« すんなりと引き寄せる | トップページ | プレゼンスを思い起こす »

私は変態か?

2015年5月14日(木) by キヨタカ

 今日から、栃木県の実家に滞在中。
 
以前は実家へ行くたびに、リーラスペースの活動が中断されるが、とても残念だった。
 
リトリートでせっかく素晴らしい瞑想スペースを味わっても、実家で過ごす間に、すっかり元の黙阿弥状態になる事も多かった。
 
しかし現在はスカイプセッションのおかげで、リーラスペースの活動が中断される感じが全くないのが嬉しい。
 
 
昨晩は、御年80余歳の男性の方とスカイプセッション。
 
ご高齢ながら、非常にお元気そう。
 
毎日10キロのダンベルをリュックに入れて、2時間くらい散歩するのが日課とか。
 
探究心も旺盛で、瞑想も毎日欠かさずしておられる。
 
 
今抱えている悩みはというと・・・
 
「恥ずかしながら、未だに魅力的な女性を見ると欲情してしまいます。
 
私は変態じゃないかと思うのですが・・・?」
 
 
性欲は、食欲、睡眠欲と並び、あらゆる生物が持つ根源的な欲求だ。
 
80過ぎてなお性欲があるという事は、生命活動が盛んな証拠であり、決して卑下すべき事ではない。
 
むしろ、元気な自分を褒めてあげた方がいい。
 
残念ながら、長期に渡って伝統的な仏教に傾倒されておられたせいもあり、
 
「 欲望を持つ私は、まだまだ修行が足りない!」
 
という思い込みが、潜在意識の奥深くまで浸透してしまっている。
 
それが意識の目覚めへの、大きな足枷となっておられるようだ。
 
 
人間とは、実に多様性に満ちた複雑怪奇な存在だ。
 
普通の男性にとっては、年齢と共に衰える性欲減退が悩みの種の筈・・・
 
しかし瞑想を志す男性にとっては、年齢にも関わらず衰えない性欲が悩みの種という事もある。
 
実際に 、既に何人かの高齢の瞑想家から同じような悩みを打ち明けられている。
 
 
瞑想は、欲望に囚われない自由な境地をもたらしてくれる。 
 
しかし、それは欲望を否定する事を通してではない。
 
『欲望がある〜にもかかわらず私がある(I AM)』
 
欲望をあるがままに認めつつ、その背後にある意識へと目覚めるのだ。
 
そうする事で、欲望に振り回されない「意識の中心軸」が生まれる。
 
 
伝統的な仏教では、『私はいない』境地を目指そうとする。
 
『欲望がない〜だから私はいない』
 
『五欲をほろぼし、悟り成就しよう!』
 
しかし、欲を滅ぼそうとするのは、非常にトリッキーだ。
 
健全な生命活動に伴う欲求を否定すると、そのエネルギーは何処へ行くだろう?
 
自己の潜在意識の奥底へ、隠れてしまうのだ。
 
それが抑圧された無意識に潜む欲望となり、その事で本人は非常に苦しむ事になる。
 
さらに、 とんでもない犯罪や事件の引き金ともなりかねない。
 
 
宗教とは、本来人々を苦悩から解放し、神の栄光へと回帰させる教えの筈。
 
しかし実際には、戦争、殺人、レイプ、精神疾患等々、あらゆる問題の陰に、宗教的要因が絡んでいる場合が多い。
 
こうした事実を、われわれ人類は正面から直視する必要がある。
 
宗教的正論を振りかざす人々こそが、実は諸悪の根源を創り出しているとも言えるのだ。
 
 
かく言う私自身、青年時代は、徹底的に性欲を否定していた。
 
「女性は身を滅ぼす」
 
と思い込み、ガールフレンドも作らず坐禅修行に専念していた。
 

C089d6a2fbadfcd3d2bd28202b4ca4ba_40

生涯独身を貫いて真理探究に邁進した道元禅師、などが当時の私の理想だった。
 
・・・その結果、性的妄想に苛まれて、
 
「私は変態か?」
 
と真剣に悩んだものだ。
 
 
幸い、OSHOを通して、
 
『 セックスは否定するものではなく、体験を通して越えていくべきもの』
 
である事を学んだ。
 
性的抑圧が少しずつ解放されるにつれて、性的妄想もいつの間にか消えてしまった。
 
今では、「 変態か?」と悩んでいた頃のエピソードが、持ちネタの一つになっている。
 
 
瞑想に年齢は関係ない。
 
欲望は、生命の炎の燃料のようなもの。
 
命の限りに欲望を燃やし、その背後にある本当の私に目覚めて・・・
 
自己の天命を全うされますように(* ̄0 ̄)ノ

« すんなりと引き寄せる | トップページ | プレゼンスを思い起こす »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、。

         一句

               ”悟るなど

                           最大の欲を

                                       見続けて”


 P・s、、、集団欲という定義をどこかで聞いた事が有ります。

       自分なりの程々の欲に感謝^^v(社会の盲信の押しつけはウンザリだ)

                             Yょㇼ

                                                  敬白

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すんなりと引き寄せる | トップページ | プレゼンスを思い起こす »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ