« テロメアと瞑想 | トップページ | ナイトイベント(5月)終了 »

書店にて

2017年5月25日(木) by キヨタカ

現在実家に滞在中。
 
午前中病院で母の診察を済ませ、その足で地元の大型スーパーに立ち寄り、化粧品のお買い物。
 
この年齢(94歳)で、まだお洒落に余念がないのが凄い。
 
「本を見たい」と言うので、隣の書店に連れて行く。
 
書店に寄るとほぼ反射的に「スピリチュアル」コーナーへ身体が向かってしまうのが、自分でも可笑しい。
 
 
ふと見ると、「恩寵の扉が開くまで」が置いてあるΣ( ゜Д゜)ハッ!20170524_222008
 
超マイナーな出版社から8年も前に発行された本が、こんな田舎の本屋に置いてあるなんて奇跡だ!!
 
つい嬉しくなって、
 
「この本の作者:天野清貴って、私のことだよ」
 
と、 思わず母に伝えてしまった。
 
すると・・・
 
「読んで見たいから、これを買う」
 
と言うではないか(^-^;
 
20170524_221945_2
「読んで見たいと」言う母の気持ちは嬉しいけれども・・・
 
関係性やらセクシャリティーやら、ちょっと年老いた母親に読ませるには赤裸々過ぎる内容だ。
 
 
「これ、内容が難し過ぎるから・・・」
 
と説得して、記念撮影で済まして貰った。

20170525_155541_2

 
・・・で、結局母のお気に入りの作家 五木寛之の本をプレゼント。
 
「ただ生きていく、それだけで素晴らしい」
 
これなら母も安心して読めるにちがいない。
 
「あなたは、あなたのままでいい」
 
その理解が単なるマインドの理解を超えて実存のレベルで起こる事、それが瞑想だ。

« テロメアと瞑想 | トップページ | ナイトイベント(5月)終了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テロメアと瞑想 | トップページ | ナイトイベント(5月)終了 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ