« 鹿児島ワンデー瞑想会終了 | トップページ | 重ね合わせの原理 »

新宿瞑想会終了

2018年12月1日(日)by キヨタカ

 本年最後の新宿瞑想会が昨晩行われた。
 
新しく参加された方々とベテラン参加者とが、一つになって、とてもハートが満たされた瞑想会となった。
 
 
思考や感情に掻き乱されて百年生きるよりは、愛に満たされたハートで一日生きる方が優れている。
 
瞑想会終了直後に語った、 私の言葉。
 
ブッダの下記の言葉のもじりだけど・・・(^_^;)
 
愚かに迷い、心の乱れている人が百年生きるよりは、知慧あり思い静かな人が一日生きるほうがすぐれている。(法句教)
 
 
掻き乱された思考や感情は、それと戦ったり取り除こうとすると、さらに掻き乱される。
 
だからそれに囚われずに放って置くが良いのだが・・・、
 
直ぐに結果を求めたがるせっかちな現代人には、とても難しい。
 
 
しかし、『ハートを開いて恩寵の光で満たされる』という奥の手がある。
 
マインドがどんなに掻き乱されていても、恩寵の光で満たされると、直ちにマインドの影響を受けなくなる。
 
それはちょうど上映中の暗い映画館に、明かりをつけるようなもの。
 
映画館が明るくなると、映画は上映され続けてもそれは薄く白ける。
 
恩寵の光に照らされると、マインドはエネルギーを失い、掻き乱される事が止む。
 
 
それまで千々に乱れていたマインドが、瞑想会終了後は嘘ように晴れ渡る体験が、多くの参加者に起こる。
 
一人でも多くの方に、それを体験してもらいたいと願っている。
 
今回も、某ベテランの参加者が・・・
 
「調子が悪く瞑想会参加をためらっていたけど、参加して本当に良かった(*^-^)」
 
と、とても嬉しそうに語ってくれた姿が印象に残った。  
 
次回の瞑想会は、1月27日(日)を予定している。

« 鹿児島ワンデー瞑想会終了 | トップページ | 重ね合わせの原理 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿児島ワンデー瞑想会終了 | トップページ | 重ね合わせの原理 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ