カテゴリー「感想」の記事

ショルダーバッグと悟り

2018年12月10日(月) by キヨタカ

 車で外出、私用を済ませて駐車場に戻ったら・・・「Img_0024_2

いつものショルダーバッグが行方不明shock

「どこかに落としたのか?」

「それとも盗まれたのか??」

町でエンジンをかけたまま数分間放置していたので、その間に盗まれた可能性も大いにある。

修善寺の田舎でさえ外國人の姿が多く見受けらる昨今。

 「日本の安全神話も地に堕ちたもんだ┐(´д`)┌ヤレヤレ」

 

非常に気落ちしつつ家に戻ると・・・

いつもの部屋にショルダーバッグを発見!

なんとそれは初めから家にあった。

無くした訳でも、盗まれた訳でもなかった。

でもてっきり失ったと思い込んでいたので、それを発見した時は無常の喜びだった。

 

『悟り』も、ショルダーバックのようなもんだろう。

失って初めて、その大切さが分かる。

発見してみると、それはいつでも我が家にあるのだけど・・・。

無いと思い込んでいたので、発見した時の喜びは何ものにも変え難い。

 

リトリート参加者からメールが届いた。

〇〇です。昨年の11月の修善寺でのリトリートを始めとし早一年がたちました。

未だ悟りの気配無し?

 

 

我が家に戻れば、絶対に発見出来る。

その我が家に戻る具体的方法が、瞑想だ。

来年の瞑想会に、申し込んでくれた。

オンライン瞑想セッションもする予定。

OOさんは、本気で探しているエネルギーが伝わって来るので、必ず発見するだろう。

なんとしてでも、探し物を再発見するお手伝いをしたいと、非常にワクワクしている。

一粒の種でも・・・

2018年11月21日(水)by キヨタカ

 
気宇壮大なヴィジョンで世界中の人々を魅了したOSHO。
 
彼のメッセージは、いまだに全く色褪せる事はない。
 
しかし、稀有壮大と大言壮語は紙一重。
 
一粒の種が、地球全体を緑にする!Tanewomaku
 ( One Seed Makes the Whole Earth Green!)
 
さすがに講話でこの言葉を聞いた時は、シラけてしまった。
 
どんなに頑張っても、一粒じゃ絶対に無理だな〜。
 
まあ、キリストや釈迦の種なら一粒でも可能だろうけど・・・
 
キヨタカと言う一粒なんて、リーラスペースの施設を緑にするので精一杯(>_<)
 
少なくとも自分に対するメッセージでない事は確かだ、と言うのが本音だった。
 
 
ところが最近、ズームを通して自己組織化の勉強を始めてから、少しものの見方が変化し始めている。
 
wikipediaによると、自己組織化とは、自律的に秩序を持つ構造を作り出す現象のことである』
 
始めはなんの事かさっぱり解らなかったけど、知れば知る程、世界は自己組織化のオンパレード!
 
138億年前の宇宙開闢の始まりから、自己組織化が起こっていると言う。
 
 
一匹の蝶が北京で羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる!
 
と言う例えで有名なバタフライ効果も、実は自己組織化のプロセスの一部を語っていた事を知った。
 
しかしSF映画やコンピューターシュミレーションでは、それもあり得るだろうが・・・
 
この現実の私がどんなに羽ばたいたって、世界に何の影響も及ぼせはしない。
 
全世界に対して、たった一人の自己である事の無力感の方が現実味がある。
 
自己組織化を知る前に、確信していた概念である。
 
 
ところがつい先日、下記のビデオを紹介されて、驚愕shock
 
例え一粒の種でも一匹の蝶でも、正しい方向とタイミングで羽ばたけば、全世界に影響を与え得る可能性が見えて来たのである。
 
百聞は一見に如かず ↓
 
 
解説の要約
 
それぞれが1.5倍になるドミノを小→大とチェーン状に13枚並べる。
 
右端の一番小さいドミノ(高さ5ミリ 厚さ1ミリ)を、ピンセットでそっと置いた結果がコレ。
 
13番目のドミノ(左端)の高さ1メートルで重さは100ポンド(45.4キロ)。
 
同じチェーンで29枚ドミノを並べると、29番目に倒れるドミノの高さは、エンパイアステートビルディングと同じになる。

ズーム革命スクール/・インタビュー

2018年11月19日(月) by キヨタカ

 「最近ズームにハマっている」と日誌に書いたが、実際にズームに関わり始めたのはちょうど2ヶ月前。
 
ネットでズームについて色々調べていたところ、「ズーム革命スクール」なる怪しいサイトを発見。
Dontclick
 
と書いてあった。
 
天野ジャク(天邪鬼?)な私はさっそくボタンを押して見た。
 
とても興味深かったので、もう少し深く学ぼうとスクールに申し込んだ。
 
するとさっそく「革命スクール」から、インタビューの申し出があったので、応じる事にした。
 
 
数日後、動画がスクール内のサイトにアップされた。
 
自分の話す姿を動画できちんと見たことがなかったので、恐る恐る見てみたら・・・
大ショックshock
 
 ズーム見て 冷や汗流す 我もガマガエル
 
瞑想を人生の最優先事項にしているつもりなのだが・・・
 
動画の中の私はなんだか落ち着かなくて、妙にソワソワしている。
 
インタビュアーの筒井氏(ジグさん)の方が、遥かに落ち着いて瞑想的な感じ。
 
対談相手は初対面だし、「革命スクール」の実態もさっぱり解らないので、落ち着き がないのも仕方あるまいと無理やり自分を納得させている。
 
しかしながら、会話が楽しかった事だけは、事実。
 
こんなところに載せるのも気恥ずかしいが、日誌だから記録の意味も込めてアップしておこう。
 
 

U理論(Theory of U)

2018年10月4日(木) by  キヨタカ

『これは凄い本だ! 世界が変わるぞ!!』

41s9g9brjil_ac_us400_ql65__2

 
そう思える本は滅多にないが・・・
 
オットー・シャーマー著『U理論』は、
それに該当するかも知れない。
 
一応経営学のカテゴリーに属するが、そんな分類はナンセンス。
 
読者は、混迷の極みの世界情勢から抜け出す鍵をこの本から見出すだろう。
 
新しい世界を創造しようとする人々にとって、『21世紀の指導原理』的役割を果たすに違いない。
 
だから、凄い。
 
 
ここで説かれている理論はとても奥深いが、単なる学者が説く机上の空論ではない。
 
既に世界中の人々が熱心に読み込み、ベストセラーとなっているそうだ。
 
実際に様々なビジネスや組織運営等々で幅広く応用され、様々なフィールドで大きな成果をあげつつあるらしい。
 
 
スピリチュアル方面へのアンテナはかなり幅広く張り巡らせていたつもりだが・・・ 
 
経営とか組織論への関心が薄かったせいもあり、その存在に全く気付かなかった。
 
一生の不覚shock  
 
もうすこし早くこの本に出会っていたら・・・(ρ_;)
 
とは思うが、今まさにベストのタイミングで出会うべくして出会った本なのだろう。
 
 
読んでいる間に、自分の意識がどんどんとクリヤーになっていくので驚く。
 
何が凄いのかと言うと、個人の意識変革と、組織ひいては世界の変革の壁を取り払い、個人が積極的に新しい世界を創造していくための具体的ツールが明確に示されている所だろう。
 
ニュートン力学から量子力学へのパラダイムシフトが、ようやく我々の具体的生き方に肯定的に影響を及ぼす可能性が垣間見えるのだ。
 
 
私の瞑想会では、意識の光を(プレゼンス・ビーイング・ハート)と3つに分けて
段階的に自然に源泉へと導かれるようにしている。
 
それがなんとU理論の要となっている点も凄すぎて涙が出そう゚゚(´O`)°゚
 
 
残念ながら500ページと恐ろしく分厚くて学術的引用も多く、かなり気合を入れないと一気に読破するのは難しい。
51qnreilagl_sx350_bo1204203200__2
 
その結果、本当はとてもシンプルなのに、U理論を非常に複雑に感じさせてしまう。 
 
 
その欠点を補うべく出版された本が、「マンガでやさしくわかるU理論」
 
U理論が実践的応用も踏まえ、 とても良く噛み砕いて 説明されている。
 
時間のない方には、こちらの方がオススメだ。
 
 
たっぷりと時間と熱意のある方は、「出現する未来」も読むと面白い事この上ない。

5122pnajkcl_ac_us400_ql65__2

U理論が成立するまでの背景が、ストーリー形式で見事に描かれている。  
 
とてもスリリングで、私が映画監督だったら早速映画化の交渉に乗り出すところだ。
 
オットー・シャーマーを含む4名の学者の対話がベースになっているが、私がイメージしていた「学者像」が完全に見事に破壊されてしまった。
 
彼らの妥協なき真理追及の鋭さと誠実さに、心が打ち震える。

感謝についてのシェア〜瞑想会の感想

2018年8月31日(金) by キヨタカ

 8月も今日が最終日。

相変わらず暑いけれども、どことなく秋の気配が漂い始めた。

夏から秋へと季節は巡り、瞑想会で満月だった月も、今は半分くらいに・・・

 

壮年時代を満喫している人間もまた、やがて老年期となり消え去る運命にある。

まだ三日月くらいの青年時代は、夢や希望を抱いて満願成就を願うのも成長にとって大切なプロセスだ。

しかしやがて迎える満月のピークを過ぎ去れば、否応無しにエネルギーは下降線を辿る。

好むと好まざるとに関わらず・・・

不可逆的に起こる時間の流れ、それこそが宇宙の摂理だ。

 

『新月の時は願い事をすると良く、満月の時は感謝するのが良い』

とニューエージではよく言われるが、なかなか理に叶っている。

新月の時に足りないものはどんどん満たされるが、満月を過ぎれば失うばかり。

足りないものを追い求める代わりに、既にあるものに感謝する事で、人生は最後まで満ち足りたものとなる。

 

そこで、先日の瞑想会のシェアリングでは、『感謝している事』について語ってもらった。

『ただ生かされている事に感謝している』人から、『感謝出来る事なんか一つもない』と正直に告白してくれた人まで様々な反応があり、とても感慨深い。

別に感謝出来るのが良いとは思わない。

感謝出来る事が例え一つもなくても、それに気づけるかどうかがポイント。

それに気づけなかった人も、気づきのない事に気づいたところが素晴らしい!

 

最近とても熱心に瞑想会に参加して頂いているAさんから、瞑想会の感想メールを頂いたのでシェアします。

 

「* * * Aさんの感想 * *

キヨタカさん、こんにちは。
 
先日は新宿ナイトイベントでお世話になり、どうもありがとうございました。
 
 
満月の日で、感謝についてのシェアをしてからの瞑想で、またたくさんの気づきがありました。
 
私はシェアの時に、普段、感謝をしていないと言ってしまいましたが、
本当はいつも周りの人達に感謝しており、無力な自分は生かされているなぁ、と思いながら生活していました。
 
なぜ感謝していない、と言ってしまったのか、ずっと気になっていましたが、ようやく見えてきました。
 
いつも不安を感じたり、自信のない時に、他人の言う事ばかりに耳を傾け、
本当は自分の内側でたくさん何か言っている子がいるのに、何も聴こえない振りをしていた事。
 
その子はちょっとユニークでクレイジーな子だから、社会の中ではあまりにも規格外だから、世に出してはいけないと思っていた事。
 
でも実は本来の自分はその子で、今まで自分だと思っていたのは、社会の中で一生懸命がんばって無理していた自分だという事。
 
いない事にしていた、強烈な子をリアルに生きる事が本来の私の生きたい事だと気づきました。
 
新宿ナイトイベントに参加して、気づきが起こった事に感謝です。
 
先日帰宅後にアマラのFBアカウントにも、少しシェアを投稿しました。
 
また瞑想会に参加する時は、どうぞよろしくお願いします。
 
By A

ナイトイベント(8月)

2018年8月27日(月) by キヨタカ

 8月のナイトイベントat新宿が昨晩無事終了。2017120303

魚座の満月という事で楽しみにしていたが、予想に違わぬ素敵な瞑想会になった。

参加者のほぼ全員が瞑想に慣れ親しんでいる方々だったので、とても深い本質に触れたように感じる。

 

占星術の好きな方はご存知だろうが、12星座は人間の成長段階に例えられる。

魚座は牡羊座から始まる成長の最終段階。

全て形あるものを手放し、広大無辺の宇宙へ広がり溶け去って行く・・・

つまり、悟りそのもの。

それが成就するのをサポートするエネルギーが、満月のこの日にピークを迎えた。

 

10数年ぶりにリーラスペースのイベントに参加してくれた方もいて、とても嬉しかった。

実は以前はリーラスペースのイベントに頻繁に参加していたけど、アジズ&フーマンのイベントを境にピタリと来なくなった方々が多数いる。

彼女もその中の一人。
 
「今頃どうしてるのかな〜?」と気になってはいたが、
 
「去る者は追わず」が、リーラスペースの基本方針。
 
それが、先日たまたまリーラのホームページを開いたところ、フーマンの記述を読んで涙が流れたとの事。
 
早速参加して頂き、帰りにフーマンシリーズ3冊をお買い上げ(*^-^)
 
 
人にはそれぞれ正しいタイミングがある。
 
「来るものは拒まず」もまた、基本方針だから、ピンと来た方はぜひリーラスペースにコンタクトして下さい。
 
次回は、9月24日(月・祝)を予定しています。

鹿児島ワンデーイベント終了

2018年6月25日(月)by キヨタカ

鹿児島ワンデーイベントが無事終了。
 
年2回のペースで4度目となる今回は、梅雨にも関わらず良い天気に恵まれてとても手応えを感じられる瞑想会となった。
 
説明は可能な限り省いて、瞑想体験の方を重視するようにしたので、初めて参加される方はかなり戸惑ったかも(^-^;
 
でも場のエネルギーに助けられて、言葉を超えた体験的な理解が起ったように思う。
 
例によって、早速参加者から感想のメールを頂いたのでアップします。
 
 
* * Fさんの感想 * *
 
おはようございます。
 
昨日瞑想会に参加したFです😃
 
初めての瞑想会に参加出来て本当に良かったです。
 
ありがとうございます‼️
 
かなり、緊張してキヨタカさんに質問したい事があったのですがすべて忘れてしまいましたが、ますます瞑想に対する気持ちが強くなりました😃✨
 
また、ハートの瞑想の時自分のハートの色と匂いだと思うのですが、そこに吸い込まれ体の感覚が消える感じでちょっとびっくりしました。
 
ですが、それからこんなに穏やかで包まれる感覚が強くなり安らぎの空間に居る感じが続いてます。
 
もっと瞑想を追及して今に居るのを常に感じれるように頑張ります😃
 
また、是非ともスカイプセッションなどしていきたいです。
 
その際ゎよろしくお願いします🙇⤵️
 
ありがとうございました。
 
 
* * Oさん(スタッフ)の感想 * *
 
昨日の瞑想会は本当にのっけから,深いところに入れました。
 
回数を重ねることで,参加された皆さんが進歩されたのが感じられました。
 
今回は,初参加の方がいろいろと質問されたことも,とても良かったと思っています。
 
気づきとは何かという質問がありました。
 
それを鐘を叩いて,気づき(意識)の中に音が現われ,消えていく様で説明をされていたところで,何人かがハッと気づいたことが印象的でした。
 
キヨタカさんは話すより,直接体験しなければ始まらないというお考えなのはわかるのですが,やはり,頭での理解も必要だなと思いました。
 
もう少し体系的な話があってもいいかもしれないと思いました。
 
今朝起きると,エネルギーが全体に高まっており,いつも一人でする短い瞑想もプレゼンスの強い状態が続いています。
 
 
鹿児島ワンデー瞑想会は、回を重ねる度に深くなっているのが良くわかり、このイベントを企画してくれてた方々にもとても喜んでもらった。
 
そこで、ちょっと気が早いけれども、11月25日(日)にまた鹿児島でワンデーイベントを開催します!
 
次回もまた宜しく(* ̄0 ̄)ノ

新宿ワンデーイベントの感想〜魂が喜んでいる

2018年6月18日(月) by キヨタカ

 6月のワンデーイベント(土曜日)が無事終了。
 
今回もとても素敵な瞑想会となった。
 
参加して下さった皆様有難う!
 
すぐに日誌を書くつもりだったけど、母の世話に追われてタイミングを失ってしまった(;д;)
 
幸い参加者のFさんから感想を頂いたので、瞑想会の報告とさせて頂きます。
 
(今週末鹿児島のイベントもあります)
 
 
* * Fさんの感想 * * 

昨日はありがとうございました。
 
Fです。

イベントの最後に実施していただいた恩寵の光瞑想は圧巻でした!
 
キヨタカさんの誘導瞑想によりエネルギー(光)のバイブレーションを感じているハートに体の気になる個所をそのまま持っていきましたら、なぜそういう状態になっているのか背景が出てきました。
 
また、40代、30代、20代、10代、子供時代と遡る誘導の時は、小学校の時にしたいたずらで大変な迷惑をかけてしまったお方や猫のことが出てきて、ご迷惑をかけてしまったことに対してハートの中でお詫びをすると共にハートで変容のエネルギーを感じていました。
 
恩寵の光瞑想ハイライトはキヨタカさんの誘導により、今いる部屋全体にハートのエネルギーを拡張、そして、会館全体、日本全体、地球全体、宇宙全体へとハートが拡張していくのを感じていました。

 (・・・略・・・)

キヨタカさんが体験したことを書籍にしていただいたことは、瞑想に取り組んでいる方々で適切なタイミングにご縁のある人々に対して多大な影響を与え続けていくと感じます。 
 
I AMの3つの次元(気づき、ビーイング、ハート)と
フーマンのいう「これ」について、今年の春に書籍で知りそれを感じることができたことに魂が喜んでいるようです。

ハートのままに〜Rさんのお便り〜

2018年6月3日(日))by キヨタカ

瞑想とは、無条件にただ在ることの喜びに目覚めること。

だから、貧乏でも病気でも幸せになれる。

・・・と昨日の日誌に書いた。

 

しかし、それが全てでは断じてない。

ただあることだけが喜びなら、わざわざ人間としてこの世に生まれる必要もあるまい。

人間以外は、動物も植物も、ただあることの喜びに満ちている。

「野のゆりはソロモン王の装飾よりも美しい!」と、確かキリストも語っていた。

だから犬や猫として、あるいは木々や草花として生きたほうが楽だ。

それでも生きるのがつらいという人は、山や川に生まれ変わって存在の喜びに浸るのがベストかもしれない。

 

しかしとにもかくにも、人間として我々はこの世に生を受けた。

しかし人間だけが、生きるのに四苦八苦している。

それは、人間だけがさらなる可能性を秘めているから故であり、産みの苦しみだ。

 

魂は本来の潜在的可能性と、正しい方向性を知っている。

しかし、エゴは自己本来の可能性に気づかず、全く別の方角を向いている。

本当は飛行機でハワイに行きたいのに、手漕ぎのボートでアラスカに行こうとしているようなもの。

だから当然苦しいだろうが、それはそれだけの可能性があればこそ。

自己本来の能力を見つけて、創造的に生きてこそ、魂は喜ぶ。

その意味で、『本当は自分は何をしたいのか?』を魂の宿るハートに問いかけるのがとても大切となる。

 

瞑想とは「ただあること」なのに、「何をしたいか?」問うのは矛盾している様に思われるが・・・

この世界は、天と地があり昼と夜があり、男と女がいて・・・矛盾に満ちている。

瞑想も、「あること」と「すること」からなっている。

しかしこの矛盾が統合された時にこそ、本来の力が湧いてくるのだ。

この矛盾が統合される場所、それこそがハートだ。

 

数年前にスカイプの連続セッションを海外から受けてくれていたRさんから、久しぶりのメールを頂いた。

あの時はよくわからなかった「する事からあることへ」の意味がよくわかる様になったとの事。

少しはお役に立てたようで、とても嬉しい(*^-^)

 

* * Rさんからのお便り * *

ご無沙汰しています。お元気ですか?Rです。

覚えてらっしゃいますか?

最近はきよたかさんが言っていた、、することからあることへ、ハートのままに生きられています。

あの時はピーんとこなかった、きよたかさんの言っていたのはこのことだったのか。。。 

今も教えていただいたことは体が覚えてるんですね。

ここにあるだけでいいのに、なんでなりたいものを質問されるんだろうと思っていましたが、今はハートが感じるままに、好きなことをしていくということが腑に落ちてきました。

 

お世話になったままお礼もできていなかったので、一言お礼を言いたいと思いEメールを書いてみました。

また日本に行く機会があって、瞑 想会に行くことができたらまた参加させてください。その節は本当にお世話になりました。

 

感謝しています。

 

新宿ナイトイベント〜一期一会の貴重な時間〜

2018年4月27日(金) by キヨタカ

 昨晩は、平日にも関わらず新宿ナイトイベントに参加してくれた皆さん、有難う!
 
とても素晴らしいエネルギーフィールドが出来、自分でも感動しています。
 
瞑想会について私が書くと、どうしても手前味噌になってしまうので・・・
 
参加者Tさんから頂いたメールを、一部転載します。
 
いつも(土曜日)と違った日だったせいか、新しい参加者も多くてとても新鮮だった。
 
 
どんな人と瞑想出来るのか、今から楽しみ🎵
 
 
ーーーTさんからのメールよりーーーー

・・・(略)・・・

瞑想会では、個人では整えきれない部分を皆さんのお力を借りてエネルギーを整えさせてもらえています。
 
一期一会の貴重な時間です。
 
浄化の瞑想は、普段はやれていないことなので、思いっきり自分の中のトラウマ、感情や思考を出しています。 
 
何回やっても同じことが表出されますが、大分薄らいで落ち着いてきています。 
 
深い部分が軽くなっている感じです。
 
 
ハートの瞑想では、自分自身を味わっています。
 
ハートが開く、これまでは扉が内側に開くイメージを形や色に喩えて作り出そうと必死になっていました。 
 
恩寵の光があたっているんだと思いこもうと努力していました。
 
 
しかし、
昨晩は、自分で作り出すものではない、そんな感じを得ました。
 
ただ吸う息と共に胸の辺りを感じているだけで、ただあるんだと言う感覚。
 
形も色もなく枠もなく境界線もない感覚。
 
ただ広がっている感覚。
 
全てと繋がっている感覚。
 
垂直の中で肉体ではない私がある感覚。
 
そんな感覚に浸りることができました。
 
 
何とも言えない心地良い感覚。
 
私だけが味わえる世界がありました。
 
昨晩は、この感覚⁉️
 
こんな感覚は良いな〜と思いながら帰って来ました。

 
良い悪いの評価、常にダメな私がいました。
 
必死にやればご褒美が頂けるとも思っていました。
 
上手くいかないことは周りのせいにしていた自分です。

 
私は、必死に生きることはやめたいです。
 
もっと愛の人で生きたいです。

キヨタカさんの伝えて下さる言葉やエネルギーは、私にとても響きます。
 
必要なことが起きているのでしょう。
 
瞑想を通して、自分を取り戻せていることに感謝致しております。

より以前の記事一覧

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ