« 限りなくシンプル | トップページ | OSHOの指は月なんだ »

幸運とは

2016年12月17日(土) by キヨタカ

 先週、ウィンドサーフィンのボードがぶつかり、鼻血を出した。
 
既に起こった出来事は変えられない。
 
しかし 、その受け止め方は自由。
 
 
「イ・テ・テッ、ツイてない。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」
 
と嘆くか?
 
「鼻が折れなくて、良かったヽ(´▽`)/。丈夫な身体に産んでくれた母親に感謝」
 
と喜ぶか?
 
たったこれだけの違いで、人生の行き先が天国と地獄くらいに違ってくる。
 
 
今まで色々な占い師から一様に・・・
 
『 とても幸運な相です』
 
と言われている。
 
例えば、手相で幸運な相と言うと、  Unknown1
 
『神秘十字』、『M』字型手相、親指関節の仏眼相などが有名。
 
実は、私は3つともある。
 
あのフーマンからは・・・
 
「過去生の富と権力を有していた時のエネルギーが開いて・・・たくさんのお金と力がやがてあなたの所に戻ってくる事に慣れる必要がある」
 
とさえ言われた。
 
 
ところがあれから、相当な時間が経過したけれども・・・
 
たくさんのお金や力とは無縁の生活が続いている。
 
せめて宝クジでも当たればとは思うが、当たるのはボードくらいか(ノ_-。
 
しかし、良く良く自分の人生を振り返ってみると・・・
 
自分な好きな事だけをやり、長年収入より支出の多い生活を続けられ、この歳で大した病気もケガもなく、楽〜なペースで毎日を楽しく過ごしている。
 
お金と力に恵まれている方だって、私のように好きな時に好きな事だけをする生活は難しい。
 
そう思うと、
 
『やっぱり私はとても幸運な星の下に生まれたんだな〜』
 
と、感謝の気持ちが溢れてくる。
 
 
さらに、人は誰もがその本性は仏であり神の分霊(わけみたま)であることを知った今となっては・・・
 
誰に対しても、『あなたは幸運なんですよ』と本当は言いたい。
 
 
『私は不幸』と思い込んでいる人に、反発される事なく『本当は幸運』であるかを伝えるか、今、色々と試行錯誤中。
 
ようするに、起こった事実に対して・・・
 
ああ残念と嘆くか、良かった良かったと喜ぶか、の極めて単純な話なのだが。

« 限りなくシンプル | トップページ | OSHOの指は月なんだ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 限りなくシンプル | トップページ | OSHOの指は月なんだ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ