« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

これまでにいたことがないところにいた自分がいた(リトリートの感想)

2016年10月28日(金) by キヨタカ

実家に一週間滞在し、昨晩修善寺に戻った。
 
毎月会うたびに確実に年老いていく母と共に過ごす一週間は、どんな瞑想修行よりもパワフル。
 
かなり恵まれた人生を送って来た母でも、老いは確実にやって来ている。
 
昨日まで当たり前に出来たことが、今日はもう出来ない。
 
「する(Doing)」ことをベースとした喜びは、一夜の夢の如く儚い。
 
 
瞑想とは、「する(Doing)」ことから「在る(Being)」ことへのシフトだ。
 
『生・老・病・死』、という人間としての必然的な苦しみから解放される究極の手段。
 
瞑想を通して、「在る(Being)」ことの喜びに目覚める事が可能だ。
 
 
10月のリトリートに参加されたYさんから、感想のメールを頂いた。
 
「在る(Being)」ことの体験は、リトリートに参加するたびにどんどんと深くなって行く。
 
Yさんは既にこのスペースにアクセスし始めている事が、読み取れて嬉しい。
 
次回のリトリートは来年の3月18日(土)〜21日(月・祝)を予定。
 
かなり先となるが、是非ともまた参加し欲しい。
 
やがて、『私が私で在ることの喜び』を満喫するようになるだろう!
 
 
* * Yさんの感想 * *
 
こんばんは。
 
リトリートから1ヶ月程経とうとしていますが、感想を送らせていただきたいと思います。
 
感想になっているかあやしいのと、時間が経って妄想が入っていないといいなと思うのですが…乱文で申し訳ありません。
 
 
2回目の参加でそれほど緊張感なく、すべてのワークに身を入れて出来たようだと感じましたが、それにしても1回目とは全く違った体験となりました。
 
特に、自分にとっては長時間の瞑想があり、これまでにいたことがないところにいた自分がいました。
 
 
キヨタカさんの「終わり」の合図でみんなが立ち上がってそれぞれに休憩の時間になっていたのですが、私は初めてのところにいて、もう少しそこにいたくて瞑想からは出ずにしばらく留まりました。
 
そこは、柔らかく明るい白い霧の中で、何となく優しく涼しい位のところでした。
 
何が起こるでもないし、どこか遠くに来たようでもなく、至福感とも言えず、今だにそれは何だったのかよく分かりません。
 
しばらくして、満足したのでそっと目を開けると、向かいに座っていた方が一人残っていて、ニコッと笑って座っていました。
 
もしかしたら同じところにいたのかなと思いました。
 
 
今は日常に戻り、これまでと行動は変わらない毎日ですが、気づいたのは瞑想している時と普段過ごしている時の境目が曖昧になっている感じがしていることです。
 
おとといは仕事中にふと気付いた感覚があって、それがいつも瞑想の時に感じる感覚で、でもその感覚はこれまでにも普段感じたことがあるもので、元からあったものに瞑想を通じて気付いたという感じです。
 
こんな風に、あの霧の中の体験も今後、ああこれか、知っていたなと感じる時が来ることもあるかなと思って楽しみにしています。
 
リトリートの準備からスタッフの方々の様々な形でのサポート、参加メンバーの真摯に取り組むエネルギー(と、私がまだ気付かないところからのサポート?恩寵?)、そしてキヨタカさんの保護とリードのもと、一回きりのリトリートに参加させてもらっていると思っています。
 
リトリートっていいですね。
 
また参加させて下さい。
 
ありがとうございました。
 
By Y

新宿ナイトイベント(10月)終了

2016年10月23日(日) by キヨタカ

新宿ナイトイベント(10月)が、無事終了。
 
毎回のイベントには、瞑想が初めての方、古参の方、久しぶりに参加される方など、様々な方々が来られる。
 
 
以前は「初めて瞑想をする方にも分かりやすい内容」を心がけていた。
 
そうすることで瞑想に対する敷居は低くなるけれども、瞑想の深さに関しては多少妥協せざるを得ないことが多かった。
 
最近のイベントでは、会場に降りてくるエネルギーにダイレクトにチューニングして瞑想をリードするようにしている。
 
すると自然にとても深い本格的な瞑想フィールドが出来上がる。
 
その中で、瞑想の初心者とかベテランとかはそれほど関係なく、共に深い瞑想体験ができる事がわかった。
 
外側のイベントの形は同じでも、私の中ではとても大きな違いを感じる。
 
内面の違いを表現するのは難しいけれど、つまりこういうことだ。
 
以前は、キヨタカが頑張って真実を伝えようとしていた。
 
今は、真実がキヨタカを通して伝えるべき事を伝えられるようになった。
 
 
来月の新宿ナイトイベントは11月26日(土)を予定している。
 
みなさま、参加をお待ちしています(*^-^)

スカイプ・グループ瞑想会

2016年10月20日(木) by キヨタカ

 リトリートの後、スタッフが後泊して反省会を兼ねざっくばらんに様々な事を話し合うのも、私にとり大変貴重な時間だ。
 
しかし最近はスタッフも忙しく、なかなか後泊の時間がない。
 
だから、しばらくこの大切な反省会もおざなりになっていた。
 
 
そこで今回のリトリートでは、「スカイプ・グループビデオ通話」なるものを初めて使ってみた。
 
これは複数の相手と同時にスカイプビデオ通話が出来る、とても便利なもの。
 
既に自宅に戻ったスタッフと、例の反省会をやってみたのだが、実際に顔を突き合わせて話すのと殆ど変わりがない事が分かり驚いた。
 
さらに、同じ志を持った仲間が集う事で生じる場のエネルギーをとても強く感じる事が出来た。
 
 
瞑想とは、思考や感情のとらわれから自由なスペースに目覚める科学的技法だ。
 
しかしこの自由に目覚めるのは、そう簡単ではない。
 
なぜなら、私たちは集合的無意識に支配されている。
 
個人が単独で、この集合的無意識に立ち向かうのは至難の技だ。
 
 
しかし、『三人寄れば文殊の知恵』と言う。
 
同じ志を持つ複数の人々が集う事で、集合的無意識に対抗できる集合的超意識が目覚める。
 
すると、個人では難しい無限の知性の領域へアクセスする事がとても簡単になる。
 
家では長時間座るのが苦痛な人でも、リトリートや瞑想会に参加すると驚くほど楽に座れるのは、そうした理由だ。
 
このグループ通話がとても良かったので、しばらくはスタッフを中心としたスカイプミーティング&瞑想会を定期的に行うことになった。
 
いずれ時期が来たら、「スカイプ・グループ瞑想会」なんかも立ち上げたいと思っている。

認知症が治った!?

2016年10月19日(水) by キヨタカ

名古屋の実家で認知症気味の父親のケアをしているヨガビから、メールが届いた。
 
介護認定の再判定の為に訪れた病院からだ。
 
『お父さん、要支援になりそう。
 
一年前に受けた病院の認定テストは14点(30点満点)だったのに、今回は25点だった。
 
お医者さんから、「優秀ですネ!」と言われた。
 
お母さんがいなくなってから、元気になってる。』
 
との事。
 
 
日本で一番使用されている認知症診断テストは、『長谷川式簡易知能評価スケール』だそう。
 
「年齢が言えるか」とか、「簡単な計算が出来るか」、など9項目をチェック。
 
30点満点で20点以下の場合、認知症の疑いありと判定される。
 
つまり、お父さんの場合、この一年で認知症が治った!という事になる。
 
これは世間の一般常識を覆す、実に驚くべき出来事ではあるまいかw(゚o゚)w
 
 
実は半年前から、お父さんは一人暮らしを始めた。
 
お母さんの体調が悪くなり、ヨガビの姉の家に引き取られたからだ。
 
男性の高齢者が妻に先立たれて一人暮らしを始めると、寿命が縮む。
 
逆に女性の場合は元気になり、寿命が伸びるというのは有名な話だ。
 
だから当然、一人暮らしを始めたお父さんの場合、認知症がひどくなるだろうと予想していた。
 
ところが、ヨガビの両親の場合、二人が別々に暮らし始めた結果、二人とも元気になってしまった。
 
 
 
日誌で他者のプライバシーを暴露することに少々ためらいがあるが・・・
 
実は、ヨガビの両親は仲がよろしくない。
 
ヨガビによると、子供の頃から二人はいがみ合っていたらしい。
 
両親に関する色々なエピソードをたくさん聞かされてはきたものの、それほど深刻には思わなかった。
 
「喧嘩するほど仲がいい」と、よく言われる。
 
いがみ合っていても、実際にお互いに離れて暮らして見ると、また一緒に暮らしたいと思うに違いないと予想していた。
 
ところが実際には、私の予想に反して二人とも元気になってしまったのである。
 
どうやら、二人は心底いがみ合っていたようだ。
 
二人の相性を色々と調べてみたら、数秘術も占星術も算命学でも、相性は最悪だった。
 
 
仏陀の説く苦しみの中に、怨憎会苦(おんぞうえく)というものがある。
 
怨み憎しみ合う同士が会うことで生じる苦しみを言う。
 
相性の悪い男女が、夫婦として一つ屋根の下で暮らすのだから、2人の苦しみは私の想像を遥かに超えたものだったに違いない。
 
 
晩年になりようやく二人はお互いから自由になり、ストレスから解放された。
 
おかげで、ストレスフリーのお母さんは食欲増進で健康になり、お父さんは認知症すら治ってしまった。
 
怨憎会苦(おんぞうえく)という夫婦苦行を終えて、これからはお二人とも末長くそれぞれの幸せを満喫されますように♪ヽ(´▽`)/

繋がる

2016年10月17日(月) by キヨタカ

 一昨日から、再びパソコンのWIFI接続が出来なくなり、メールもネットも不可能になってしまった(ρ_;)
 
悪戦苦闘の末、ようやく接続が回復。
 
おかげで、やっと日誌を更新出来た!
 
 
ネット環境は、今では空気のように当たり前の存在になっているが、失って初めてその有り難さが身にしみる。
 
今の時代ネットに繋がらないパソコンなんて、ほとんど役立たずだ。
 
最初にパソコンを購入したのは確か20年前だが、当時は繋がるパソコンの方が珍しかったのに・・・
 
わずか20年で、何という大きな変化だろう!
 
 
瞑想とは、「個人」が「大いなる存在」と繋がるスピリチュアルなネット接続のようなもの。
 
今までは、繋がった人の方が珍しかったのだが・・・
 
これからは、「大いなる存在」に繋がるのが当たり前の時代になるだろう。

リトリートの感想〜不思議な位の景色〜

2016年10月14日(金) by キヨタカ

リトリート参加者のHさんから、素敵な感想とご自身のブログの紹介がありましたので下記にアップします。

サーフボードの例え話をしっかりと理解して頂き、とても嬉しい(*^-^)

 
先日のリトリートでは、瞑想による「これ(本当の私)」の目覚めについて、こんな説明をした。
 
ウィンドサーフィンを始めてから、10年が経過。
 
最初は、ボードに乗るのも難しかった・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
 
だから、なるべく波風の立たない穏やかな海面で練習する事から始めて・・・。
 
でもようやくボードに立ちセールアップしても、ほんの小さな波風に揺られて、すぐに撃沈!
 
何度も何度も海から這い上がって、ボードに乗っては、また撃沈!!
 
 
ところが、どうだ!
 
『石の上にも3年』と言うが・・・
 
どんな大きな波風が立っても、その中をスイスイと走れる心地よさヽ(´▽`)/
 
今の私は、波風が激しい日を待ち望むまでになった。
 
 
これって、瞑想による「これ」の目覚めとそっくり!
 
最初は世間から離れて、波風の立たない場所で瞑想を学ぶ必要がある。
 
リトリートは、そのためにある。
 
リトリートを通して、あなたは「これ」に目覚める。
 
「これ」は、サーフボードのようなもの。
 
 
せっかくリトリートで目覚めが起こっても、世間に戻ると・・・
 
ほんの小さな世間の波風に揉まれて、すぐに撃沈してしまうだろう。
 
でも、やがて私のウィンドサーフィンのように、どんな波風が立っても平気になる。
 
それどころか、世間の波風を積極的に楽しめるようになる!
 
そうすれば、この世はリーラ(神の遊び)であり、この世は天国である事がわかるでしょう!
 
 
* * Hさんの感想 * *

キヨタカさん
こんばんは。
 
3daysリトリート
ありがとうございました。
 
久しぶりに参加して
気付きが沢山ありました。
 
自分の変容にも驚き
これからの自分の在り方も再確認出来ました。
 
これと共に在り
これと共に生きる
 
これと言うサーフボード以外
海に出るために
荷物はいらない
 
これからのリーラスペース
本当のリーラ
遊びのスペース
 
楽しみにしています。
 
リーラスペースから始まった
私の変容をblogに書いています。
 
読んで貰えたら嬉しいです。
 
これからはサーフボードを
大きくするために
どんどん伝えていきます笑笑
 
私の周りがどんどん目覚めてます。
 
不思議な位の景色です。
 
ありがとうございます♡

 By HN

リトリート終了〜Aさんの感想〜

2016年10月11日(火) by キヨタカ

 3デーズリトリートが無事終了。
 
鹿児島からわざわざ参加して頂いたAさんが、早速感想と鹿児島ワンデーイベントの申し込みのメールを頂いた。
 
当然の事ながら、一般に瞑想と言えばただ静かに座るというイメージが強い。
 
リーラスペースでは、意識の覚醒を加速化するために、様々な瞑想技法を状況に応じて行う。
 
体を動かしたり、ダンスしたり、呼吸したり等々・・・参加者の中には、「体を動かすことで、初めて生きている事を実感しました」と感想を述べる方もいる。
 
 
Aさんは初参加だったので、当初は少し驚かれたようだが、すぐに体を動かす事の重要性を理解されて、トータルに参加していたようだった。
 
 
トータルになればなるほど、瞑想は深くなる。
 
わずか3日のリトリートでハートの次元まで体験されたようで、とても喜ばしい。
 
11月に、鹿児島で再びAさんとお会いできるのが、楽しみ♫
 
〜Aさんの感想〜
 
3日間にわたってのリトリート、ありがとうございました。
 
初めてこういうイベントに参加したので、予想と違う所が多くて面白かったです。とくに、座ることが多いと思ってたら、体を動かすことが多くて驚きました。静かに座るというより、グッタリして座るといった感じでした(笑)
 
今回リトリートに参加したおかげで、自分の感覚があっていたことが分かり、自信を持つことができました。
 
また、内側も外側も消えて、ただ在るだけの感覚を体験することができ、一歩前進できたことを喜んでいます。ハートの瞑想でも、宇宙全体に広がり、私が中心と感じると自然と涙が出てきました。
 
色々とおもしろい経験をさせて頂き、本当にありがとうございます。
 
ところで、鹿児島である瞑想会の日曜日の方に参加したいのですが、まだ空きはありますか?
 
 
まだ空きはあります。
 
九州にお住いの方は、ぜひご参加下さい!

リトリート進行中

2016年10月8日(土) by キヨタカ

現在、3デーズリトリート進行中です。

自我の嵐

2016年10月6日(木) by キヨタカ

 心配されていた台風18号も、温帯低気圧になり無事通過!Img_2915
 
10月らしい、素晴らしい青空が広がった。
 
現在、今週末のリトリートの準備で忙しい。
 
ずっと天気がイマイチで、参加者の布団を干せなかった。
 
もしかしたら、今日は布団乾燥機に頼らずに済むかも?
 
 
最近巷では、瞑想が大ブームらしい。
 
1日3分瞑想すれば、ストレスが減り、精神が安定し、意識がクリヤーになり、病気にもかかりにくくなり、認知症予防になり‥
 
先日のNHKの番組などで紹介されている、「瞑想のすごいパワー」の内容である。
 
  確かに瞑想の功徳を広く知らしめた点で、この番組の貢献度は素晴らしい。
 
 
しかし本格的に瞑想に取り組むと・・・
 
実はそう簡単には行かない。
 
本当の瞑想とは、自我を落として真我に目覚めるためにある。
 
そのためには、必然的に自我を落とすプロセスを通り抜けなければならない。
 
 
「自我を落とす」なんて、自我にとってはとんでもない話だ。
 
当然、落とされないように必死で抵抗する。
 
だから、瞑想者の意識は自我と真我の狭間で混乱し、内的な嵐が巻き起こるのである。
 
そして抵抗する自我の嵐が過ぎ去って初めて、自己本来の青空が広がるのだ。
 
瞑想の功徳は、この青空のことだ。
 
 
しかし、この内的な嵐を経ずして青空を手にする人はほとんどいない。
 
リーラスペースのリトリートは、この内的な嵐を事前に予知し、今回の台風のように温帯低気圧レベルに引き下げるプロセスも織り込んでいる。
 
こうしたリトリートは、他には殆どないと自負している。

なんとかなっている

2016年10月5日(水) by キヨタカ

昨日の日誌に対して某氏から・・・
 
「最近は、仕事のやり取りの殆どはメールで済ませている。」って。
 
仕事…、してたの?
 
と言うコメントが入った。
 
 
「失礼な\(*`∧´)/」
 
今週末から3デーズリトリート、その後恒例の新宿ナイトイベント(10月22日)、11月にはナイトイベントに加えてワンデーも企画中。
 
さらには鹿児島のイベント(11月1213)、その間にスカイプセッション等々、それなりの仕事はしているつもり。
 
 
しかしながら、よくよく考えてみると・・・
 
自分がしていることは、世間的な一般的な意味での『仕事』のカテゴリーからは逸脱している。
 
どちらかと言うと、『遊び』の感覚に近い。
 
しかし・・・
 
「最近は、遊びのやり取りの殆どはメールで済ませている。」
 
と書くわけにもいくまい。
 
しかも単なる遊びではなく、もっと責任と天命的要素を帯びた遊びなのだが、上手い言葉が見つからない。
 
 
某氏から見ると、お気楽そのもので仕事の苦労なんかとは無縁に思われるだろうが・・・
 
大学を卒業して大企業に就職してから丸4年間、いわゆる世間的な意味での『仕事』は存分に味わった。
 
さらに会社を辞めてからも、精神的探求を続けるための資金稼ぎで、1年半もマレーシアで現地の日本法人の下で『仕事』をした経験がある。
 
 
こうした体験を踏まえて、心に決めた事がある。
 
「単に生活する為だけにする仕事は、一切しない!」
 
いや、心ではなく魂の奥底から叫ぶ声に従ったのだった。
 
それ以来、好きな事、魂が喜ぶ事以外の『仕事』は一切しなくなった。
 
もう少し正確に言うと・・・
 
やりたくない仕事が決まっても、キャンセルになったり、断ったり・・・。
 
生活面を心配してサバイバルの恐怖から『仕事』に就こうとしても、状況がそちらの方向には一切流れなくなってしまったのである。
 
 
先日も、庭仕事を手伝ってくれたA氏から・・・
 
「生活資金は大丈夫なの?」
 
と心配して尋ねてくれた。
 
収入より支出の方が多いから、大丈夫とは言えない。
 
 
だから・・・
 
「大丈夫じゃないけど、今のところなんとかなってる」
 
と答えておいた。
 
 
しかし会社を辞めてからと言うもの、過去30年以上に渡り・・・
 
「今のところなんとかなってる」
 
状態が続いている。
 
私たちは、いつだって今にいる。
 
そして今にいる限り、いつだって「なんとかなっている」のである。
 
 
どうせなんとかなるのだったら、好きな事、魂が喜ぶ事を仕事にしようではないか!
 
さらには・・・
 
今している仕事を好きになり、今している仕事を魂を込めてするのがベスト!
 
どんな仕事であれ、魂を込めて全力ですると、喜びが湧き上がるのである。
 
すると今まで嫌々やっていた仕事が、魂が喜ぶ仕事に変容するから驚きだw(゚o゚)w

原因

2016年10月4日(火) by キヨタカ

10月早々、突然メールの送受信が出来なくなった。
 
実はその前日マックのOSを最新版(Sierra)にしたのだが、少し動作が遅くなった感じがしてインストールを後悔した矢先の出来事だった。
 
 
最近は、仕事のやり取りの殆どはメールで済ませている。
 
だから、メールが使えないのは緊急事態だ!
 
「最新OSをインストールしたせいで、不具合が生じたに違いない\(*`∧´)/」
 
何度もアップルに電話して原因を特定しようとしたのだが、一向に埒が明かない。
 
 
電話でのやり取りでは限界があるので、アップル直営店がある東京まで行こうと思っていた矢先に・・・
 
某氏から、「リーラのホームページが開けません」
 
との電話があった。
 
「メールにホームページまでダメになるとは、泣きっ面に蜂・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」
 
絶体絶命の窮地に立たされて、久しぶりに重い気分を味わった。
 
 
しかし 気を取り直して、冷静に考えてみた。
 
「もしかしたら・・・」
 
と思い調べてみたら、やはりそうだった。
 
なんと、独自ドメインの更新期間が過ぎてしまい、サーバーが停止されてしまったのだ。
 
早速更新手続きをして、無事に再開する事ができホッと一安心している。
 
 
問題が起きた時、原因がわからないと途方に暮れる。
 
しかし原因さえ特定できれば、問題はあっというまに解決してしまう。
 
問題となる原因を作らない事がベストである事は言うまでもないが・・・(^-^;
 

復旧しました!が・・・

 お知らせ

 従来通り、メールのやり取りが出来るようになりましたヽ(´▽`)/
 
残念ながら、10月1日に送信されたメールは受け取れないままです。
 
リーラスペースからお返事のない方は、お手数ですが再送信願います。
 
                                                                          キヨタカ

サーバー不具合のお知らせ

お知らせ *** 

 
 本日より、サーバー不具合の為(?)メールのやり取りができません。
 
またホームページ(www.leela.jp)も開けません。
 
大変ご迷惑をおかけしております。
 
リーラスペースにメールをしたい場合、下記のアドレスにお願いします。
 
 kiyotakayogabi@icloud.com 
        
                       2016.10.1(土) 
 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ