« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

ミニマリズム

2018年7月25日(水) by キヨタカ

 目の手術から2週間経過。
 
手術直後は眼圧が上がってしまい、2日連続で点滴を受けた。
 
「もしかしたらこのまま緑内障で失明か・・・shock
 
という恐怖に襲われたが、最近は症状も安定。
 
 
明日になれば手術後2週間プラス1日だから、半月が経過することになる。
 
わずか1日の差だけれど、「半月経過」と考えるととても気が楽。
 
明日の検査で問題がなければ、そろそろ海に行けるかも知れない。
 
 
目の手術を契機として、余計な物を処分する事にエネルギーを注いでいる。
 
贅沢はしていないつもりだったが、いざ整理を始めると、よくもまあこんなにガラクタを集めたものだと我ながら呆れる┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
以前『断捨離』の影響でかなり徹底的に所有物を絞り込んだが、いつの間にか元の木阿弥になってしまった。
 
 
アメリカでは、最低限度の所有物で生活しようという「ミニマリズム」が流行っているらしい。
 
拡大再生産を煽る資本主義は、情報化社会とあいまって、世界は物と情報で溢れかえってしまった。
 
今や生命体としての地球の存続さえ危ぶまれ、 人間としての本当の幸せを見失ってしまったようだ。
 
こうした『ミニマリズム』が唱えられるのも、当然だろう。
 
 
『断捨離』も『ミニマリズム』も『瞑想』も、人間の本質に立ち返るという点で同じライン上にある。
 
物や情報を一つ一つ捨てる度に・・・
 
「本当の喜びは内側にあるんだな〜」
 
と、何やら新しい発見をしている感じがあって楽しい♫

瞑想会のお知らせ

2018年7月19日(木) by キヨタカ

Beloved フレンズ
 
毎日暑い日が続きますが、みなさんお元気ですか?
 
かつてインドに都合6年以上滞在していたので、暑さには慣れている筈ですが、
今年はキヨタカもインド人もびっくり!の暑さです(^_^;)
 
 
『心頭滅却すれば火もまた涼し』と言います。
 
どんなに暑くても、どんなに寒くても、それを超えた所に安住する。
 
それが瞑想の醍醐味です。
 
 
来たる7月29日(日)に新宿文化センターでナイトイベントが開催されます。 
(詳細は下記をクリック↓)
 
是非とも参加して下さい。
 
外側のどんな状況にも振り回されることのないスペースが、
ごく自然に目覚めて行くでしょう!!

金魚の糞

2018年7月13日(金) by キヨタカ

 目の手術が終わってから、2晩続けて奇妙な夢を見た。
 
初日は、真夜中にふと目を覚ますと見知らぬ女性が枕元に立っていた。
 
よく見ると片足が消えている。
 
足がないんだから幽霊だと思い、
 
「あなた、足がないですよ!」
 
と幽霊に向かって叫んでいた。
 
 
自分の叫び声で目を覚ましたのだが・・・
 
幽霊なんだから、足がなくて当たり前か┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
もしかしたら最近亡くなったいとこが、お別れの挨拶に来たのかも( ̄Д ̄;;
 
何はともあれ、幽霊を見ても怖がらなかった自分を褒めてあげたい。
 
 
今朝は、高校の期末テストを控え図書館に籠っている夢を見た。
 
ところが勉強しようとしても全く頭が働かずに焦っている。
 
「このままでは落第するshock
 
これは高校時代に目の手術でしばらく学校を休んだ時に、実際に体験した焦り。
 
昔はよくこの夢に苛まれた。
 
最近は全く見なくなったのだが・・・
 
先日の手術の影響で、まだ潜在意識に残っていた「焦り」の感覚が浮上したのだろう。
 
 
会社を辞めてサニヤシンになって以来、ずっとドロップアウトの人生を送っている。
 
にもかかわらず、今だに落第の夢を見るのだから我ながら呆れる。
 
以前は、こうした理不尽な焦りや恐怖の夢を見る事自体が許せなかったけれども、
 
今では、夢は夢として笑えるようになった。
 
 
焦りも不安も恐怖も、本当の自分ではない。
 
しかし睡眠中となると、夢として意識の表面に浮上する。
 
しかしそれは、断じて本当の私ではない。

Kingyonofun

 
本当の私が金魚だとしたら、せいぜい金魚の糞に過ぎない。
 
金魚は生きている限り、糞も出る。
 
私だって生きている。
 
だったら、糞も含めて金魚を愛でたいものである。

開眼!

2018年7月11日(水) by キヨタカ

 昨日、左目の手術を敢行!
 
手術とは言っても日帰りで、高校時代に摘出した水晶体の代わりを入れる『二次挿入手術』
 
若年性白内障で左目を手術したのは高校1年生の時の時。
 
水晶体の中心のみが濁る特殊な症状で手術が非常に難しく、手術後3日間は絶対安静で10日程入院した。
 
今回は、実際の手術時間はわずか10分程度。
 
手術の進歩は、当時とは雲泥の差で驚いた。
 
 
手術室から出て控え室で休んだ後、看護師さんが左目のガーゼを外して
 
「はい目を開けて下さい」と微笑んだ。
 
「あっ!見えます、見えます!」
 
と感動のシーンの筈だが・・・
 
予想に反して、全く開かない。
 
「軟膏がくっついているせいか開きません!」
 
「そんな筈ないです、変ですね?」
 
と言いながら、手術した先生の所へ問い合わせに・・・
 
どうやら、麻酔が効き過ぎたらしい。
 
「 2〜3時間経てば、必ず開く」との言葉を信じて帰宅。
 
 
ところが夕食後かなり時間が経ったのに、一向に開かず(ノ_-。)
 
「このまま失明してしまうのか・・・それとも再手術・・・」など、あらぬ不安を抱えて眠りに就いた。
 
 
翌朝になってようやく少し目が開き始めた。Nebulosaojodediosespaciouniversoest
 
朝一で病院で術後検査を受けた結果、経過は良好との事。
 
まだ少し霞んでいる感じがあるが、時間の経過とともによくなるだろう。
 
さっそく、ブログも書けるようになった。
 
 
今までは特殊なコンタクトレンズを装着する必要があり、目にかなり負担がかかった。
 
左目が開眼した事で、なんだか心の目もさらに開眼した感じがあり嬉しい♫
 
今日からは、縁ある人々の『心の目を開く事』を天命としよう(* ̄0 ̄)ノ

実家にて

2018年7月6日(金) by キヨタカ

 私の家は親戚の数が多く、従兄弟も入れると100人を優に超える。
 
形式ばった付き合いは苦手なのだが、実家に帰るとそうも行かない。
 
親戚やら母の知り合いが我が家を訪問する度に、どうでも良い会話に付き合う事になる。
 
 
先日帰った時も、母が懇意にしていた着付けの先生が来訪。
 
母が関係していた世界ではかなり成功しているそうだが、やたら元気で外交的なこの手のタイプは特に苦手・・・(ρ_;)
 
 
ところが久しぶりに会話をしてみると、とても深く繫る感覚があり驚いた。
 
聞けば昨年の始めに突然夫を亡くし、精神的危機をようやく乗り越えたところだそう。
 
以前のように賑々しい一方的なお喋りは影を潜め、相手に対して心を開きじっくり耳を傾けるスペースが生まれている。
 
だから、話題が日常会話を超えてお互いの生死感やら瞑想にまで及び、とても有意義な時間を過ごす事ができた。
 
突然の夫の死が、彼女にとても大きな変容をもたらしたようだ。
 
 
身近な愛する人を失った悲しみは、察するに余りある。
 
通常は敢えて用事を作って忙しくしたり、酒やテレビや趣味等々で穴を埋めようとする。
 
しかしいくら誤魔化しても、もがけばもがくほど虚無感に苛まれる事になる。
 
むしろこの穴を埋める事なくあるがままにそっくり受け入れることで、他人をそのまま受容する新たなスペースが生まれる。
 
その意味では、愛する人を失う体験は精神的に成長する大いなるチャンスとも言えるだろう。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ