« U理論(Theory of U) | トップページ | お知らせ(新宿ナイトイベント) »

コヒーレンス

2018年10月27日(日) by キヨタカ

 昨日、新宿ナイトイベントが無事終了。
 
最近は瞑想を長年続けておられる、いわゆる「濃い」メンバーが多く参加される傾向にある。
 
こうした方々と座ると、こちら側からあえて何かする事をしなくても、とても深い瞑想状態がひとりでに起こる。
 
昨日の瞑想会でも、それが起こった。
 
 
一人で瞑想しても、高次元の意識と繋がりが起こるのは稀だ。
 
しかしながら真摯に真実を求める人々が一緒に瞑想をすると、お互いの瞑想的波動が共鳴して、とても高い次元に簡単にシフトする。
 
この現象は、瞑想のシンクロニシシー(共時性)とかレゾナンス(共鳴)と呼ばれている。
 
 
これと同じようなことを意味する言葉として、最近「コヒーレンス・coherence」という素敵な言葉に出会った。
 
元々は物理学の基本的用語で、「光の波の位相の揃い具合、すなわち、干渉のしやすさ」を言うそうだ。
 
例えばレーザーは光線が「コヒーレンス/可干渉性」であるため、莫大なエネルギーを生み出し月まで届くことが可能だ。
 
一方、電球の光はコヒーレンスが低いので、力が弱い。
 
 
瞑想を長年続けていると、とても元気になる。
 
特に昨日の様にみんなで一緒に瞑想すると、文字通り月まで届きそうなくらい、とてもパワフなエネルギー状態となる。
 
この神秘的な現象を、今まではレゾナンス(共鳴)という言葉で捉えていたけれども・・・
 
今の私には、コヒーレンスという言葉がとてもしっくりくる。
 
 
人は誰もが、「気づき」とか「意識」の光を始めから持っている。
 
しかしながら、通常は意識が無数の外側の状況(様々な思考や感情)によってかき乱され散乱し、気づきの光は限りなく弱い。
 
ところが瞑想を続けると、気づきの光の波の位相が揃い、とてもパワフなものになる。
 
ただ存在しているだけで感じるこのパワフルさとは、意識がコヒーレンス状態にあるのだと、すごく納得している。
 
 
この物理学用語のコヒーレンスという言葉を、精神世界で最初に使った人物がデヴィット・ボームだ。(・・・と思う^^;)Unknown
 
量子力学と精神世界は驚くほどの共通性があるが、その先駆けとしてとても有名な人物。
 
残念ながら瞑想の世界にダイレクトに飛び込むことはなかった。
 
そのかわり、対話(Dialogue)を深く探求し、クリシュナムルティとの対話集も多くある。
 
日本でも「時間の終焉」というタイトルで翻訳され、私も30年以上前に瞑想に関心を持ち始めた頃に夢中になって読んだものだ。
 
ボームによれば、対話を通してコヒーレンス状態になれば、社会の分断が終わり一つになるとまで言うのだか・・・
 
少なくとも、瞑想を通してコヒーレンス状態になれば、意識の分断は終わる。
 
私と言う意識は一つにまとまり、とても幸せな状態になるのは間違いあるまい。

« U理論(Theory of U) | トップページ | お知らせ(新宿ナイトイベント) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« U理論(Theory of U) | トップページ | お知らせ(新宿ナイトイベント) »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ