« 量より質 | トップページ | スズメの気づき »

タロット

2015年6月19日(金) by キヨタカ

 今朝も、姉から頂いたカップでコーヒーを飲みながら日誌を書いている。Photo
 
『あれ?赤いカップだ!』
 
・・・と気づいた方は、かなり鋭い。
 
実は、赤いカップとペアで貰った。
 
当然赤い方はヨガビと思い込んでいたのだが・・・
 
「私は黒い方がいい(*゚▽゚)ノ」
 
というので、赤をマイカップとする事にした。
 
赤は「生」「愛」「祝福」のシンボル。
 
魔除けの色として神社の鳥居はもちろん、還暦祝いのちゃんちゃんこや頭巾も赤色だ。
 
今の私にはぴったりヽ(´▽`)/
 
 
Photo_2 昨日は、例のカップでコーヒーを飲みながら、ヨガビからタロットを教わった 。
 
授業料は、黒いカップを渡した事でチャラにするつもり(^-^;
 
久しぶりのタロットだが、非常に面白い。
 
 
実は 私とタロットの関係は、意外と長い。
 
今は亡きタロットの第一人者マンガラ(注)が21年前に初来日した時、彼女の通訳を仰せつかったのが私だった。
 (注:OSHOサニヤシン界という狭い範囲ではあるが(^-^;)
 
まあ当時は彼女も日本では無名で、誰も通訳を引き受けようとする物好きは私の他にいなかったという事もあるが・・・
 
以来マンガラと親しくなり、「スピリチュアル健康診断」みたいな感じで、彼女の個人セッションを毎年受けていた。
 
その後彼女も日本でどんどん人気が出て、本を出版。
 
彼女に依頼されて、本の帯を執筆した事もある。 
それがこれ↓
  (詳細は、修善寺日誌2012/10/13参照) 
 
Photo_2_3
 
 
なかなか核心をついていて、良いコピーだと自画自賛している。
 
タロットを単なる占いの道具として使えば、マインドゲームの罠に陥る危険性も当然ある。
 
しかし、それを『魂の覚醒へ導く画期的なツール』として使う事も充分に可能だ。
 
マインドが使っている限り、マインドゲームの範疇から抜け出す事は不可能。
 
しかし、「使っている私は誰か?』を意識する事で、状況は一変する。
 
魂は、非常に慎み深い。
 
辛抱強く、出番を待ち続けている。
 
自分が引いた一枚のカードを正しく読み解く事で、運命が好転して、魂の目覚めへと導かれる事も充分にあり得る。
 
だから、タロットは非常に面白いのだ。

« 量より質 | トップページ | スズメの気づき »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、、。

        一句

              ”タロットよ

                            至高は何に

                                            導くか”


 P・s、、、タロットで≪私のリーディングは真我実現に役立つか?!≫と尋ねたところ
       
                     【誤解する危険性】

       と、出た(笑)”、、、にもかかわらず Ⅰ AM”としてリーディングする様に
       心がけている^^v

       最近は”古代ケルト十字法”の展開法でosho禅タロットを楽しんでいる、
       結果より、すること自身が”私は在る”に良い影響を与えているようだ^。^


       言葉の定義は違う解釈で使われている様に思うが、この曲を、送ろう!


            John Lennon 【♪ Mind Games 】

                         Yょㇼ

                                                  敬白

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 量より質 | トップページ | スズメの気づき »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ