« 鹿児島で瞑想会! | トップページ | サーバー不具合のお知らせ »

見て、見て、見て!

2016年9月28日(水) by キヨタカ

夕食後にお茶を飲んで寛いでいたら、母から電話。
 
母:「見て、見て、見て!」
 
慌てた口調で、意味不明。
 
もしかして、ついに母も認知症に?・・・( ̄Д ̄;;
 
 
落ち着かせて、 よく話を聞いてみたら・・・
 
「NHKで瞑想をやってるから、すぐ見て!」
 
との事。
 
 
家にテレビがないので急いで駐車場まで行き、ワンセグTV付きカーナビをオンに。20160928_202916
 
NHKの人気番組『試してガッテン』で、瞑想の特集をやっていた。
 
内容は、8月の日誌で紹介した「サイエンスゼロ」似ているが、さらに一般の人向けに易しく瞑想が紹介されていた。
 
ボケを防ぎ、不安やストレスに負けない。
 
そんな若々しい脳を取り戻す方法として注目されているのが、めい想などの「呼吸法」です!
 
めい想というと、宗教や修行というイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、本当の目的は「脳が持つ本来の力を最大限引き出すこと」です。
そのため今では、世界の一流企業や医療機関が、めい想を積極的に取り入れているほどです。
 
 
一番感動したのは、番組の最後に母と同じ年齢(93歳)の女性が登場したシーン。
 
「認知症になるのではないか?」と不安に怯えていた彼女は、簡単な瞑想を1ヶ月続けた結果非常に元気になった様子が放映されていた。
 
 
番組終了後に、母に電話したところ・・・
 
「これから毎日瞑想してみようかしら♬」
 
と、嬉しそうだった。
 
 
私が会社を辞めて本格的に瞑想に取り組んだのは、28歳の時。
 
それから30年以上、瞑想という言葉は母に取りタブーに相当するものだった。
 
「瞑想のせいで、お前は人生を棒に振ってしまった(。>0<。)」
 
「瞑想で世捨て人なんかにならず、もう一度まともな仕事に戻って\(*`∧´)/」
 
というのが母の口癖だった。
 
そんな母が、自分から「瞑想する」と言い出したのだから、驚いた。
 
 
「あれほど、瞑想に反対していたくせに(゚Д゚)ハァ?」
 
などと、野暮なことは言うまい。
 
瞑想に年齢は関係ない。
 
思い立ったが吉日とは、瞑想のためにある諺かも知れない。
 
 
勢いは衰えたとは言え、テレビの影響はまだ絶大なものがある。
 
日本の公共放送が、ゴールデンタイムに瞑想を紹介する時代になったのだから、素晴らしい。
 
今、我々の意識は大きくシフトし始めている。
 
今夜は、まさにそれを象徴する出来事だったように思う。

« 鹿児島で瞑想会! | トップページ | サーバー不具合のお知らせ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿児島で瞑想会! | トップページ | サーバー不具合のお知らせ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ