« モグラ叩き | トップページ | 頭の中のテレビ »

ターニングポイント〜Kさんの感想〜

2015年8月20日(木) by キヨタカ

 前回リトリートに参加されたKさんから10月のリトリート再参加の申し込みがあった。
 
Kさんはテラワーダ仏教に対する造詣が深く、伝統的仏教の瞑想技法に関しては私より遥かに詳しい。
 
2千年以上に渡り継承されている伝統的瞑想技法は、それなりに洗練されていて奥が深い。
 
一度それに傾倒すると、私が伝えようとしている非伝統的な瞑想技法を理解するのは非常に難しくなる。
 
相当の柔軟性が必要だ。
 
 
再参加にあたり、前回のリトリートの感想を頂いた。
 
少し長くなるが、リトリートの体験がダイレクトに伝わってくるので、そのまま掲載したい。
 
長年に渡り真摯に瞑想を探求されたいる方に、リーラスペースのリトリートの価値を知って頂いて、とても嬉しい。
 
* * Kさんの感想 * *

こんばんは。

先だっては、リトリートでお世話になりました。
 
Kです。

10月のリトリートにも、再び参加させていただきたいと思います。
 
まだ、枠がありましたなら、よろしくお願いいたします。



それにしても前回、参加させていただいてよかったです。
 
身体を動かしながら感情を開放するストレートな解放ワークは新鮮でした。

テーラワーダにも観察瞑想というのがありまして、
 
ボディスキャンのようにして瞑想の心眼で身体を観察する瞑想があります。

この系統の瞑想合宿に、以前参加したことがあり、
 
その時、身体に感情が刻まれていることがわかり、
 
また身体に刻まれている感情が解放されていくことを体験したことがあります。
 
これ以後、ボディワーク系も取り入れるようになっています。

 
ですが、ストレートな解放ワークはパワフルでもあると思ったものです。
 
笑ったり泣いたりするワークがあったと思いますが(名称を失念してしまいましたが)、
 
このとき、横隔膜に凝りがあることに気づいたのですが、
 
このワークで、凝りが取れた感じを受けました。

リトリートから帰ってから、それまで少し硬かった右半身が、
 
なんと柔らかくなっていることに気づきます。
 
この変化に大変驚いています。

横隔膜の凝りと、右半身の硬さが関連していたことにも驚いていますが、
 
こうした体験から、肉体と感情(心)が密接に関係していることへの確信が
 
いっそう深まってまいります。


 
またハートの瞑想では、頭部にたまりがちだったエネルギーが
 
眼を通してハートに落ちてゆくのが実感でき、そのままハート瞑想をすると、
 
胸の真ん中が熱くなり、しかも光を放っているのが視野に映ります。

 
愛の輝きに満ちた瞑想で、思わず涙もあふれてきます。
 
このときのハート瞑想をしてから、今もそうですが、胸の真ん中に
エネルギーを感じています。

瞑想を始めてからしばらくしてから、天頂や眉間から渦を巻きながら
 
「気」が入り込むのを体感していましたが、ステイト・オブ・プレゼンスを
 
自習をしたところ、脳の中央でのエネルギーが強くなり、
 
ややもするとエネルギー過剰になる所もありました。

 
しかしながら、リトリートに参加してハートが活性化したのか、 

エネルギーバランスが改善され、頭頂から胸、丹田に向かって
 
やわらかく流れるエネルギーを感じています。

 
自分にとってターニングポイントとなるリトリートでして、
 
とてもありがたく、感慨深くも思っております。


そういえば、リトリートに参加する数週間前、印象深い夢を見たものです。

それは、私の瞑想仲間と一緒にワゴン車に乗って、トンネルを抜けて
 
海の見える丘の上に到着するという夢です。

気になったので夢占いで調べてみますと、車というのは人生の象徴であって、
 
車に乗っている夢は、人生に転機が訪れる暗示であるとか。

まさにこの夢の暗示の通りなのかもしれません。
 
またリトリートが終わった後、今度は神社との縁が出てくるなど、
 
流れが変わってきている感じもいたします。


そういうことがあったりもしますが、10月もぜひ参加
 
させていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

« モグラ叩き | トップページ | 頭の中のテレビ »

感想」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、。

      一句

            ”瞑想も

                         所変われば

                                         品変わる”

                    Yょㇼ

                                                  敬白

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モグラ叩き | トップページ | 頭の中のテレビ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ