« かたづけモード | トップページ |  捜査協力 »

大洪水

2015年9月10日(木) by キヨタカ

 心配していた台風も直撃を免れて、ホッと一息。
 
早朝から『断・捨・離』に励んでいたら、ショートステー滞在中の母から電話。
 
「小山市が大変な事になっている。
 
洪水で出勤できない職員もかなりいるよヾ(*゚A`)ノ」
 
との事。
 
 
幸い実家は高台の方にあるから心配ないが、親類の多くは低地に住んでいる。
 
思い当たる親戚の人たちに直接電話してみたら、残念ながら床上浸水している家もあった(;ω;)
 
まだ被害の全状況がどうなっているかわからないが、心から無事を祈っている。
 
 
被害状況は栃木県全域に渡っていて、ツイッターを覗くと、ニュースだけでは把握しかねる各地のローカルな被害状況が良く分かる。20150910_193302
 
多くは、悲惨な状況がありのままに述べられているが・・・
 
「もう海なし県とは言わせない!」
 
という某氏のコメントに、不謹慎ながら思わず笑いがこみ上げてしまった。
 
 
起きてしまった事を嘆いても、どうしようもない。Cof3xfyveaadrfm
 
そこからどう立ち直るか、人間の真価が問われる時だ。
 
どんな深刻な状況にあっても、ユーモアのセンスを忘れないでいれば、必ず道は開ける!
 
 
今回の集中豪雨の理由は、2つの台風の影響で雨雲が一箇所に長時間滞在し続けたせいという。
Large
自然の気まぐれで、ほんのわずかでも西寄りに雨雲があったら、私の住む伊豆半島が大被害を被っていたとしても何の不思議もない。
 
地球温暖化に伴い、異常気象はさらに猛威を振るうようになる。
 
日本全国、いや世界中で、いつ、何時、何が起こるか、ますますわからない世の中になるだろう。
 
そうであればこそ、今やれる事を先延ばしせず、全力で取り組みたいものである。
 
 
万一、私の住む家が台風の直撃にあい避難を余儀なくされたら・・・
 
とりあえず着の身着のまま、避難所へ急ぐだろう。
 
緊急事態を想定すると、この地上を生きる上で本当に必要なものは、命以外にほとんどない事に気づく。
 
そう思うと、ますます『断・ 捨・離』に拍車がかかる。

« かたづけモード | トップページ |  捜査協力 »

日常」カテゴリの記事

コメント

拝啓、、、、。

     一歌

          ”大切な

                命を何に

                       預けるか

                              自我に任すか

                                        真我に任す”

                  Yょㇼ

                                                  敬白 

海なしの 県とはいはじ トンチ県

頓智とは、機に応じてはたらく知恵、機智(広辞苑)だそうです。瞬間を生きる智慧なのでしょうか、良い言葉ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かたづけモード | トップページ |  捜査協力 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ