« 瞑想会のお知らせ | トップページ | 新宿瞑想会 »

ミニマリズム

2018年7月25日(水) by キヨタカ

 目の手術から2週間経過。
 
手術直後は眼圧が上がってしまい、2日連続で点滴を受けた。
 
「もしかしたらこのまま緑内障で失明か・・・shock
 
という恐怖に襲われたが、最近は症状も安定。
 
 
明日になれば手術後2週間プラス1日だから、半月が経過することになる。
 
わずか1日の差だけれど、「半月経過」と考えるととても気が楽。
 
明日の検査で問題がなければ、そろそろ海に行けるかも知れない。
 
 
目の手術を契機として、余計な物を処分する事にエネルギーを注いでいる。
 
贅沢はしていないつもりだったが、いざ整理を始めると、よくもまあこんなにガラクタを集めたものだと我ながら呆れる┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
以前『断捨離』の影響でかなり徹底的に所有物を絞り込んだが、いつの間にか元の木阿弥になってしまった。
 
 
アメリカでは、最低限度の所有物で生活しようという「ミニマリズム」が流行っているらしい。
 
拡大再生産を煽る資本主義は、情報化社会とあいまって、世界は物と情報で溢れかえってしまった。
 
今や生命体としての地球の存続さえ危ぶまれ、 人間としての本当の幸せを見失ってしまったようだ。
 
こうした『ミニマリズム』が唱えられるのも、当然だろう。
 
 
『断捨離』も『ミニマリズム』も『瞑想』も、人間の本質に立ち返るという点で同じライン上にある。
 
物や情報を一つ一つ捨てる度に・・・
 
「本当の喜びは内側にあるんだな〜」
 
と、何やら新しい発見をしている感じがあって楽しい♫

« 瞑想会のお知らせ | トップページ | 新宿瞑想会 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 瞑想会のお知らせ | トップページ | 新宿瞑想会 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ