« 25年目の弦楽四重奏(1/2) | トップページ | 飽きるまで待つ »

25年目の弦楽四重奏(2/2) 〜人生にリハーサルはない

2015年5月28日(木) by キヨタカ

 人生にリハーサルはない

 映画「25年目の弦楽四重奏」の、キャッチコピーだ。

リハーサルしてから人生を生きられたら、どんなに楽だろう!

リハーサルだったら、失敗したって大した事ない。

リスクを最大限に冒して、思いっきり好きな様に生きられる。

 

残念ながら、人生は一回きりのぶっつけ本番。

どうしても生きる事に慎重にならざるを得ない。

人生に妥協し、欲望を押さえ、怒りをこらえ、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び・・・

しかし、抑えられたエネルギーはそのままでは消えない。

潜在意識の奥深くに潜行し、浮上する機会を窺う。

 

この映画に登場する弦楽四重奏団の4人のストーリーは、まさに社会の縮図だ。

家族であれ会社であれ、集団社会には必ず付いて回る。

世界最高峰の弦楽四重奏団として才能溢れる4人が集結、完璧なカルテットを創り上げる。

しかしどんなに完璧な集団でも、長い時間が経てば調和が狂い始める。

 

この弦楽四重奏団は、 チェリストの突然の引退を機に、様々な歪みが浮上してしまう。

あちら立てれば、こちら立たず。

いったんこじれた人間関係は、修復が難しい。

問題を解決しようとすればするほど、ややこしくなる。

通常はここで人間関係は崩壊し、離婚や倒産etcとなるのだが・・・
 
このカルテットは、違った。
 
エゴを乗り越え、新たな次元へと飛翔する。
 
そのプロセスはベートーベンの音楽そのもので、作品131のモチーフを上手くなぞっているのが見事。
 
 
バッハは神を表現し、モーツアルトは神に愛される喜びを表現した。
 
しかし人間の苦悩の表現は、ベートーベンが初めて成し遂げた。
 
ベートーベンが生涯をかけて追求したのは、『人間の苦悩から魂の歓喜へ』であり、音楽の新しい可能性を創造した。
 
そうする事で、人間から神の次元へと飛翔したのではあるまいか?
 
 
人間世界は、様々な喜怒哀楽に満ちている。
 
しかしベートーベンの視点からすると、それぞれの苦悩や喜びははそれぞれに素晴らしい旋律であり音楽の格好の主題となる。
 
会社をクビになった→ジャ、ジャ、ジャ、ジャ、ジャ〜ン♬(運命)
 
彼女に恋した→タラ・ラリ・ラリ・ラリ・ラリ・ラリ、ラリ・ラララ〜♪(エリーゼのために) 
 
もう人生めちゃくちゃ→ジャ〜ン、ジャジャジャジャ、ジャジャジャジャ・・・ジャン、ジャン、ジャン、♫(第9)
 
 
 
苦悩から歓喜へ!
 
人は頑張って歓喜を目指し、人生を変えようとする。
 
しかし、それは無駄な努力だ。

Images2_2それよりも視点を変える方が、ず〜っと簡単で手っ取り早い。

ベートーベンの立場から、神へ飛翔した視点で眺めれば、この世界はあるがままで歓喜溢れる喜びの世界だ。
 
 
今朝も、リーラスペースは、鳥たちのさえずりが賑やかだ。
 
大小様々な鳥たちが、勝手気ままに声を張り上げている。

Images

指揮者もいないのに、美しく完璧なハーモニー🎶
 
どんな一流のオーケストラでも、鳥たちの奏でる歓喜の歌には敵うまい。
 
 
もっとも鳥たちにとっては、サバイバルに必死でそれどころではない。
 
敵に襲われないようハラハラドキドキしながら、その時々の喜怒哀楽を叫んでいる。

Images1

鳥たちの喜怒哀楽を歓喜の歌に変えるのに、鳥の鳴き声を変える必要はない。
 
視点を鳥から人間にシフトすれば良い。
 
 
それと全く同じ事が、人間世界にも当てはまる。

20150528_85251_2視点を人間から神へとシフトするのだ。

サンサーラ(苦悩)からリーラ(神の遊び)へ!
 
そうすれば、たちどころに喜びの歌が溢れ出す🎶
 
そのために、人生のリハーサルはいらない。
 
人生のシナリオを放り投げて、魂の喜びのままに生きようではないか(* ̄0 ̄)ノ
 
・・・
 
やがてあなたは、神のシナリオを演ずるようになるだろう(*^-^)

« 25年目の弦楽四重奏(1/2) | トップページ | 飽きるまで待つ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、。

         一句

              ”役者たち

                          人の苦悩も

                                        アートにし”


 P・s、、、「トランセンデンス」(映画)観ました、、、ふと、ピンッ!と来たのが


     ” (映画)「her/世界でひとつの彼女」 スパイク・ジョーンズ監督(2013年)

           ホアキン・フェニックス、スカーレット・ヨハンソン(声)主演、、、、、”


       これは、人工知能型OSのラブ・ロマンスでキヨタカさんにおススメかも?!
       (&ヨガビさんも観れるかな^^;)観ちゃってたりして(笑)

                                 Yょㇼ

                                                  敬白


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 25年目の弦楽四重奏(1/2) | トップページ | 飽きるまで待つ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ