« 真実は両方 | トップページ | 一瞬の永遠 »

八方塞がり

d2015年8月29日(土) by キヨタカ

Images

 人生が、平穏無事である事を願わない人はいないだろう。

しかし人生とは、複雑系であり、相互に関連する複数の要因が複雑に絡み合って展開していく。

だから、想定外のとんでもない出来事に遭遇する可能性が大いにある。

時には、絶体絶命!と思われる状況がやってくる。

 

いわゆる『八方塞がり』で、どこにも活路を見出せない状況だ。

しかし四方八方全ての道が閉ざされても、たったひとつだけ塞がれていない道がある。

それが、垂直な道であり、次元上昇の道だ。

 

私が最初に『八方塞がり』を体験したのは、高校時代の時。

目が悪くなり某有名病院に行った所、医者から「手術は無理だから、目が見えなくても出来る仕事につきなさい」と言われてしまった。

おばあちゃんからは、

「キヨタカの手は柔らかくて肩叩きが上手だから、按摩になれ」

と励まされた。

あの時、「例え失明しても平気でいれるには、どうしたらいいんだろう?」

と、真剣に悩んだ。

 

幸い、その後奇跡的に名医と出会い、無事手術が完了。

しかし今こうして振り返ってみると、あの時が魂の目覚めを希求し始めた最初の出来事だったと思う。

 

その後、何度も人生の先が見えずに『八方塞がり』と思われる状況に遭遇したけれども、

そのたびに、魂の目覚める方向へと、人生が導かれて行った。

人生にとっては最悪の状況こそが、魂の目覚めにとっては最大のチャンスと言えるのかも知れない。

« 真実は両方 | トップページ | 一瞬の永遠 »

コメント

拝啓、、、、。

      一句

            ”信頼を

                        どこに置くかが

                                          命取り”

                   Yょㇼ

                                                  敬白

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真実は両方 | トップページ | 一瞬の永遠 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ