« 瞑想の本質〜リトリートの感想(by A) | トップページ | 音と自分は一体〜リトリートの感想(by O) »

ハートを閉じる〜リトリートの感想(by Y)

2015年5月9日(金) by キヨタカ

 『ハートを開く』

ニューエージ系のスピリチュアル界隈では、定番となっている概念。

確かにハートが開いていればコミュニケーションも円滑になり、良い事づくめに思う。

しかし実際は、違う。Img_1803_6

『気づき』なしにハートが開くと、自分や他人のネガティブな感情に巻き込まれ翻弄されてしまう事が多い。

また、神や仏やエンジェル等々のポジティブなイメージの世界に迷い込み、幻想から抜け出せなくなる可能性もある。

だから、最初は意識のベクトルを逆転させるために、外側に向って開かれた『ハートを閉じる』事も必要だ。

それが、『リトリート/引き籠る』の目的だ。

 

すると、外側に漏れていたエネルギーが集められて、やがて内側のハートの奥深くへ向かう。

ハートの奥深く、魂の領域に『秘密の扉』がある。

『恩寵の扉』だ。

集められたエネルギーは、この扉を内側に向って開く。

そうすれば、扉の向こう側、つまり神聖な次元と繋がる事が出来る。

そして、神聖な次元から無限のエネルギーが供給されるようになるのだ。

Img_1804

真実の愛、死をも凌駕する勇気、宇宙の叡智、永遠の平和等々、それまでは『絵に描いた餅』にしか過ぎなかった事柄が、自分の内側から目覚め始めるのだ!

そうして初めて、本当に外側に向って『ハートを開く』事が可能となる。

 

Yさんは、今回の参加で、その事をとても明確に理解されたようです。

ぜひまた参加して下さいネ!

 

* * Yさんの感想 * *

リトリート、大変お世話になりました。
 
おいしいお食事と、素晴らしい環境の中、瞑想三昧でとても充実した2日間でした。
 
キヨタカさん、ヨガビジャさん、スタッフの皆様、ありがとうございました!。
今回は、本当に真剣に参加させて頂きました(ようやくスイッチが入ったのか?…)。
 
自分の中にあるものを、全て出し切ってしまい、何とかしたいと必死でした。
結果、今現在、状況に関わらず、平穏な静けさの中にいる感じがしています。
 
 
それにしても、今回も特に感じたのは、「ステートオブプレゼンス」の大切さと、
それが出来ていないという痛烈な反省でした。
 
実生活の大波の中で、プレゼンスを保つのは至難の技です(汗。
 
そこで、標語をあちらこちらに貼り、常に注意を喚起することにしました。
 
また、プレゼンスブレスなるものを作製し、常に身に付けることで、
すぐに思い出せるように工夫しようと決意いたしました!。
 
 
また、シェアリングで、ヨガビジャさんがおっしゃっていたお言葉が、
とても参考になりました。
 
フーマンのセッションでの「あなたの場合はハートを閉じなければならない」
 
それから、「まず、自分のエネルギーを外にもらさず集めておく」ということ。
 
リトリートでの瞑想中に、小さな頃から、様々な周りの大人達の思考エネルギーに
合わせていく、そうすることが、生きていく事なのだと思い込み、自分のエネルギーを減らしていく違和感と痛みをリアルに思い出したからです。
 
ただ、現実社会に対しては、ハートを若干閉じ気味にしたとしても、
その奥の、神聖な次元に対しての扉は開かれていくのですよね。
 
(この理解で宜しいのでしょうか?)
 
 
今回の瞑想で、特に印象に残ったのは、とても軽やかで爽やかで静かな、世界(宇宙)の原初の風、のようなものを感じていたことと、ハートの奥が少し反応したように感じたことです。
 
扉から少し光りが漏れてきたような…?。
 
次回参加させて頂く際には、良い(良し悪しは無いとは言え)ご報告が出来ることと思います。
 
ありがとうございました!
 
 
それから、帰りに、皆様とのお話もとても楽しかったです。
 
その時にもお話が出たのですが、
次回参加時には、自分のニックネームを考えて参加しようかな〜♪。
 
 
PS. それから、肝心なこと!
 
キヨタカさんのリードがとてもソフトで、かつわかりやすく、
とても心地良かったです!。
 
素晴らしかった。
 
以前のリトリートとは、全然違いました。
 
びっくりしましたw(゚o゚)w

« 瞑想の本質〜リトリートの感想(by A) | トップページ | 音と自分は一体〜リトリートの感想(by O) »

イベント」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、。

         一句

              ”引き籠り

                        ハートの祈りに

                                      笑み浮かべ”


 P・s、、、見方によっては、怖い句になってしまった、、、、^^;(笑)

                               Yょㇼ

                                                  敬白

ヨガビシャさんやYさんのとらえ方とは、また少し違う感じかもしれませんが。

プレゼンスの練習を一瞬の隙間もない風に継続していると、非個人的になる感じがします。
あらゆる常識、固定観念、道徳、あたりまえだと思っていた事を、手放していくので、特にメンタルで思い込みが強い人と関わる時、プレゼンスを思い起こし、マインドに引きずられないように必死なので、非道徳で、ハートレスになっているように感じる事があります。
ただ、嘘偽りのない、無理のない、合わせる事もない、あるままに近い
ことは確かです。
ただ、マインドから生きていた時より、又は、マインドがら生きている人々よりも、ハートレスな感じです。人間的にこれでいいのかなと思う事もあります。エネルギー的には内を向いているので、より繊細にハートを感じやすい事もあります。


前は、感情的に同情して、自分の中の向き合う闇もあるのに、他人の闇まで一緒に感じ、経験し、絶望に陥っていました。

こんな「閉じる感じ」もそんな感じなんでしょうか?

canaさん

プレゼンスの練習だけをしていると、とても冷たく孤立した感じになる場合も起こります。

しかしさらに内側へ入り、ハートの奥深くにある「神聖な次元」へ繫がると、ハートの強さが生まれます。

自分と他人の闇を暖かく包み込み、変容させる力です。

どうぞ、その力がやってくる事を信頼して下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 瞑想の本質〜リトリートの感想(by A) | トップページ | 音と自分は一体〜リトリートの感想(by O) »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ