« 人生の最優先事項 | トップページ | リトリート開始! »

永遠のヨギー

2017年4月26日(水) by キヨタカ

ヨガの世界では、おそらく最も尊敬されているマスターの一人であるヨガナンダに関するドキュメンタリー映画「永遠のヨギー」を昨晩鑑賞。

映画冒頭の導入シーンは圧巻。

美しい映像とナレーションのインパクトが強烈で、何度も見返したくなる。

 

まず、母親の子宮を象徴する海のシーンからスタート。

「母のお腹の中で 私には意識があった

母の体の動きを感じていた

自分が無防備な状態だということに気づいていた・・・」

「この肉体・・・骨の束は私ではない」

「私は霊的理解の存在だと気づいていた」

・・・

と、ヨガナンダの回顧のナレーションが続く。

「目に見える人間は影なのだ

自分の意識を変えた途端 すべてが見えた

まるで映画のように・・・

そして映画を映し出す光源の方を振り返るヨガナンダが登場。

映画のタイトル:AWAKEが大きく映し出され、目覚めよ!と呼びかける。

 Awake_facebook_profile_2

 

観る者の心を鷲掴みにする、素晴らしい出来栄え!

 

映画自体は、ドキュメンタリーのせいもあり、割と淡々としているが、それでいい。

ヨガを西洋に広めた先駆者として、アメリカでの活躍と苦悩が主に描かれている。

 

母親の胎内にいる時から意識的で居られる程の霊格の高い人だった。

「だっだらそんなに苦労ぜずに、もっと人生を楽しめよ!」

と私なんかはツッコミたくなってしまうけど・・・

個人の意思を超えた天命に突き動かされ行動するヨガナンダのような人間は、我々の想像を超えた苦悩に直面せざるを得ないのだろう。

 

時代を切り開く先駆者達は、いつの時代でも苦悩が多い事を改めて思い知らされた。

肉体を離れる時のエピソードも、心を打たれる。

こうした先駆者によって開拓された道があるからこそ、我々は安心して楽しみながら精神世界の旅を満喫する事が出来る。

実に有難い。

精神世界の探求者には、ぜひお勧めの一本である。

   

« 人生の最優先事項 | トップページ | リトリート開始! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生の最優先事項 | トップページ | リトリート開始! »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ