« 自分で在る事(Be Yourself) | トップページ | 座禅コン »

2016年12月4日(日) by キヨタカ

 「自分自身で在る事/ Be Yourself」
 
それが瞑想の究極なら、「自分自身で在る事」からスタートすると全ては上手く行く。
 
 
江戸時代の名僧盤珪禅師は、次のように語っている。
 
仏になろうとしようより、仏でおるが造作がのうて近道でござるわいの
 
 
瞑想とは、仏道そのもの。
 
最初から仏なら、近道すら不要だ。
 
あなたが自分自身として一歩を踏み出せば、それが直ちに道となる。
 
 
踏み出せば
 
 その一足がみちとなり
 
  その一足が道となる
 
   迷わず行けよ
 
     行けばわかるさ
 
 
プロレスラー、アントニオ猪木の名言だ。
 
 
ところで、オリジナルは 清沢 哲夫氏の「道」と言う詩だそう。
 
此の道を行けば どうなるのかと

危ぶむなかれ 危ぶめば 道はなし

ふみ出せば その一足が 道となる 
 
その一足が 道である
 
わからなくても 歩いて行け 

行けば わかるよ

« 自分で在る事(Be Yourself) | トップページ | 座禅コン »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分で在る事(Be Yourself) | トップページ | 座禅コン »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ