カテゴリー「感想」の記事

地上天国の裏側

2018年4月6日(金) by キヨタカ

 私の天命は、「この地上に天国の雛形を創ること」
 
言うは易く、行うは・・・ではある。
 
しかし残りの人生を全てその実現に捧げることに悔いはない。
 
 
なぜそんな荒唐無稽な望みを抱くに至ったかと言うと・・・
 
2つの理由がある。
 
 
一つは、子供時代に育った環境が、私にとっては「地上天国」に近い理想的なものだった。
 
私にとっては、「この世に天国があるのは当たり前」と言う記憶がある。
 
だから、 それを再現したい衝動に駆られるのだ。
 
 
もう一つは、実は「地上天国」に近い場所に実際に参加した体験がある!
 
そこは、かつてアメリカのオレゴン州の砂漠地帯にあった。
 
東京都23区に匹敵する広大な実験都市で、「ラジニーシ・プーラム」と呼ばれた。9505507large
 
インドの神秘家OSHOとその弟子たちが、その全存在を賭けて創造した「未来のブッダフィールド」だ。
 
このフィールドは1981年〜1985年の5年間存続、全世界を賛否両論の渦に巻き込んだ。
 
Unknown1
 
Unknown
 
 
 
 
 
 
 
私は合計1年(1983年と1985年に半年ずつ)滞在、他の場所では絶対にありえない実に素晴らく貴重な体験をした。
 
「この地上世界は天国へと変容出来る!」と言う事実を目の当たりにして、深く感動!
 
だからその体験が、今の人生に大きな影響を及ぼしている。
 
 
しかし どんなに素晴らしい観光地の極上旅館で天国気分を味わっても、それはお金を払ったお客さん側の話だ。
 
その裏側では、実際の経営者や従業員がとても「天国」とは言えない生々しい現実を味わっているに違いない。
 
私が地上天国と感じたラジニーシ・プーラムも、私は滞在費を支払った単なるゲストだったから。
 
地上天国の裏側で、実際にはその広大な施設を維持するために地獄の様相を呈していたのである。
 
そして忘れもしない、1985年の11月末にラジニーシ・プーラムは突然閉鎖!
 
文字通り着の身着のまま、楽園を追放されてしまったのであるshock
 
 
先日、この地上天国の裏側の事情を暴いた映画の情報を入手、さっそく見てみることにした。

本音で話す

2018年3月26日(月) by キヨタカ

 先日、30年来の友人から久しぶりの電話。
 
話の内容が深刻なこともあり、スカイプに切り替えてそのまま人生相談・・・。
 
通常は相手の立場に合わせて、相手が受け止められる意見を述べるように心がけているのだが、今回は違った。
 
思ったままの事をストレートにズバリと、フィルターなしにぶつけてしまった。
 
 
通常、人は夢の中で生きている。
 
人生に素敵な希望を抱きながら頑張っているけれど・・・実はそれは単なる夢に過ぎない。
 
「意識の目覚め」とはカッコいい響きだけど、実は夢が破れると言う事。
 
だから、裸の真実をズバリと指摘する事は、相手の夢や希望という風船に針を刺すようなもの。
 
時に、 相手をいたく傷つけてしまう 。
 
 
瞑想会等でも、自分の意思に反してそのものズバリの真実が勝手に口から出てしまう場合がある。
 
後から、「しまった(~_~;) 」
 
と反省した時は、既に遅い。
 
普段は、とても優しいキヨタカなのに・・・
 
相手はもう2度と瞑想会に顔を出さなくなってしまう。
 
 
この友人も、かなり傷つけてしまったように感じた。
 
そこで、昨日フォローアップのスカイプをした。
 
一応、こちらの言うことをきちんと受け止めてくれていたようでホッと胸をなで下ろしている。
 
本音で話す事。
 
実際には難しいけれども、それ以外のものは望まない。

新カンブリア爆発

2018年3月9日(金) by キヨタカ

最近のAI(人工知能)は、驚く程進化しているという。

囲碁や将棋の世界で、世界のトッププロがAIに負けて世間を賑わせてから数年が経過。

それからもAI技術は数ヶ月単位で飛躍的に進歩し続け、今ではAIに挑もうとするプロすらいないらしい。

その大きな要因が、ディープラーニングによる画像認識の精度が向上した結果だそう。

 
確かに凄いらしいけれども、それがどの程度社会的インパクトを与えるものなのか、調べてみてもあまりピンと来なかった。
 
ところが先日、AI研究の第一人者松尾豊氏の説明を知り、ようやく腑に落ちた。
 
彼の説明を要約すると…
 
AIに『目』が誕生し、それが機械に組み込まれる事になった。
 
それはちょうど、生物に『目』が誕生し進化が一気に加速した地球史上の「カンブリア爆発」に相当すると言う。
 
(↓松尾豊氏の説)

ディープラーニングがもたらした成果を一言でいえば、「目」の誕生だ。
 
これは、地球史上の「カンブリア爆発」に相当する。
 
5億4,200万年前から5億3,000万年前という非常に短い期間に、生物の多様性が急激に増加した。
 
その理由として考えられているのが、アンドリュー・パーカー氏の「光スイッチ説」だ。
 
この時期に生物が目を持ったことにより、生物は捕食の確率を上げ、捕食される側は逃げる方法を進化させるなど、生きる戦略が多様化したことで、生物の多様性も向上したという説だ。
 
同じことが、機械・ロボットの分野でも起こっている。
 
今までの機械やロボットには「目」がなかった。
 
カメラは所詮「網膜」にすぎない。
 
網膜に映った画像を処理する「視覚野」があって初めて、目は視角として機能する。
 
ディープラーニングは、この視覚野に相当する。
 
 
AIがここまで凄いとなると、2045年のシンギュラリティーを待たずして、AIは人類を越えるのは間違いあるまい。
 
数々のSF映画で描かれる通り、やがて人類はAIに支配されてしまうのか?
 
人間の五感に相当する感覚技術は、既に遥かに人類を上回っている。
 
五感を認識しそれを適切に判断する機能もAIが凌駕するとしたら、もはや人類はAIに太刀打ち出来ない。
 
 
しかし、絶対にAIでは太刀打ち出来ない唯一の認識能力が人類にはある。
 
それこそが、『認識そのものを認識する』能力であり、『内なる目』の誕生だ。
 
今までは、仏陀やイエス等、人類のごく例外にしか起こらなかったけれども…
 
まもなく、我々一般の人々がごく当たり前にその能力に目覚める日が訪れるだろう。
 
もしそれが起こらなかったら、AIの奴隷となるしか人類の生き残る道はあるまい。
 
なにしろ、外側の対象物に対する認識に関しては、AIと競争する事すら愚かな時代に入っているからだ。
 
『内なる目』の誕生こそが、人類存亡の鍵だと言える。
 
人類史上の『新カンブリア爆発』こそ、起こるべき次の進化だ。
 

繊細さ

2018年1月27日(土) by キヨタカ

 11月に突然の顔面麻痺を体験してからというもの、身体を随分といたわるようになった。
 
身体が、思う通りに動く。
 
そんな当たり前のことが、実は当たり前でなく奇跡的なことだった。
 
 
それまでは、身体の欲求を意志の力が上廻る事に微妙な喜びを感じていた。
 
空腹を我慢したり、肉体疲労や眠気を克服する事でハイになり喜びが沸き起こる感覚。
 
あれって、もしかしたら伝統的な仏教修行をしていた過去生のカルマだったのかも知れない。
 
 
今は、身体の欲求に耳を傾けてなるべく身体の声に素直に従うようにしている。
 
だから最近は目覚し時計もセットせず、目が覚めたら起きる。
 
お腹が空いたら空いたら食べ、空いてなかったら食べない。
 
お陰様で、再び心身ともに健康的になった。
 
 
しかし同時に、感覚がかなり繊細になってしまったようだ。
 
最初にそれをはっきりと意識したのは、大晦日の格闘技番組を見ていた時。
 
格闘技ファンの私は、毎年恒例の格闘技特番を楽しみにしていた。
 
ところが今年は、途中で見るをの止めてしまった。
 
お互いに身体を痛めつけ血を流し合う姿に、感覚的に耐えられなくなってしまったのだ。
 
 
古代ローマでは、巨大なコロシアムを建造しライオンと人間を戦わせ血しぶきをあげて死んで行くのを民衆が娯楽にしていたそうだが・・・591ae377650f833c87482064c119106d
 
それと同じ残虐性を感じてしまい、不快で悲しくなった。
 
マインドは格闘技に興味津々なのに、身体のより繊細な部分が拒否反応を示した。
 
 
格闘技大好き人間だとばかり思っていたが、実はより深い部分で嫌悪していたのである。
 
もしかしたら長年眠っていた内側の女性性が、ようやく目覚め始めたのかも知れない。

明けましておめでとうございます。

2018年1月1日(月・祝) by キヨタカ

 明けまして、おめでとうございます。
 
本年も宜しくお願いします!

リトリート終了〜Yさんの感想

2017年7月19日(水) by キヨタカ

 7月のリトリートが無事終了。
 
今回は、通常よりもシェアリングの時間を多く取ることになった。
 
そのせいもあり、とても親密な雰囲気の中、参加者それぞれの気づきがお互いの成長を自然に促し合う事が出来た。
 
別に私が意図して、グループを特定の方向へ導くことはしていない。
 
しかし自然に物事が起こる感じで、参加者それぞれが今回必要なものを受け取ってくれたように思う。
 
以前、某占い師から、
 
「あなたの役割は、カタリスト(触媒)です 。
あなたがそこにいる事で、必要な物事が自ずと起こるのです。」
 
と言われた事があるのだが、今回のリトリートを通して、その意味が分かり始めた。
 
 
参加者のYさんから、感想のメールを頂いた。
 
Yさんは初めてリトリートに参加された方ですが、彼の率直で誠実な在り方が、他の参加者やスタッフにとても良い影響を与えてくれました。
 
とても嬉しいです。


* * Yさんの感想 * *
 
今回
 
キヨタカさんのリトリートで受け取った内容が
 
自分を深く愛するように、
 神の子として創造したこの世界を、
 人を物を現象をマインドを愛せばいい」
 
そして、
 
Holly Spirit ( HS ) からも
「何一つ思い通りになることはないんですよ」
とのメッセージを受け取り、
 
だから、
「神に祈ろう」ということを経験として頂きました。
 
特にHSからの
「何一つ思い通りになることはないんですよ」は、
僕のエゴの自力感を、
徹底的にあきらめさえてくれる経験を頂きました。
 
そして、
今朝、会社に出勤する電車で
祈りをささげていたら、
ハートがいい感じで開き、
会社近くの道路をあるいていた時、
いつも音からプレゼンスに入ってたのですが、
 
キヨタカさんの瞑想で
「すべては無から生じる」ということを聞いたので、
 
そうだそうだ 
いつも音の「あること」に意識を合わせていたけど、
その裏にある「 無 」に意識を合わせようと思ってやってみました。
 
そうしたら、
あれ? 
これ じゃない?
と思いました。
 
あぁ、
まさしく これ 。

本当にずっと一緒に、
つねにあり続けていた 存在 にふれました。
 
あぁ、
本当に一緒にいて頂いたんですね と、
なんか書いてて今感謝と愛にあふれて、半泣きでいます。
 
今は仕事中なので(笑)
離れていますが、
またきっと戻れるかなと思います。
 
そして、
また離れたとしても、
ずっと共にあり続けて頂いていること、
信じられるし確信できると思っています。
 
本当にありがとうございました。
 
今日も
素晴らしい一日をお過ごしください。

by Y

新宿ナイトイベントの感想〜心臓から白い羽が舞いました

2017年7月1日(日) by kiyotaka

昨日(土曜日)、新宿ナイトイベントが無事終了。
 
 
瞑想とは、ハートの奥に初めから存在している魂に目覚める事。
 
それは既に今、初めから存在しているのだから・・・ 
 
真摯に求めれば、目覚めはいつでも誰にでも起こり得る。
 
瞑想歴が長かろうと、初心者であろうと、目覚めることに本質的な違いはない。
 
 
初めて参加されたNさんから、感想のメールを頂いた。
 
目覚めの一瞥が起こったようで、とても嬉しい。
 
ぜひ瞑想を続けて下さい。
 
* * Nさんの感想 * *
 
今日の瞑想会は行けて本当に良かったです。
 
懐かしい人にも再会出来て、嬉しい事がたくさんでした。
 
びっくりしたのは、自分の本質が、妖精か天使の類いだった事です。
 
心臓から白い羽が舞いました。
 
・・・(略)・・・
 
またよろしくお願いします!
 
もっと深く自分を知れたらいいです。
 
お疲れ様でした。
 
身体がすっきりです!
 
by N

羽田にて

2017年6月23日(金) by キヨタカ

 明日行われる、鹿児島ワンデーイベントのため、現在羽田空港で出発待機中。
Img_0610_3
 
手荷物のチェックインカウンターが完全自動化されていて、驚きヾ(*゚A`)ノ
 
1分以内で、アッと言うまもなく手続きが完了。
 
時代の流れの早さが、身にしみる。
 
 
保安検査場を通過すると、搭乗口に設置してあるテレビが、歌舞伎俳優の海老蔵さんの記者会見の様子を放映していた。
 
愛する家族を失うのは、言葉では語れない程の痛みを伴う。
 
明日は私の姉の命日という事もあり、とても他人事とは思えず涙がこぼれた。
 
あの状況で会見を行えるとは、凄い人だと感動。
 
 
どんなに優秀で、有名で、お金持ちで、絶世の美女を妻にして、素晴らしい子供達に恵まれたとしても・・・
 
それが外側に依拠している限り、幸せが永遠に続く事はありえない。
 
来ては去って行かないもの、唯一絶対の拠り所に目覚める事こそが、我々生きている人間に与えらえた唯一の緊急課題である事を改めて強く感じた。

誰が使うか?

2017年5月11日(木) by キヨタカ

 先日の映画「ガタカ」の中で描かれていた、デザイナーベイビー。
 
受精卵の遺伝子操作で親が望む子供を作ると言う、素晴らしいけど不気味さを感じる技術だ。
 
しかしこれは、あくまでもSFの世界での話だった。
 
 
ところが、最近の遺伝子操作技術(ゲノム編集)は予想を遥かに上廻る形で進歩しているらしい。
 
進歩と言うよりも、革命!ヾ(*゚A`)ノ
 
5年前に登場した 新たなゲノム編集(CRISPER/クリスパー)によって、費用が従来の99%もカットされ、期間も1年から数週間に短縮されたと言う。
 
誰でも簡単に操作可能で、あたかもワープロで文字を書き換えるように遺伝子を書き換えられるとか。
 
概要を知りたい方は、下記のビデオがわかりやすい。
      (3 "20'あたり)
 (日本語字幕は右下の「設定」アイコンをクリックし「日本語」を選択、「字幕」アイコンをクリック)
 
 
人間に対する遺伝子操作は、悪名高きナチスの「優生思想」問題とも絡んで、数十年も前から倫理的な大論争を引き起こしているけれども・・・
 
どうやら議論の段階は過ぎ去り、人類は既に禁断の神の領域へと突き進んでしまったようだ。
 
もしかしたら我々の知らない所で、既にデザイナーベイビーが誕生しているかも知れない。
 
 
原子力にしても人工知能(AI)にしても、一歩誤ればたちどころに人類が破滅するほどの技術革新が、最近では雨後のタケノコのごとく登場し続けている・・・
 
「神の領域へ踏み込んではならない」と声高に叫ぶ人々も多い。
 
しかし科学技術の進歩に異を唱えても、その進歩は止まらないし止めようがない。
 
「進歩」は、人間の本質に内在する衝動なのだ。
 
 
だとしたら、いたずらに神の領域に踏み込む事を恐れても意味がない。
 
むしろ、我々の意識進化を加速させて、科学技術の進歩よりも一足先に 神の領域へ踏み込む必要がある。
 
 
科学技術は、それ自体はニュートラルで、良いも悪いもない。 
 
問題は、誰が使うかによる。
 
目覚めた人が使えば神業となり、無意識な人が使えばば悪魔の仕業ともなる。
 
意識の目覚めこそが人類存亡の鍵なのだ!
 

新宿イベントの感想

2017年4月16日(日) by キヨタカ

 新宿のナイトイベント&ワンデーイベントが無事終了。
 
リーラスペースの瞑想会では、『プレゼンス→ビーイング→ハート』と瞑想の3つの次元を順を追って体験的に理解できるようにリードしている。
 
おかげさまで、「長年曖昧だった瞑想を、初めて体験的に理解できました!」と感謝されることも多い。
 
そうした参加者の輝く様子が嬉しくて、瞑想を長年シェアし続ける動機になっている。
 
しかしながら、ナイトイベントという短い時間では、どうしてもハートの覚醒までは及ばずに時間切れになってしまう。
 
 
そこで今回は、いきなりハートの次元にアプローチする方法を取った。
 
言うなれば、『いきなり最終回(名作マンガの最終回ばかりを掲載)』の瞑想版だ
 
しかし結果的には、残念ながら参加者の体験が追いつかず、ハートの次元も不完全燃焼気味になってしまった。
 
翌日のワンデー瞑想会では、プレゼンスの基本からアプローチする事で、とてもスムーズな瞑想会となった。
 
今回の連続瞑想会を通して、プレゼスからスタートする従来の方法が一番良いということがあらためて確認出来て良かった。
 
しかしナイトイベントに初めて参加された方にとっては、少し気の毒だったかな〜と思っていたのだが・・・
 
初めて参加されたYさんから、素敵な感想を頂いて、少しホッとしている。
 
次回は初心に帰って、基本的な瞑想をたっぷり行いますので、ぜひまた参加して下さい!
 
* * Yさんの感想 * *

こんばんは、Yです。
 
昨日の瞑想イベント、ありがとうございましたm(__)m。

色々教えて頂いて、とても充実した時間を過ごすことができました。

今回、キヨタカさんの瞑想会に参加したのも初めてでしたが、
僕はこれまでほとんど独学で瞑想をしていたので、
外部の瞑想会に参加したのもほぼ初めてですし、
サニヤシンの方に実際に会ったのも、
クンダリーニ瞑想や笑い/泣きの瞑想のように
座る以外の瞑想をしたのも初めてでした。

初めてでしたが、オープンな感じの皆さんと一緒にやっていたせいか、
あまり緊張することもなく、自然に動いたり、笑ったり、泣いたり、
(そしてもちろん座ったり)することができました。

キヨタカさんが何気なく話していたことからも多く、気がつくところがありました。
 
例えば、背骨を真っ直ぐにすることについて、
僕はエネルギーが通りやすくするようにと思っていましたが、
 
もちろんそれもあるでしょうが、
"今"を意識することにつながっているのだと良い気付きになりました。

”今に在る”ということを強く意識するようにしているのですが、
これまでは、マインドで”今”ということを意識して(「今に在る」という想念を作って)行っていましたが、
背筋をピンと伸ばすだけで、マインドを介在せず、すぐに”今に在る”状態に
持っていけるのだと、気がつきました。

ハートの瞑想、笑ったり、泣いたりした後に、
これまでにないくらい深く、大きくハートを感じることができた気がします。
 
キヨタカさんのリードが素晴らしかったです。

しかし、より奥深くに本当の自分につながる何かがあるのは感じるのですが、
僕のハートは堅くて、より広く、深くになかなか辿りつけない感じでした
(ある程度を超えて深く感じることがなかなかできない)。
 
なかなか手ごわいなと思いました。

今回、参加できてとても良かったです。
 
何より、ずっと本で読ませて頂いていたキヨタカさんと一緒に座れたのが感激でした(^^)。

また、都合が合う時に参加させて頂きたいと思います。
 
よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

より以前の記事一覧