 神様 | トップページ | 当たり前の真実 »

思川桜

2015年4月10日(金) by キヨタカ

 昨晩から、実家の栃木県小山市に滞在中。
 
いつも通り母を施設に迎えに行ったのだが、車に乗るなり・・・
 
「あんたは字が下手だから、パソコンに頼らず手書きの練習をした方がいい!」
 
とか、
 
「もっと身だしなみをよくしなさい!」
 
とか、
 
「施設の職員への挨拶をもっと丁寧にしなさい!」
 
とか、他にも
 
「ああしなさい!」、「こうしなさい!」 とか、とか、とか・・・
 
 
昨日の日誌で、
 
>どうせ拝むなら神社に祀られた人畜無害の神様よりも、個々人に宿る生き神様を分け隔てなく拝めるようになりたいもので・・・
 
と書いたのだが・・・
 
やはり、生き神様を拝むのは非常に難しい(ρ_;)
 
特に自分の親を生きている内に拝めるかどうか、自信を喪失しかけた。
 
 
昔の人々は、瞑想修行に専念するために、出家した。
 
しかし私にとっては、こうして毎月実家に戻り親の小言を聞く事の方が、本当の修行になっている。
 
実家に戻ると、自分を小さな枠に閉じ込めていた数々の条件ずけが思い出される。
 
会社を辞めて海外へ飛び出したのは、こうした条件付けを振り解く為でであり、当時は絶大な効果があった。
 
今は、それとは真逆の状況が起こっている。
 
こうして定期的に実家に戻り、かつて私を苦しめていた条件ずけの数々ともう一度意識的に直面する事が、大切なワークとなっているのだ。
 
 
 
親の小言で失った自信を取り戻す為(?)、 思川の桜を見に出かけた。
 
思川は、小山市を流れる一級河川。Img_1751
 
思川桜は、私が生まれた昭和29年に小山市で発見された桜の新種で、ポピュラーな染井吉野より、少し遅れて咲く。
 
ピンク色が鮮やかで、半八重咲の可愛い花が、今ちょうど満開。
 
見事な思川桜の美しさに囲まれて、気分もスッキリ!
 
桜の花に助けられ、実家での一週間の修行を、今回もなんとか無事に終える事が出来そう。

« 神様 | トップページ | 当たり前の真実 »

日常」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、、。

         一句

              ”笑み浮かべ

                           桜に溶け込み

                                          華となり”


                          Yょㇼ

                                                  敬白

拝啓、、、、。

         一句

              ”笑み浮かべ

                           桜に溶け込み

                                          華となり”


                          Yょㇼ

                                                  敬白

キヨタカさん、初めまして。
今月に入り、こちらのブログにご縁を賜りました。
小山市在住なので、いつかお目にかかれると思っているのですが、
同じ日に同じ場所の思川桜を愛でていたとは!
まだご実家にいらっしゃるのでしょうか?

フーマンさんの言葉は、
とてもあたたく、心の奥底に響き渡りますね。

恩寵の扉が開くまで…
とても素晴らしい内容ですね。
惜しげも無くサイトで公開くださり、ありがとうございます。
感謝申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神様 | トップページ | 当たり前の真実 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ