« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

台風と浄化

2017年10月23日(月) by キヨタカ

大型台風も過ぎ去り、今日は快晴!
 
素晴らしい秋空が広がったヽ(´▽`)/
 
 
台風が日本列島を通過する度に、様々な被害がもたらされる。
 
だから台風はない方が良いかというと、そういう訳にもいかない。
 
台風は海水温度が上昇すると発生するが、台風のお陰で海をかき混ぜて海水温度を下げるという重要な役割がある。
 
地球環境がそのバランスを取り戻す為の浄化作用として、実は必要不可欠な大自然の恵みなのだ。
 
あの激しい風雨があればこそ、今日のこの清々しい日を味わうことが出来る。
 
 
瞑想とは、思考や感情のその先、つまり分厚い雲に覆われた背後にある真実の青空を目覚めさせる手段だ。
 
伝統的な瞑想技法では、雲を無視してダイレクトに青空にアプローチしようとする。
 
 
シンプルな生活をしていた古代の人々であれば、思考や感情を覆う雲もシンプルだから、その技法でも十分に青空にアクセス可能だ。
 
しかし、複雑に進化したマインドを持つ現代人が、伝統的な瞑想技法を行うと、その効果はとても限定的なものとなる。
 
場合によっては、さらなる抑圧の雲を作り出してしまう結果になりかねない。
 
 
リーラスペースの瞑想会では、必ず「浄化を伴う瞑想技法」を行うようにしている。
 
先日(21日/土曜日)行われた新宿瞑想会では、ブリージングの技法を使って、魂の覚醒を促す新たな試みをした。
 
わずか2時間程度の瞑想会ではちょっと無謀な試みにも思えたが、参加者全員がかなり準備のできている方々ばかりだったので、とてもスムーズにワークが進んだ。
 
ブリージングの後では、魂の目覚めが自然に起こり、「ただ在ることの喜び」を体験的に分かち合う事ができたように思う。
 
先日の瞑想会で、リーラスペースのワークが新たな次元へ導かれ始めたことを確信した。
 
 
次回の新宿瞑想会は、11月25日(土)を予定している。
 
今年最後となるので、ぜひお見逃しなく!

国常立尊の復活!

2017年10月19日(木) by キヨタカ

 友人が、スピリチュアルブロガーとして有名な阿部敏朗さんのブログ「かんながら」の記事をコピペして送付してくれた。
 
要約すると・・・
 
 11月18、19日に天河神社で特別神事が行われる。
 これにより、国常立尊のエネルギーが復活される。
 国常立尊が立ち上がると、人の中に神が目覚める。
   これこそが、OSHOの教えであり私(阿部)が長年望んできたビジョンだ。
 
 
国常立尊(くにのとこたちのみこと)と言われても、新宗教系の神道に詳しい人以外はピンとこないかもしれない。
 
実は私も長年そうだったのだが・・・ある出来事があって『国常立尊』を意識し始めた。
 
阿部さんの記事を読んで、『国常立尊』に関わる不思議な出来事を懐かしく思い起こしたのでちょっと日誌に書いてみよう。
 
 
あの日から、もう20年の歳月が経とうとしている。
 
修善寺にOSHOリーラスペースを立ち上げた私は、その翌年の1998年の3月21日 をメインに『OSHOエンライトメントデー・セレブレーション』を修善寺で企画。
 
赤字だけど、それなりに結構人数が集まる大きな瞑想イベントとなった。
 
そのイベントの最中に、名古屋の白鳥神社の神主を名乗る女性の方が突如来訪。
 
要件を伺うと・・・
 
「神様のメッセージを受け取ったので、それを伝えにきた」
 
という。
 
女性の神主という事で驚いたけど・・・彼女のメッセージがぶっ飛んでいいたので、さらに驚いたヾ(*゚A`)ノ
 
 
彼女のメッセージを手短に言うと・・・
 
「天上界で政変が起こりました。
 
長らく天上界を支配していた天津神系(アマツカミ/高天原から天降った神の総称)の神様から、今まで御隠れになっていた国津神系(クニツカミ/それ以前の根源神)の神様に政権が移譲されることになりました。
 
国津神とは、国常立尊でもあります。
 
OSHOは、国津神系です。
 
これからは、OSHOのワークが大々的に盛り上がりますよ!」
 
これだけの事を伝えると、さっさと立ち去って行ってしまった。
 ( 『白鳥、後を濁さず』・・・少し違うか(^^;; )
 
 
妙な事を言う人だな〜と内心呆れたけど、当時の私はOSHO一筋。
 
これからはOSHOの教えが広がって行くであろうと解釈して、大いに納得。
 
いずれOSSHOリーラスペースは、新人類誕生のメッカになることを確信したのである。
 
 
ところがその翌年には、OSHOの看板を外して、アジズやフーマンをオーガナイズ。
 
さらにはアジズやフーマンの看板も外して・・・
 
OSHOやアジズやフーマンの信奉者は殆ど来なくなり、独自マイナー路線を世に知れることもなく、ひっそりと歩み続けている。
 
 
リーラスペースの歩みを振り返る時・・・
 
OSOの看板を外してからと言うもの、神主さんのメッセージとは真逆の方向へ行ってしまったと長らく思っていた。
 
しかし阿部さんのブログに書いてある通り、
 
国津神の復活=内在神の目覚め
 
と紐解けば、リーラスペースはまさに「国常立尊の復活!」の王道を一歩たりとも違わずに確実に歩んでいる事が私には理解できる。
 
天河神社で起こるであろう国常立尊の復活が、20年前にリーラスペースで既に起こっていたのである。
 
『内在神の目覚め』をシェアすること。
 
これこそが、阿部さん同様に私の長年の望みだ。
 
今週末の瞑想会や来月のリトリートでは、国常立尊のエネルギーを後ろ盾としたパワフルかつ楽しいものになるに違いない。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ