カテゴリー「ちーちゃん」の記事

ちーちゃんの居場所

2011年11月30日(水) 晴れ by ヨガビジャ


リトリートが終了しました。
リトリートの本題に入る前に、ちーちゃんのことについてちょっと触れたいと思います。

今回リトリートに参加された方がちーちゃんのお墓にお参りしてくださいました。お墓の場所をお知らせした時はなにも思わなかったのですが、リトリートが始まった後、全然お手入れされていないお墓にその方がショックを受けられたのではないかと気になりました。

実は1ヶ月前くらいから、お墓にお花を生けたりお水をあげるのを止めました。それはお花やお水をあげる時「ちーちゃん…」と話しかけるクセがついていて、そうしているとちーちゃんが、今でも冷たくて暗い土の中で眠っているように思われて抵抗を感じ始めたからです。
こんなことろにいつまでもいて欲しくないって。

たった今も、ちーちゃんを想うとハートは暖かいし、庭を歩けば透明なちーちゃんがトコトコ歩きまわっていそうな気がするんですよ。
本当のところはどうかは分からないけど、ちーちゃんにはここに縛られないでどこでも自由に好きな所に遊びに行って欲しいです。
好きならここにいてくれてもいいけど、ボディを持って転生してくれてもいいなって。

ここで書いたかしら?(最近忘れっぽくて…)
ちーちゃん、8月のある日ひとりでこの世を旅立った日の夜、小山にいた私の夢の中に挨拶に来てくれたんです。それは私の人生の中でとてもうれしい特別な出来事のひとつです。(死んでしまったことは悲しいけど)
ちーちゃんとは今でもハートで繋がれそうな気がするんです。

だからもうお墓はいらない。。
っていうか、少し前からイノシシがちーちゃんのお墓を荒らすようになったので、お墓の上に大きなクリスタルを置いたんです。そうしたらイノシシの被害はなくなりました。

絶対にね、、、死んだらおしまいじゃないって確信があるんです。
人も動物も。

物質としてのボディは失われて見ることも触れることもできないけど、
なにも変わらないものがある。
その変わらないもので満たされているのがこの宇宙で、
宇宙そのものではないかなって思って。
増えることもなく減ることもない。

不変が、滅ぶべき肉体(変)をまとい、個として顕われ、
様々な経験を経てさらなる多様性を生み、また個を喪失して消えていく・・・
宇宙ってすごいな。。

あ、ちーちゃんからこんなオチになるとは…。

つまりちーちゃんのお墓は、うちの手入れの行き届かないお庭の景色にすっかり溶け込んでしまっていますが、こういう事情からなんです〜・・・とお伝えしたかったのです。。^^;

Img_1540_2_5
 ちーちゃんは

 私の

 永遠の

 天使です♡
 
 
 (=^▽^=)ノ\( ̄∇ ̄*) 


メモリアル

9月8日(木) 晴れ by ヨガビジャ


今日は朝から気持ちのいい青空が広がりました。

Img_3562 久しぶりにてっぺんから裾野まで
 雲ひとつない富士山です。
 
 天候<に(も)かかわらず>
 いつでも清々しい気分でいられたら
 それに越したことはないけど
 こんなことでも
 さまざまな気分が味わえるのもまた
 人としての自然な本性かと。。

 
先日新宿イベントの帰り道、家に帰っても冷蔵庫は空っぽでしたので、アピタに寄って食料品を買ってきました。

キヨタカと買い物袋を下げて店内を駐車場に向かって歩いていると、特設会場で陶器市が開かれていました。

その一番目のつく場所にあったのが陶器の「招きネコ」。
黒いの、白いの、金色の・・・大小さまざまに並んだネコを見て、
 
 
キヨタカ:ちーちゃんのお墓に置かない? \( ̄∇ ̄*)
     メモリアルになるよ。。
 

よがび:いらない・・・と思うよ。。
    メモリアルならそこら中にあるもん。( ̄。 ̄;)

    ほら、キヨタカの部屋の入口のバリバリになった爪研ぎの跡とか、
    病院の帰り、車内で初めてちーちゃんを洗濯袋から出してあげたら
    興味津々で、車のダッシュボードの上を歩き回っていて滑って
    落ちたでしょ?
    あの時、なんとか掴まろうとしてできた引っ掻きキズもあるし…。
 
 
とか言って、、、キヨタカの「招きネコ」と却下しておき、自分はちゃっかり下の写真のものを購入。
 
Photo 「ネコの急須」。

 だって、ついこの間、
 長年愛用していた急須、
 割っちゃったんだもん。

 こっちが裏かな?( ・・ ?)

Photo_3 で、こっちが表?

 実用的なメモリアルで、自己満足してるけど、
 ちょっとサイズが小さくて
 一人前のお茶を入れるとき専用って感じ。

 ま、大きいのは1個あるからいいよね。。

ついでに白状するとこんなの↙もあったりして 。

Img_3567_3 この間、箱根の温泉に行った時、お土産物売
 り場で見つけた「起き上がりこぶし」。
 
 これを並べていて、なぜちーちゃんがキヨタカ
 よりよがびの膝の上に乗りたがったのか分かり
 ました。

 ↑   ↑    ↑
とら  ちーちゃん うま
(よがび)   (キヨタカ)


同じネコ科の同族でした。。(=^▽^=)ノ\(= ̄∇ ̄=*) 

バイバイから始めよう

9月7日(水) 晴れ by ヨガビジャ


一昨日、新宿イベントを終えて伊豆に戻ってきました。

先週出かける時は、庭にはいくつかの白ユリが咲いていました。
今回帰宅したら庭の白ユリはすべて散り、ちーちゃんにお供えしていた白ユリが、ポツンとひとつ、台風の風雨に耐えて佇んでいました。

少し泥にまみれていたけどまだ十分に持ちそうだったので、きれいに洗って新しいお花と一緒にいけておこうと花瓶を手に持ったら、ぱらぱらと散ってしまいました。

ちーちゃんを過去の記憶の一つにしてしまいたくなくて、抵抗していたけど、もうこの現象世界では終わったんだよ…って耳元でささやかれた感じ。。

ちーちゃんに笑われないように、

しっかり たのしく♪ 生きないとね。(=^▽^=)ノ\( ̄∇ ̄*) 


庭には白ユリに替わって、黄色と赤の彼岸花が咲いてます。


Img_3542_2 朝露に濡れてて
 
 
 
 
 
 
 
Img_3535 撮っている時は
 気づかなかったけど
 こうして見てると
 お正月のかずのこ(?)
 みたい・・・
 
 
 
Img_3544 彼岸花の赤は
 激しくない。
 
 神社の鳥居みたいに
 やさしい、
 包み込むような赤。


 
Img_3546 こうして見ると
 まるで
 海のいきものみたいに
 不思議な質感

 温かい。。
 
 
 

ハート

8月29日(月) 曇り時々晴れ by ヨガビジャ


富士見荘ではここのところ涼しい日が続き、秋の訪れを感じます。
 
Img_3512_4 今、庭には白ユリが咲いています。
 ちーちゃんが天国に行ってから、
 ちーちゃんが眠るモクレンの木の下には
 いくつ白ユリを飾ったでしょう。

 毎年この季節が訪れると思い出すのだろうな…
 って思います。
 白いユリは純粋で、軽やかに風に揺れて、
 私にとってちーちゃんのイメージにぴったりです。
今その花瓶には、ピンクのサルスベリの花も入っていて、純粋さに優しい温もりを添えてくれています。

もうちーちゃんのことは書かないつもりでしたが、先日キヨタカが、


キヨタカ:駐車場から歩いて来ると、富士見荘の玄関の横に干した運動靴が
     ちーちゃんに見えるんだよね。

     玄関から外に出る時も、ちーちゃんが中に入って来ないように
     いまだに足でガードしてるし・・・
     身体が覚えちゃってるんだよね〜。。


よがび:私もそう・・・ (;  ̄- ̄)( ̄。 ̄;)ボソ... 
 
 
という会話があったものですから。。
 
 
ちーちゃんが逝ってしまって以来感じる胸の痛みは、日を追うごとに和らいでいます。

でも、その痛みのおかげで、ちーちゃんがいなくなってからピンポイントでハートを感じられて、その奥のスイートさや深いスペースに自然にいることができます。

これはフーマンのワークを受け始めて以来、
フーマンに「いつもそこにいなさい」と言われ続けていてできずにいたこと。

もちろんちーちゃんのことに限らず、これまでの経験や時間の経過という要素もあって、今やっとその時が訪れただけなのかもしれませんが。


先日Star People の最新号が発売になったばかりですが、キヨタカは今すでに次号の連載の執筆に取りかかっています。次号ではフーマンが登場します。
夕べ遅くまでかかって一通り書き終え、私は今朝からそのプリントの見直しをしています。

その文章に目を通し始めると、初めて訪れたハワイ島で、初めてフーマンに出逢った時のことが鮮明に思い起こされます。

過去でさえ、思い起こすことを通して訪れる「ハートのフィーリング」は、今この瞬間のもの。

そこには時間など存在しません。
 
Img_3515 ちーちゃんも、フーマンも、

 ハートで感じる時

 今ここに在る。

 過去になんか存在していない。
 
 いえ、過去は、存在しない。
 
きっとハートは、時間も空間も超えているのだと思います。

私たちは今、限られた時間という概念を超える時に差しかかっているのだと思います。

いつでも逢えるね

8月23日(火) 雨のち曇りのち晴れ by ヨガビジャ


今日は予報に反して朝から強い雨が降っていましたがその雨も徐々に上がり、今は晴れ間が広がってセミの音を聞きながらパソコンに向かっています。
伊豆に戻ってから初めての青空です。

ちーちゃんの件では、たくさんのコメントとメールをいただきありがとうございます。これだけたくさんの方々の記憶に刻まれたちーちゃんは幸せなネコでした。

今もキッチンにいて、窓の外の白ユリが風で揺れると「ちーちゃん…」って振り向いてしまいます。
そこにいるのが当たり前でついその姿を探してしまうんです。

当たり前のものほど、失ってみないとその価値には気づけないものですね。

ちーちゃんはもう私たちの生活の風景の一部になっていましたから、空気があるように、水があるように、当たり前に存在していたんです。
だから、そこにあるべきものがないというのはとても奇妙な感じです。


もう気づかれている方も、すでにそのように生きていらっしゃる方もおられると思いますが、あえて書かせてください。


今一度、ご自分にとっての当たり前を見直してください、と。
失ってしまう前に。


往々にして私たちは、今に足りないもの、理想や将来への期待、そういったものに目を向けるあまり、今ある「当たり前」のありがたみを忘れがちかもしれません。

もちろん、理想や目的意識を持つことが進化の要因であることは確かですが、それは種が芽吹き、成長し花を咲かせるようなもの。そのためには地中深くしっかりと根をはる必要がありますよね。
きっと、今ある「当たり前」の価値を知り感謝することが、地中深く根をはることに相当して、それによって幹はより高く空へと向かって成長できるのだと感じました。
進化には2つの方向性があるのでしょう。

私は根っこの方に対して無意識だったな…と思いました。
だからこれが奇跡だったと気づけなかった。


ちーちゃんの最期が想像できるだけに今でも胸が痛むけど、同時にその痛みの奥にはハートのスイートさと温もりを感じます。
ちーちゃんを抱っこしているときの感覚がありありと蘇ります。

自分に観る目さえあれば、私は神聖さに取り囲まれていたのでしょう。

あまり遠くばかり観ないで、今ここに目を転じて、
もっと丁寧に、喜びと感謝に満ちて生きることができるはず。

Img_1824 そのことに
 気づかせてくれた
 ちーちゃんに
 心から感謝です。

 またいつでも逢えるね。

 エッセンスはいつも
 今ここにあるから。

 ハートで逢える。

ちいちゃんに感謝!

2011年8月22日(月) 曇り by キヨタカ

 お盆を実家で過ごした後、東京で個人セッションを行い、昨晩久しぶりに修善寺へ戻った。
個人セッションの合間に、ヨガビから電話があり、「ちいちゃんが逝ってしまった」というニュースが飛び込んで来た。

とてもショックで悲しかった。
非常に不謹慎かも知れないが、「フーマンが逝ってしまった」というニュースが飛び込んで来た時よりショックだった。

フーマンの場合、肉体次元とは別な所でいつでもフーマンを感じられた。
だから「逝ってしまった」という感覚が非常に希薄だった。
OSHOが「逝ってしまった」時も、同じ様な感覚だった。

しかしちいちゃんの場合、日常生活の一部に完全にとけ込んでいたので、自分の一部にすっぽりと穴が空いた感じ。
同じ屋根の下で暮らした肉親が亡くなった時の感覚と同じだ。

わずか3年一緒に暮らしたネコでさえこんな感覚に襲われるのだから、東日本大震災で愛する人を失った人々の痛みは想像するに余りある。
改めて、ご冥福を祈りたい。

ところで、今回の出来事で本当に有り難いと感じるのは、どんなに外側でつらく悲しい出来事が起っても、「私が在る(! AM)」という感覚は微動だにしない事を再認識した事にある。

外側に波風が立てば立つ程、 その背景にある「I AM」が燦然と光り輝く!

どんなに悲しい出来事も、どんなに嬉しい出来事も、この現象世界では全てが来ては去って行く。
それはちょうどスクリーンに映る映画の様だ。
映画のストーリーがどんなにドラマチックでも、背景のスクリーンはただ沈黙して微動だにしない。

本当の私とはストーリーではなく、ストーリーの背後にある「これ」なのだ。
今回の出来事で、I AMへ根付く事がより一段と加速化し始めた。

これは、ちいちゃんが私に与えてくれた、最高の贈り物だ。

ちいちゃんに感謝!

おしらせ

8月21日(日) 曇り時々雨 by ヨガビジャ


ちょっと長目のお盆の帰省から戻りました。
久しぶりの日誌なのに悲しい話題でごめんなさい。

ちーちゃんが逝ってしまいました。
きのう家に戻ったら富士見荘の脇で動かないちーちゃんを発見しました。

最初はなにが起きたのかまったく分からなかったのですが、おそらく猪にやられたようです。庭のモクレンの木の下に埋めてあげました。


とても悲しいです。

もう少し早く帰っていれば
エサ場を外に置かなければ
小山に連れていっていれば
とかいろいろ考えたり・・・

今はもう
痛くも苦しくも暑くも寒くもない所にいるのだから
大丈夫と思ってみても、
ただ悲しい。


もう夜中に起こされることがなくなったけど
一緒に散歩に行けなくなっちゃった。

もう家中ちーちゃんの毛だらけにならないけど
あの安らかな寝顔を見られなくなっちゃった。


魂は永遠だって分かっていても、
目に映る愛らしい仕草
肌で触れる温もり
耳に馴染んだ鳴き声
そういったすべてが失われてしまったことが
ただ悲しい。


いのちは愛おしい。

日常の当たり前は
決して当たり前なんかじゃない。
それはきっと奇跡。

ちっぽけな希望や期待にとらわれた人生は
まるで一冊の問題集のよう。
今、目の前の奇跡に気づけない。


今を
もっとやさしく
丁寧に
喜んで生きられるはず。


ちーちゃん、本当にありがとう。

短かったけど、
ちーちゃんと過ごした時間は
たくさんの小さな喜びと嬉しさを
私のハートに与えてくれました。
それは神聖さへの扉でした。


ちーちゃんとご縁のあった方々、この日誌を通してちーちゃんを知っていてくださった方々へ、ご報告まで。


愛してくれて ありがとう♪(=^▽^=)

視線?(・_・?) 

7月30日(土) 曇り後ち雷雨 by ヨガビジャ


部屋を片付けていたらふと視線を感じ、反射的にその方向を見たら、
 
 
Photo_2 ちーちゃん発見 cat
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Photo_3 デジカメでクローズあっぷ camera

 
 そこは涼しいかい?(* ^ o ^ )

 
 
 
 
 
 
Photo_4 目があっちゃった。(・_・)
 
 
 
 
 
 
 

 
 
Photo_6 逃げた。。(  ̄ o ̄)
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 (数時間経過)

 
雷なってるから、帰ってこーい! (*`<´)・:∴○==-〜

リトリートを終えて

7月25日(月)晴れ時々くもり by ヨガビジャ


リトリートを終え、早くも1週間が過ぎようとしています。

時間の経過と共に、記憶の上に更に新しい記憶が上書きされて細かいところまで思い起こすことが難しくなってきましたが、それでもこうして文章にしようとすると浮かび上がってくることがあります。

それはこれまでも何度もシェリングで話したりこの日誌でも書いてきたことですが、時代は加速度的にその密度を増し、私たちをある方向へと後押ししていることを再認識しました。(抽象的ですがそんなしか表現できないんです)

今回の参加者の方を前に、アジズの元で長年ワークを続けてきた人の一人がその当時を振り返り、「私たちはアジズの元で泣きながら長時間坐り続けてきたのに、最近リトリートに来られる人は初めからきれいに坐られている」(概略ですが)と言っておられました。

私も最近は、既にご自分でなんらかのワークをされてきた方がリトリートに来られていると感じていましたが、今回は更に(ちょっと大袈裟ですが)、今のこの時代、人類としての種が変化してきていることを感じました。

それは一概に世代別で括れるものではないと思いますが、最近の若い人の中には、私たちの世代に比べ背負い込んでいる荷物がはるかに少ないと感じる人が見受けられます。

時代背景やその他の外的要因も考えられるかもしれませんが、とらわれが少なく軽やかに感じられます。
OSHOの言うところの「新人類」なのかもしれません。

だからといって、それぞれの魂は自分の学びと目的にふさわしい時代と場所を選んで転生してきているのでしょうから、私にはそのことが霊的な優劣に関係するは考えられません。

植物に例えるなら、風雨の強い厳しい時代に生まれた魂は、その環境から身を守るために幹は太く固い表皮に覆われ棘で防御される必要があったかもしれません。
でも今のように、社会全体がこれまでの物質偏向の価値観からより霊的、もしくは本質的ところに人々の意識が向き始める時代においては、それまでの重々しい防御はもう必要ないのでしょう。
(話はズレますが、先日の震災も人々の意識がより本質的なものへと向かうきっかけになっていると感じます)

このように時代の流れや人のタイプ(?)に変化が見られるようになると、リトリートも過去のやり方に捕われず常に新しさを取入れられるよう、私たちも頭を柔く、常に過去から自由でいて、オープンに今にいなければ…と感じました。


Img_3407_2Img_3406Img_3404_2
 
 
 
 
 
↑ こんな空の下で、リトリートの後片付けをしてました。

この3枚を繋いで1枚のパノラマ写真にしたいかったけど、やり方がわからなーい。(T_T)
 
Img_3418_2 同じ空の下
 せっせと蜜を集めるハチさん1匹。

 (足に花粉のダンゴをくっつけてるのが見えますか?)
 
 
 

Img_3419_2 そのハチさんにカメラを向ける私の足元には
 おヒマそうなちーちゃん。
 今回のリトリートではほとんど姿を現さずじまい。
 数ヶ月に1度のことなんだから、

 たまには愛嬌を振りまきなさーい! ヾ( ̄^ ̄メ)ノ

 
Img_3423_2 そんなちーちゃんとは対照的に
 忙しそうに飛び回るハチさん。
 
 
 
 
 
Img_3421 われ関せず。。。(= ̄ o  ̄=)

 ・・・って

 あんた、耳の角度としっぽの先っちょからして...

 じつは こっちを気にしてるね〜〜 ( ̄ー ̄)ニヤリッ

 
 

暑いってば! (= ̄^ ̄=メ)ノ

7月13日(水) 晴れ by ヨガビジャ


恥ずかしながら、我が家はつい一昨日までストーブが出しっ放しで、やっときのう最後の1台を空焚きして倉庫に戻したところです。

そのきのうの朝の光景。

キヨタカは空焚き中のストーブを玄関先のベランダに置いていました。

そこへやってきたちーちゃん。。

(ネコ用網戸で見えにくいですが…)

Img_3381←あたちのお気に入りの寝床になんかあるー
  

 なにかしら〜。。。?(= ̄▽ ̄=) ノ


 あら、やだ! これ 熱いじゃないっ!?


 や〜ね〜!! ただでさえ暑いのにーーー!!!(= ̄^ ̄= メ) ノ


(すごすごとベランダの角へ…)


Img_3382_4 あら、今日は日陰が増えてる♪


 しょうがない、

 今朝はここでガマンしてあげる♡


  (=^▽^=)ノ ニャハッ

より以前の記事一覧

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ