« 鹿児島ワンデーイベントのお知らせ | トップページ | 新宿瞑想会終了〜量子的飛躍〜 »

人を教える才能

2018年9月16日(日)  by キヨタカ

 『生きている喜び』とか『存在する喜び』
 
覚者方が口を揃えて語る事だが、それはさておき・・・
 
 
『一体何が人生にとって大きな喜びか?』
 
は人により千差万別。
 
私の知り合いの一人曰く、「酒を飲んでいるときが一番幸せ・・・」だそう(^_^;)
 
それはそれで、 多様性ある人間の素晴らしいところだ。
 
 
私の場合、「自分の潜在的な可能性が現実化した時」が一番幸せだし、今後ともそうだろう。
 
過去を振り返ると・・・
 
『英語が話せる様になった時』『柔道で初めて一本背負いを決めた時』『エリーゼの為にがピアノで弾けた時』『初めてガールフレンドが出来た時』などなど、
枚挙にいとまがない。
 
 
 
勉強でもスポーツでも、はじめから天賦の才能を発揮して、直ぐに才能を開花出来る天才肌の人が世の中には大勢居る。
 
しかし私の様な凡才は、他の人の何倍も投資してようやく出来るようになる。
 
そんな私は、子供の頃から才能溢れる人がずっと羨ましかった。
 
子供の頃は音楽家になりたいと思ったが、「モーツアルトが5歳で作曲した」と言う話を聞いて大ショック! 音楽家を志すのを諦めた事もある。
 (もう10歳なのに、とても敵わない・・・(>_<) )
 
 
ところが最近は、才能溢れる人をあまり羨ましいとは思わなくなった。
 
人より才能がないのに努力して結果が出る様になった人は、才能がない分だけ人に教える能力が培われるのではあるまいか?
 
そう考えると、瞑想の天才であるOSHOやフーマンが瞑想を教えるのはもちろん素晴らしい事だが・・・
 
「煩悩具足の凡夫」の私の瞑想指導を通して、彼らが救えなかった「普通の人々」に瞑想を伝えられる可能性をヒシヒシと感じるのだ。
 
最近、下記のTEDのビデオを見て、その思いがさらに強まっている。
 
 

« 鹿児島ワンデーイベントのお知らせ | トップページ | 新宿瞑想会終了〜量子的飛躍〜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿児島ワンデーイベントのお知らせ | トップページ | 新宿瞑想会終了〜量子的飛躍〜 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ