« 成功とは・・・ | トップページ | 何もせず・・・ »

閑さや・・・

2015年8月5日(水) by キヨタカ

 伊豆に引っ越してから、17年目の夏を迎えた。
 
当時は、真夏でも夜は網戸から涼しい風が吹いてくるのに感激したものだ。
 
ところが最近は、熱帯夜がこちらにも及んでいる。
 
夜になっても窓を開けるとムッとする熱気が・・・(;д;)
 
そこで久しぶりに山籠りを決意!
 
標高900メートルの某所で、現在大自然を満喫中。Img_2117_2
 
 
フーマンと関わっていた頃は、「数ヶ月に一度は大自然の中で数日を過ごすと瞑想が深まる」と言わた。
 
そこで山籠りをして、いわゆる個人リトリートを頻繁に行っていた時期がある。
 
ある時、「何処にいてもI AM は変わらない」事が分かり、いつの間にか個人リトリートはしなくなった。
 
 
しかしこうして久しぶりに大自然の中にいると、静かさが存在全体を貫いているのを肌で感じる。
 
例えば、蝉の声。
 
00234 修善寺も自然の中だから蝉が活発で、ジージーと肌に染み込み、暑さも倍増する。
 
ところが、ここで聞く蝉の声は違う。
 
蝉の声を通して、静かさが存在全体に染み渡るのだ。
 
芭蕉の名句は、コレを詠んだんだと納得。
1950856284d011e493938a16cd288735_l
 
 
私も一句捻りたいところだが、それはYさんに任せて、芭蕉の句を・・・
 
閑さや 岩にしみ入る 蝉の声
 
 
静かさは、本来宇宙一杯に広がっている。
 
自己の本性そのものだ。
 
だから大都会のかしましい騒音の中でも「静か」で在るのが理想だが・・・
 
千里の道も一歩から。
 
せめて一泊でもいいので、クーラー不要の静かな大自然の中で個人リトリートをする事をお勧めする。
 
やがて、いつでも何処でも静かな本来の自己が顕現するようになるだろう。

« 成功とは・・・ | トップページ | 何もせず・・・ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、。

      二句

            ”大都会

                          狂ったように

                                          蝉が鳴く”


           過ぎし日よ

                         遠くに聞こえる

                                           蝉の声”

                     Yょㇼ

                                                  敬白

Yさん

 さっそくの投稿をありがとう。

そうなんですね。

大都会にいると、狂ったように聞こえて・・・
涼しい大自然の中では、静かに聞こえて・・・
過去に想いを馳せると、遠くに聞こえて・・・

聞く人のあり方次第なのでしょう。

前略、、、、。

      追歌&句

            ”閑さや

                 汝を知ると

                        今に在り

                              広がる宇宙に

                                       思いを馳せて”

         ”永遠の

                          静謐を胸

                                          ホッとして”

                      Yょㇼ

                                                  早々      

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 成功とは・・・ | トップページ | 何もせず・・・ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ