« 一粒の種でも・・・ | トップページ | オンライン瞑想会 »

アルテ

2018年11月23日(金) by キヨタカ

 私が最初の本「アジズとの対話」を出版したのが、2003年の5月のこと。
 
少数の探求者向けに、ホームページでセッション内容をアップしたところ・・・
 
「とても素晴らしいので、本を出版しませんか?」とのメールを頂いた。
 
それが、出版社(株)アルテの市村さんとの出逢いだ。
 
 
アジズとの体験を理解してくれた事が嬉しくて、即座にOKしたものの・・・
 
出版不況のご時世でもあり、いつ潰れても不思議はない。
(一説によると、中小企業十年後の倒産率は70〜90%とか(^_^;) )
 
潰れなくとも出版会社の常識として、売れない本は即座に廃刊の憂き目に遭う。
 
だから、数年後には廃刊になっても仕方ないと思っていた。
 
 
ところがそれから現在まで5冊の本を出し、現在も細々とではあるが売り続けて頂いている。
 
運が良いのは私だけではく、市村さんも相当に事業運が良いのだろう。
 
 
最初にお会いした当時は、出版会社を辞めて独立したばかり。
 
繊細で声も小さく、ちょっと頼りない。
 
「アート系出版を目指しarteと名付けた」と言うだけに、社長というよりは内向的な芸術家という印象だった。
 
 
昨日、アルテの出版関係者の忘年会があった。 
 
最初の出版打ち合わせ以来 、直接顔をあわせるのは15年ぶりだ。
 
久しぶりにお会いしてみると、非常に元気溌剌として筋骨隆々。
 
話される声も私よりも大きいくらいで、自信がみなぎっている。
 
非常に逞しく変貌したその姿に、とても感動した。Img_0011
 
 
聞けばあれからフルコンタクト系の空手を修行していて、今では空手師範を副業としているとのこと。
 
出版業も、アドラー心理学ブームに乗り絶好調の様子だ。
 
目先の損得よりも、世の中で長く読み継がれる本をずっと出版し続けてきた功徳が報われているに違いあるまい。
 
 
この日も参加者の半数以上がアドラー心理学関係者で占められ、現場で日々アドラー心理学を実践されている方々の貴重なお話が聞けて楽しかった。
 
アドラー心理学は、個人をそれ以上分割できない存在であると考え、その人にふさわしい目的に向かって行動する存在とみなす。
 
だから個人の創造力、創造性を高く評価する。
 
抑圧された心理的牢獄からの解放だけではなく、より積極的に潜在能力の開花をサポートする心理学だとも言える。
 
 
数年前は、マインドフルネスがブームだったから、その内に「覚醒系の瞑想」ブームが訪れるに違いない。
 
新しい本の出版を依頼されたので・・・
 
「時節が到来したら 必ず出します」と約束。
 
今後の楽しみが一つ増えた♫

« 一粒の種でも・・・ | トップページ | オンライン瞑想会 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一粒の種でも・・・ | トップページ | オンライン瞑想会 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ