カテゴリー「イベント」の記事

スカイプセッションの感想

2017年4月9日(日) by キヨタカ

人は、無意識に様々な思い込みに縛られている。

瞑想とは、自分の思い込みに気づき、そこから離れて、今ここにある真実へと開いていくプロセスだ。

だから長い年月瞑想に親しんでいる私なので、「無意識の思い込みはもうなくなった」と言いたいのは山々ではあるが・・・

最近益々、「あ〜、あれも、これも思い込みだった(@Д@;」と気づかされる事が多い。

 

例えばスカイプによる個人セッション。

数年までまでは、「直接相手と面談しないと真実は伝わらない」と思い込んでいた。

しかし実際にやってみると、実際の個人面談と遜色のない効果があるので驚いている。

 

「ハートの次元」に関しても、「プレゼンスやビーイングのワークを十分にやり尽くした後で開かれて行く最終レベル」という思い込みがあった。

実際に、アジズやフーマンからそのように教わっていたので、それを大前提として瞑想をシェアしていた。

しかし最近は、それも単なる思い込みだと気づくようになった。

だから 、最初からいきなりハートの次元にワークすることもある。

 

昨日のスカイプセッションもその一つ。

Yさんは瞑想は初心者で、今回初めてセッションを申し込んでくれた。

ハートを開くという事がとても大切な気がするのですが、一人でやっていてもただ暗闇の中でなんとなくあるぼんやりした光(というか残像みたいなもの)をただ ボーッと見てるだけです。

感じるという事もよく分かりません。

今回のセッションで何かしらの経験ができたらと思い希望しました。

 

以前の私だったら、ハートの事は先送りにして、まずプレゼンスから働きかけていたのだが・・・

今回は、ダイレクトにハートに焦点を当てるワークに途中から切り替えた。

その結果、とても深い体験が起こったようで、私も驚いている。

浜松瞑想会でもそうだったが・・・

自分の思い込みを手放して、空っぽになって明け渡すことで、その場の状況に応答して必要な物事が起こるということなのだろう。

Yさんから、素敵な感想メールが届いたので、転載させて頂きます。


* * Yさんの感想 * *

今日は朝からスカイプでのセッションをどうもありがとうございました。

初めは緊張してしまってかなりドキドキしていましたが、キヨタカさんと(←親しげに下のお名前で呼んで(書いて)すみません。

セッション前は天野さんだったのですが、セッション後はなぜかキヨタカさんがしっくりくるので(^^♪) お話したり、笑ったり泣いたりするうちに、緊張を忘れていました。

キヨタカさんが「本当は本来の魂と言うものを自分が知っている、分かっているからまたそれを味わいたい、それを求めるんですよ」と言われた瞬間に「あぁ、まさしくそれだ」と思いました。

そしてそれに対してとても懐かしむ感情と 私はそれを知っているという思いが溢れ、ウルウルきました。(これが最初の涙の理由です)

笑ったり、泣いたりした事でいろんな感情は流れるもの、また受け入れたり流したりは自分がコントロールできるものという事も気付けました。

ハートに両手を重ねる瞑想ではキヨタカさんのリードで始まってすぐに私(肉体を持つ私)の周りに私の身体に沿うようにボワーとした暖かいエネルギーを感じて涙が流れてきました。

息を吸ってハートの中へと意識をむけ、息を吐いてこれに寛ぐ。

ハートの答えは全てYesと言うキヨタカさんの言葉とともに息を吐いた時のとても暖かな全てを受容してくれるこれ?それ?がとても幸せ(言葉で何と言ったらいいのでしょう?)で、ずっとここにいたいと感じました。

そして、それはちゃんと私の中にある あったと実感できました。

まだハートの扉は見つかりませんが、繰り返し繰り返しやって行こうと思います。


セッション終了後、とても安堵した思いと心地よいボワーとした感じが続いて感想を送るのが遅くなってしまいました(感想を下さいとは言われてませんが、お伝えしたかったので)


またぜひ 次は連続でお願いしたいです。

その時はまたご連絡させて下さいね。

今日は私のために時間や思考やいろんなものを使って下さったキヨタカさんに心から感謝します。

ありがとうございました!!!


スカイプのセッションで、しかも初めてのセッションでここまでの体験される方は、実はとても希なこと。

Yさんに瞑想を体験する準備ができていればこそだと思う。

私もYさんを通して大切なことを 学ばせて頂き、ありがとうございます。

浜松ナイトイベント終了

2017年4月8日(土)by キヨタカ

 昨晩、浜松ナイトイベントが無事終了。
 
瞑想に熟達された方々と初心者の方々が、絶妙にミックスして違和感がなく、とても 素敵な瞑想フィールドとなった。
 
あなたがただそこを訪れるだけで、
 
  リラックスし、愛が溢れ出す・・・
 
     そんな瞑想フィールド・・・
 
今から27年前に、初めて瞑想をシェアしようと決意してオアシスというセンターをスタートした時のパンフレットのキャッチコピー。
 
長い年月を経てようやく、いつでもどこでもこの瞑想フィールドができるようになった。
 
私が創ろうとするのではなく空っぽになって明け渡すと、その場の状況に応答して必要な物事が起こる、という事なのだろう。
 
来週は新宿でナイトワンデー瞑想会を行います!

お知らせ

*ワンデー・イベント(6月)at 鹿児島 NEW!
 
*ナイト・イベント(5月)at 新宿 NEW!
 
*3デーズ・リトリート(5月) NEW!
 
*瞑想トランスミッション(個人セッション)
 
*瞑想スカイプセッション(個人セッション)
   連続セッション有り! 

新宿ナイト・イベントの感想〜目からウロコ〜

2017年3月12日(日) by キヨタカ

 昨日、新宿ナイト・イベントが無事終了。

わざわざ鹿児島から参加して頂いた、Mさんから感想のメールが届いた。

Mさんは、最近瞑想にとても深い関心を抱いている。

まだ始めたばかりで、気づき(意識)と思考について曖昧な様子だった。

そこで、両者の違いについて説明。

少しクド過ぎたかと、内心思っていたが…

『目からウロコでした。

私にとってこれからの人生の大きな転機になる…」

との嬉しいコメント。

瞑想は何よりも実践が大切だが、ただ闇雲に行えば良いわけではない。

最初は『知的理解』が非常に大切となる。

今回のイベントを通して、Mさんの瞑想がかなり進む事は間違いなさそう。

6月24日にまた鹿児島で瞑想会をする予定なので、その時に再開するのを楽しみにしている(*^-^)


〜Mさんの感想〜

おはようございます。

昨日は有り難うございました。

ずっと引っ掛かっていた意識と思考の違いをハッキリと分かりやすく教えて頂きまして、(私自身の経験の中の出来事をきっちりと意識の部分、思考の部分と分けて教えて頂き)有り難うございました。

目からウロコでした。

私にとってこれからの人生の大きな転機になることと確信しています。

また、鹿児島での瞑想会も楽しみにしています。

朝夕の温度差の激しい今日この頃、どうぞお身体ご自愛下さい。

3月のナイトイベントのお知らせ

2017年2月17日(金) by キヨタカ

 みなさん、お久しぶり!
 
しばらく日誌から離れている間に、リーラスペースの遅咲きの梅も開き始めて・・・
Img_3152修善寺梅林は、観光客で大賑わいになっています。
 
 
ところで、3月の新宿ナイトイベントは、11日(土)に行うことになりました。
 
会場の都合で、ワンデーはありませんが、ぜひ参加してください。
 
その前に、来週の2月24日(金)に浜松でナイトイベントがありますよ!
 
静岡県にお住いの方は、ぜひご参集願います。

自由そのもの

2017年1月8日(日) by キヨタカ

 先日の瞑想会に、『○×の光』と言う新興宗教に傾倒されておられる方が参加された。
 
入信する事で、神様の光に浴する事で悩みも消えて幸せになるそうだ。
 
その宗教の事は良く知らないけれども、それで幸せになるなら素晴らしい。
 
思わず、
 
「じゃ、リーラスペースの瞑想会で語っている『恩寵の光』と同じですね!」
 
と語ったら、とても喜んでくれた。
 
 
「でもね・・・」
 
と続けて違いについて説明しようとしたけれど、タイミングを逃しそのままになってしまった(;д;)
 
 
『恩寵の光』とは、求めるべき対象物ではない。
 
他の人から与えらるものでもない。
 
それは、『今・ここ』に初めから燦々と降り注がれている大宇宙のエネルギーそのもの。
 
マインドは、過去や未来の出来事で忙しい。
 
『今・ここ』にいないのだから・・・
 
マインドがそれを受け取る事は出来ない。
 
それを知る事も出来ない。
 
 
しかし、その背後にそれを受け取れる人がいる。
 
それこそが、ハートの内奥に初めから存在する意識だ。
 
仮にそれを、魂と呼ぼう。
 
それは既に存在しているのだから、求める必要はない。
 
ただ既にそうであるものに目覚め、それに寛げばいい。
 
それに目覚めて、それに寛ぐ事、それが瞑想だ。
 
入信もお布施も教祖もいらない。
 
魂とは自由そのもの(*^-^)

タイミング

2017年1月6日(金) by キヨタカ

 年末年始を実家で過ごし、昨晩修善寺に帰宅。Img_3118
 
久しぶりに富士見荘(我が家)からみる今朝の富士山の眺めは、最高ヽ(´▽`)/
 
 
年末年始の実家はなんだかんだと慌ただしくて、4日のワンデー&ナイトイベント at 新宿の報告も書けず(ρ_;)
 
今ようやく、ほっと一息入れて、今から修善寺で正月気分を満喫するぞ!
 
(仕事初めで頑張っておられる方、ゴメンなさい(人><。)
 
 
今更で恐縮ですが、先日は新年のスタートを切るに相応しい瞑想会だった。
 
その中のエピソードを一つ・・・
 
Sさんは、今回初めて瞑想会に参加。
 
他団体の瞑想会にも参加した事はないと言う。
 
 
ところが、良く話を聞いてみたら・・・
 
なんと今から17年前のお正月(2,000年)に、私がアジズについて面白おかしく書いたブログの記事を、その当時読んだ事があると伺い驚いたヾ(*゚A`)ノ
 
あの当時はアジズこそ『史上最高の覚者』と惚れ込んで、某氏のブログをお借りしてその素晴らしさを紹介したのだが・・・
 
当時の瞑想仲間からは、ほとんど理解をして貰えずもどかしい日々を過ごした。
 
しかし何事も、タイミングというのがあるのだろう。
 
あれから、大勢の瞑想仲間がアジズスタイルの瞑想を学ぶ恩恵を受けている。
 
Sさんも17年の歳月を経て、ようやく瞑想会への準備が整ったのだ。
 
 
数秘術の誕生数が6(愛)のせいかどうかは知らないが、私はすぐに惚れ込むタイプ。
 
OSHO、アジズ、フーマン、五井先生、出口王仁三郎等々色々な覚者に惚れ込んで、その都度その内容をシェアして来た。
 
今、私はリーラスペースの瞑想会に惚れ込んでいる。
 
こんな素敵な瞑想会なのに、なかなかその良さを理解して貰えないけれども・・・
 
やはり何事も、タイミングだ。
 
 
タイミングを迎えた人がいつでも参加できるよう、今後とも地道に瞑想会を続けたい。
 
というわけで、来月の瞑想会は2月4日(土)という事で、宜しく(* ̄0 ̄)ノ

鹿児島イベント、無事終了

2016年11月13日(日) by キヨタカ

鹿児島ナイト&ワンデーイベンが無事終了。Photo
 
たくさんの方々に来て頂き、とても嬉しい(*^-^)

 
両日とも好天に恵まれ、しかも明日は68年ぶりの巨大なスーパームーン。
 
とてもパワフルかつアットホームなイベントだった。
 
 
瞑想は全く初めてという方もおられたので、ナイトイベントの出だしは 久々にホワイトボートを持ち出して、瞑想のABCを説明する事から始めたけれど・・・
 
ワンデーイベントの終わり頃は、ハートの奥深くにある神聖な次元への扉が開かれて、恩寵が燦々と降り注ぐ場となた。
 
 
これを契機として、時々は地方での出張イベントも企画したい。
 
その時は、皆さんよろしく!
 
PS. 実は今回のイベントの陰には、リーラスペースのリトリートに参加されたOさんの多大なヘルプがあった。
 
そんなOさんから、早速感想のメールを頂いたのでアップします。
 
 
キヨタカさん、お疲れ様でした。

通常の座禅から、気づきの明確化、ビーイングへのくつろぎ、そして最後はハートの次元へと導いてゆく、キヨタカさんのリードが素晴らしく、短い瞑想が段々、レベルアップしていくのを感じ、最後はちゃんとハートにくつろいでいました。
 
さすがですね。
 
久しぶりのキヨタカさんを見ながら、嬉しさについ、にやにやとしてしまうのです。
 
リーラスペースの場の次元の違うパワーには及ばないものの、帰り道、クラクラする感覚が続いているナイトイベントでした。

新宿ナイトイベント(10月)終了

2016年10月23日(日) by キヨタカ

新宿ナイトイベント(10月)が、無事終了。
 
毎回のイベントには、瞑想が初めての方、古参の方、久しぶりに参加される方など、様々な方々が来られる。
 
 
以前は「初めて瞑想をする方にも分かりやすい内容」を心がけていた。
 
そうすることで瞑想に対する敷居は低くなるけれども、瞑想の深さに関しては多少妥協せざるを得ないことが多かった。
 
最近のイベントでは、会場に降りてくるエネルギーにダイレクトにチューニングして瞑想をリードするようにしている。
 
すると自然にとても深い本格的な瞑想フィールドが出来上がる。
 
その中で、瞑想の初心者とかベテランとかはそれほど関係なく、共に深い瞑想体験ができる事がわかった。
 
外側のイベントの形は同じでも、私の中ではとても大きな違いを感じる。
 
内面の違いを表現するのは難しいけれど、つまりこういうことだ。
 
以前は、キヨタカが頑張って真実を伝えようとしていた。
 
今は、真実がキヨタカを通して伝えるべき事を伝えられるようになった。
 
 
来月の新宿ナイトイベントは11月26日(土)を予定している。
 
みなさま、参加をお待ちしています(*^-^)

リトリート終了〜Aさんの感想〜

2016年10月11日(火) by キヨタカ

 3デーズリトリートが無事終了。
 
鹿児島からわざわざ参加して頂いたAさんが、早速感想と鹿児島ワンデーイベントの申し込みのメールを頂いた。
 
当然の事ながら、一般に瞑想と言えばただ静かに座るというイメージが強い。
 
リーラスペースでは、意識の覚醒を加速化するために、様々な瞑想技法を状況に応じて行う。
 
体を動かしたり、ダンスしたり、呼吸したり等々・・・参加者の中には、「体を動かすことで、初めて生きている事を実感しました」と感想を述べる方もいる。
 
 
Aさんは初参加だったので、当初は少し驚かれたようだが、すぐに体を動かす事の重要性を理解されて、トータルに参加していたようだった。
 
 
トータルになればなるほど、瞑想は深くなる。
 
わずか3日のリトリートでハートの次元まで体験されたようで、とても喜ばしい。
 
11月に、鹿児島で再びAさんとお会いできるのが、楽しみ♫
 
〜Aさんの感想〜
 
3日間にわたってのリトリート、ありがとうございました。
 
初めてこういうイベントに参加したので、予想と違う所が多くて面白かったです。とくに、座ることが多いと思ってたら、体を動かすことが多くて驚きました。静かに座るというより、グッタリして座るといった感じでした(笑)
 
今回リトリートに参加したおかげで、自分の感覚があっていたことが分かり、自信を持つことができました。
 
また、内側も外側も消えて、ただ在るだけの感覚を体験することができ、一歩前進できたことを喜んでいます。ハートの瞑想でも、宇宙全体に広がり、私が中心と感じると自然と涙が出てきました。
 
色々とおもしろい経験をさせて頂き、本当にありがとうございます。
 
ところで、鹿児島である瞑想会の日曜日の方に参加したいのですが、まだ空きはありますか?
 
 
まだ空きはあります。
 
九州にお住いの方は、ぜひご参加下さい!

より以前の記事一覧

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ