カテゴリー「映画・テレビ」の記事

時間泥棒

2018年11月6日(火) by キヨタカ

9999000103159_1l

 「ヒェ〜shock  今年も2ヶ月を切ってしまっった!」
 
「ろくに何もしてないのに、時間が足りない(^_^;)」
 
年末が近ずくと、恒例行事となっているこのお馴染みの焦燥感。
 
これって、もしかしたら「時間泥棒」に時間を奪われたせいかも知れない。
 
かなり古い映画だけれど、ミヒャエル・エンデ原作の映画「モモ」を見てそう思った。
 
 
『時間が足りない!」というこの独特の焦燥感って、一体いつ頃から感じ始めたのだろう?
 
幼稚園の頃は、そもそも「時間」というものは殆ど意識しなかった。
 
最初の鮮明な記憶は、小学校2年生の夏の終わり。
 
あと数日で夏休みが終わるのに、夏休みの宿題に全く手をつけてなくて・・・。
 
「ヒェ〜shock 」、と焦る感覚が初めて生まれた。
 
つまり小学校の低学年から、既に「時間泥棒」に時間を奪われ始めていたのだ!!
 
 
物語によれば、犯人は「時間貯蓄銀行」と称する謎の灰色の男たち。
 
時間が盗まれた人々は心の余裕を失ってしまうが、不思議な力を持つ少女モモの活躍で、灰色の男たちをやっつけて奪われた時間を取り戻す。
 
物知りの評論家によると、「灰色の男たち」とは「利息」の事であり拡大再生産をベースとした現代の「貨幣経済」の矛盾を突いた物語だと言う。
 
『童話作家が純粋無垢な子供達に対して、そこまで突っ込んだ物語を書く訳ない!』
 
とツッコミを入れたくなるけれど、・・・作者のミヒャエル・エンデ本人がその事を認めているらしい。
 
 
しかも、時間を取り戻す方法が凄い!
 
「時間の領域の外の世界」にある「どこにもない家」に入り、時間を管理するマイスター・ホラに出会う。
 
そして、なんと・・・
 
『時間を止める』
 
と言う奇想天外な大作戦を決行するのである!!
 
 
「灰色の男たち」は、他人の時間を奪うことで生き延びている。
 
時間が止まってしまい時間を盗めなくなった結果、持っている葉巻が無くなると同時に消えてしまい、めでたく時間を取り戻すのである。
 
「時間の領域の外の世界」とか「どこにもない家」とか、「時間が止まる」とか・・・
 
これって、まさに瞑想そのものの世界ではないか(@Д@;
 
私もさっそく目を閉じて瞑想に入り、めでたく「時間泥棒」から時間を取り戻すことに成功した(*^-^)。
 
 
もし小学校2年生の夏休みにモモを読んでいたら・・・時間に追われる焦燥感に悩む必要のない悠々自適の人生を送れたかも・・?
 
しかし、おそらく小学生の時に読んでも理解不能だったろう。
 
そもそも学校というシステムそのものが、実は時間泥棒の一味だったとは、親はもちろん学校の先生ですらご存知あるまい。
 
ましてや子供がそれを知る事は不可能に近い。
 
無知は、無知故の苦しみを体験してこそ、初めてそこから抜け出す事ができる。
 
だからこの長年に渡る焦燥感も、その為に必要な体験だったと言える。
 
 
時間泥棒を生み出す資本主義社会は、個人の意識を超えた集合的無意識の領域に深い影響を及ぼしているから、そこから抜け出すのは容易ではない。
 
還暦を過ぎてなお、初めて条件ずけされていた事に気づくことが多々あり、自分でもびっくりする事が最近多い。
 
時間泥棒に奪われていた時間の事も、それが条件ずけだと言うことが明確になったのはつい先日の事。
 
精神世界の成長の遅さにウンザリしそうになるが・・・「還暦を過ぎてなお成長し続けている」とポジティブに捉えよう。
 

ワイルド、ワイルド、カントリー

2018年4月7日(土) by キヨタカ

 昨日の日誌にコメントが入った。
 
あれ?まだ続きますか?
 
はい、昨日の続きです 。
 
どんな映画なんだろう~?

 

 
 
ネットの映画画配信サービスの大手『Netflix』オリジナルのTVドキュメント。
 
1編1時間を超えるドキュメントで、6編まである。
 
主に、OSHOの実験都市ラジニーシプーラム(1982〜1985)時代の、コミューンとアメリカの対立を時系列を追ってドキュメントしている。
 
 
 
コミューン側とアメリカ側のお互いの立場を比較的偏らずに描いているので好感が持てる。
 
また事件の真相と闇の部分を、余計なコメントをせずにプレゼンテーションしようとする姿勢が素晴らしい。
 
OSHOの教えが人類の精神史上画期的なのは、こうした試練を通り抜けてきた結果である事を思うと、実に感慨深いものがある。
 
 
当時関わった人は、あの時代を振り返る絶好のチャンス!
 
バグワン時代を知らない人も、OSHOに興味のある方は必見だ。
 
 
但し不快な部分や衝撃的な内容もかなりある。
 
OSHOの事を嫌いになる人もいるかも知れないが・・・。
 
闇の部分から目を逸らさない事で、真実の光はより本物として輝くのではなかろうか?
 
 
残念ながら、「OSHOが逮捕されてから刑務所を引廻されている間に毒を盛られたのでは?」と言うアメリカ政府の陰謀疑惑が欠如しているのが不満だけど・・・
 
そこまで描こうとすると、アメリカ側の協力も得られないだろう。
 
制作側の大人の事情も色々とあるだろうから、仕方あるまい。
 
視聴するにはNetflixに申し込む必要があるが、1ヶ月間はお試し期間で無料なのが嬉しい。(日本語字幕あり)
 

メッセージ

2017年6月5日(月) by キヨタカ

先日、映画通のOさんからメールがあった。Unknown
 
何カ月か前に、何か良い映画はないか?と言われてましたが、
ブレードランナーの続編を監督する人の映画で「メッセージ」は非常に哲学的でスピリチュアルなもので、好き嫌いは別にして傑作です。
 
機会があったら、よがびじゃさんと見に行ってもらいたいです。
 
 
映画に限らず、通好みの嗜好は独特の感性があるので、必ずしも一般受けはしない。
 
だから、あまり期待はしなかった。
 
しかし、ブレードランナーの続編を監督する人との事で俄然興味が湧いて、昨日三島の映画館へ。
 
 
映像、音楽、ストーリー展開や、俳優の演技等々全てが揃っているので「良作」である事は間違いない。
 
しかし手放しで「傑作」と言えるには、何かが足りない感じ。
 
「面白かったけど、70点台だね」
 
との感想を抱きつつ、昨晩は早めに就寝。
 
 
おかげで今朝は早めに起きて、長時間瞑想。
 
瞑想中に・・・
 
「あの映画で足りないものは何か?」
 
の考えが浮かんでは消え去る。
 
(↑ 考えるのは瞑想ではないゾ!と突っ込まないでネ)
 
 
瞑想が終わってコーヒーを飲んでいたら、
 
とんでもない洞察が降りて来たw(゚o゚)w
 
映画を見た直後に感じた、例の? ? という奇妙な余韻。
 
その何か足りない感覚は、実は映画ではなく 私の理解の方だった(ノд・。)
 
自分の理解を上回る稀有な映画と出会った時に味わえる、あの独特の余韻を久しぶりに味わえたのである。
 
 
この映画は、「ブレードランナー」や「マトリックス」に匹敵するSF映画の金字塔である事は間違いあるまい。
 
オリジナルの短編小説のタイトルに「あなたの人生の物語」とあるように、非常にプライベートな個人の意識の変容を扱っていながら、それが普遍的な人類の進化の方向性を示唆するメッセージにもなっている。
 
「神は様々な媒体を通して、絶えず人類にメッセージを発している」と聞いたことがある。
 
この映画をハートを通して鑑賞すると、あなた個人と人類の方向性について神の明確なメッセージがはっきりと聞こえてくるかも知れない。
 
 
 
意識の目覚めと成長に関心のある方は、必見ですよ!!
 
PS. 老婆心ながら、謎解きの面白さもあるので、ネタバレ解説等はなるべく見ないで映画館に直行して下さい。

ガタカ

2017年5月10日(水) by キヨタカ

 リトリート終了後、居残ったスタッフと映画を見る事になり、私の好きな映画で皆んなが見た事がないものを幾つか提案。

77502e55

 
結局誰も知らないとの事なので ガタカを見る事にした。
 
20年前のSF映画で、遺伝子操作が当たり前に行われる近未来を描いている。
 
 
近未来では、デザイナーベイビーとして誕生し優れた能力を備えた者が「適格者」呼ばれ優遇されている。
 
その一方で、自然妊娠で生まれた者は「不適格者」と呼ばれ、様々な差別を受けていた。
 
主人公のヴィンセントは「不適格者」でありながら、「適格者」のみに許されている宇宙飛行士を目指す。
 
うまいこと「適格者」を装う事に成功し、念願の宇宙飛行士に選ばれるのだが、そこに殺人事件が起こり・・・
 
 
やや抑え気味だがよく練られたスリルとサスペンス、さらに「遺伝子操作」に対する倫理的な問題提起も喚起する傑作だ。
 
「とても良かった」とスタッフから言われて・・・嬉しかった。
 
まだ見ていない人は、ぜひ見て欲しい。
 
個人の自由意志は、あらかじめ定められた運命を凌駕する可能性を描いた良作だ。
 
* *
 
PS この映画が創られた20年前は、まだヒトのゲノム全解析は当分先と思われたいた時代だ。
 
ところがそれから数年後に急激に技術が進歩、2003年にはヒトゲノム完全解析に成功。
 
さらに5年前に伝子組み換え技術に革命(クリスパー)が起こり、誰でも簡単にゲノム編集出来るようになった。
 
その事については、次回の日誌で・・・
 

永遠のヨギー

2017年4月26日(水) by キヨタカ

ヨガの世界では、おそらく最も尊敬されているマスターの一人であるヨガナンダに関するドキュメンタリー映画「永遠のヨギー」を昨晩鑑賞。

映画冒頭の導入シーンは圧巻。

美しい映像とナレーションのインパクトが強烈で、何度も見返したくなる。

 

まず、母親の子宮を象徴する海のシーンからスタート。

「母のお腹の中で 私には意識があった

母の体の動きを感じていた

自分が無防備な状態だということに気づいていた・・・」

「この肉体・・・骨の束は私ではない」

「私は霊的理解の存在だと気づいていた」

・・・

と、ヨガナンダの回顧のナレーションが続く。

「目に見える人間は影なのだ

自分の意識を変えた途端 すべてが見えた

まるで映画のように・・・

そして映画を映し出す光源の方を振り返るヨガナンダが登場。

映画のタイトル:AWAKEが大きく映し出され、目覚めよ!と呼びかける。

 Awake_facebook_profile_2

 

観る者の心を鷲掴みにする、素晴らしい出来栄え!

 

映画自体は、ドキュメンタリーのせいもあり、割と淡々としているが、それでいい。

ヨガを西洋に広めた先駆者として、アメリカでの活躍と苦悩が主に描かれている。

 

母親の胎内にいる時から意識的で居られる程の霊格の高い人だった。

「だっだらそんなに苦労ぜずに、もっと人生を楽しめよ!」

と私なんかはツッコミたくなってしまうけど・・・

個人の意思を超えた天命に突き動かされ行動するヨガナンダのような人間は、我々の想像を超えた苦悩に直面せざるを得ないのだろう。

 

時代を切り開く先駆者達は、いつの時代でも苦悩が多い事を改めて思い知らされた。

肉体を離れる時のエピソードも、心を打たれる。

こうした先駆者によって開拓された道があるからこそ、我々は安心して楽しみながら精神世界の旅を満喫する事が出来る。

実に有難い。

精神世界の探求者には、ぜひお勧めの一本である。

   

知らない方が・・・

2017年4月11日(火) by キヨタカ

今話題の映画:「ゴースト・イン・ザ・シェル」をヨガビとMさんと見に行った。
Maxresdefault
 
話題といっても、「アメリカ公開で大コケ」という話題なので、見るのに多少の勇気が必要だった。
 
映画館まで行くのは、久しぶり。
 
「ゴースト・イン・ザ・シェル」は士郎正宗原作のSF漫画「攻殻機動隊」が原作で、原作、アニメ、劇場版といずれも人気作品。
 
熱狂的なファンも多い。
 
ヨガビやMさんもかなりのファンで、よく話題になる。
 
せっかく見に行くなら迫力満点のIMAXの3Dにしようと、わざわざ湘南までドライブ。
 
夫婦50割とシニア割引を使える身分になったので、懐に優しい年齢となり 嬉しいやら悲しいやら(;д;)
 
 
 
主演のスカーレット・ヨハンソンの演技がとても良く、私は結構楽しむ事が出来た。
 
「前評判と違って結構面白かったけど、どう?」
 
映画観賞後に2人の感想を聞いてみたけど、聞くまでもなく2人ともイマイチな様子がありあり。
 
2人とも既に「ゴースト・イン・ザ・シェル」の世界をアニメ等で堪能している。
 
その独特の世界観と深い哲学性に2人ともハマっていて、私からすると攻殻マニアの域に達している。
 
だからそれと比べて、どうしてもこの映画は残念という事らしい。
 
 
私の場合は彼らと違って殆ど何の予備知識もなかった。
 
それが、映画を楽しむのにむしろ良かったみたい。
 
『無知は罪なり』とはソクラテスの言葉だが、映画に関しては、何の期待も予備知識もない方がシンプルに面白く感じるようだ。
 
そういえば、『無知の知』と言う言葉もソクラテスだったと思う。
 
知らない方が幸せ、と言う事も人生には多い。
 

自分の大きさを知りたい

2016年12月25日(日) by キヨタカ

 今朝は、久しぶりに朝寝坊してしまった(ρ_;)

と言うのも、クリスマス・イヴで飲み明かしたから・・・ではない。

夜遅く、iPadでお気に入り番組のコズミックフロントにハマッてしまったから。

 

今回のテーマは伊能忠敬。

伊能忠敬は、江戸時代に世界トップレベルの詳細な日本地図を創った人として有名だが・・・

実は、コズミックフロントに登場するにふさわしい超天文マニヤ。

「地球の大きさを正確に知りたい!」という夢に取り憑かれ、50歳で隠居。

余生を趣味の天文学の勉強に捧げようと江戸へ出て、20歳も若い幕府天文方の高橋至時(よしとき)に弟子入り。

地球の大きさを正確に測るために、

「蝦夷地(北海道)で恒星の南中仰角を測ることが必要」と考え、

蝦夷地へ行く許可を得るために『地図作成』を名目として考えたと言うから驚き。49462a8c

 

つまり、彼の『詳細な日本地図作成』という偉業は、地球の大きさを測るついでだったと言うことになる。

そして、最終的には地球の大きさを1/1.000の誤差という驚異的な正確さで確定!!

(ちなみに忠敬の測定結果は、39.960km。実際は40,000kmというが、何だか忠敬の測定結果の方が正確に感じるのが可笑しい)

 

緯度は恒星の南中仰角に頼れるが、経度を測るのはさらに至難の技だったそう。

そこで、場所による月食の進み具合の差を測ったり・・・

さらには、なんと木星の衛星食の観測まで試みたそうだ。

そこで参考にしたのが、ガリレオが観測した衛星食の周期表だったというから、時空を超えたスケールの大きに感動した。

 

伊能忠敬と言えば、勤勉で真面目で努力家で、ストイックで・・・ 小中学校の道徳の時間に真っ先に紹介されそうな人物。

とても立派な人には違いないけど、どこか近寄りがたい人物に感じていた。

しかし実際は、なんともロマン溢れる夢を追い求めていた側面がある事を知り、とても嬉しかった。

 

そもそも、地球の大きさを正確に知ったからといって、日常生活に直接役立つ事はない。

しかし、そうした日常のサバイバルとは直接関係ない事に情熱を注げられるのが、人間の人間たる素晴らしさだ。

「地球の大きさを正確に知りたい!」

それが、伊能忠の夢だった。

とすれば、私の夢は・・・

「自分の大きさを正確に知りたい!」

という事なのかもしれない。

 

自我を手放し、自我の限界を手放す。

そして、 大いなる存在に身を委ねた時・・・

本当の自分の大きさは・・・時空を超えて、無限に広がる。

それを知ったからと言って、日常生活に直接役立つと言う事はない。

しかし、それこそが全ての夢とロマンの行き着く先なのだろう(*^▽^*)o

限りなくシンプル

2016年12月15日(木) by キヨタカ

 今日は、母の94歳の誕生日。
 
先ほど電話したところ、とて元気そうだった。
 
 
年相応に記憶力は多少低下しているけれども、頭は相変わらずしっかりしている。
 
今年の初めに、大腿骨骨折をしたにも関わらず、今は杖なしでも歩けるようになった。
 
私が健康である事に自信が持てるのも、長生きしている母の存在に負う所が大きい。
 
 
随分と長い人生のようだが、母に言わせるとアッと言うまの94歳だとか。
 
私自身、アッと言うまに還暦を迎えたのだから、例え120歳まで生きたとしても、アッと言うまなのは確かだ。
 
この短い人生を、混乱したままわけが分からずにアッと言うまに死を迎えると言う事は何としても避けたい。
 
 
私たちは混乱した世界で
 
   生きている
 
 選択肢はあり過ぎ
 
 時間は少な過ぎる
 
 何が必要?
 
 誰を愛する?
 
 
マニアックなブラックユーモア溢れるSF映画『ゼロの未来』の冒頭の言葉だ。
 
人生は矛盾に満ちていて、思い通りの人生を歩む事は難しい。
 
 
今日は珍しく、ヨガビと一緒に映画:『ゼロの未来』を見た。
 
某ブログで:
 
生きるとは――、愛するとは――。人生の謎を解く数式「ゼロ」に挑む人々が、生きる意味と真実の愛にせまる近未来ヒューマンドラマの最高傑作。
 
と書かれていたので、とても興味を惹かれたのだが・・・
 
私の思い通りの内容ではなかった(ρ_;)

 

しかし、監督のメッセージは伝わった。

人生に、答えを見出そうとすると複雑な難題となる。

それは、ちょうど数式「ゼロ」を解こうと四苦八苦するようなもの。

しかし謎を謎として謎に身を委ねると、ただ生きていると言う現実そのものに幸せが潜んでいることを知る。
 
本当の幸せは、限りなくシンプルなものである。



瞑想とDNA

2016年8月29日(月) by キヨタカ

 昨日から、早朝ひぐらしの声を聞かなくなった。
 
庭には彼岸花が咲き、駐車場には栗が沢山落ちていて・・・Photo
 
もうすっかり秋の気配。Photo_3
 
 
毎年、季節の変わり目には風邪を引いたものだが、最近はそういう事がない。
 
ここ数年は、体調が悪くなって寝込んだりした事もなく、病気を全くしなくなった。
 
風邪や病気は、肉体が本来の機能を回復させる自然治癒力のなせる技だから、ある意味とても大切だ。
 
『もしかして、病気になれない病気にでもなったのか?』
 
と、少しばかり心配していたが・・・
 
 
先日のサイエンスZERO を見てひと安心。
 
番組によれば、瞑想により海馬や扁桃体といった脳の構造が変わるだけではない。Img_0118
 
なんと、病気やストレスに関係してる遺伝子の活動までも変わる事が明らかになった!
 
 
世界的な脳科学者リチャード・デビットソンによれば、わずか1日瞑想しただけで、RIPK2遺伝子の活動が劇的に変化した事を突き止めた。
 
RIPK2遺伝子の活動が抑えられる事で、老化や肥満、ガン等も抑えられるそうだ。
 
 
ウーン、素晴らしいヽ(´▽`)/
 
そういえば、毎年私を苦しめる花粉症だが今年の春はほとんど発症しなかった。
 
これも、おそらく花粉症に関わる遺伝子が変化した結果ではなかろうか?
 
 
冗談交じりで、『120歳まで元気で生きるぞ!』と日々豪語してるけれど・・・
 
瞑想により、サーチュイン等の長寿遺伝子を活性化すればいい。
 
さらには、生物の寿命を決定するというテロメア自体を引き延ばす事だって可能だろう。
 
 
人間の可能性には、驚くべきものがある。
 
病気知らずで健康で長生きする肉体を手に入れる事が、瞑想と科学が相互に影響しあう事により可能な時代に入ったのだ。
 
瞑想で『在るだけで幸せ』になれるのだから、さらに『健康で長生きする肉体』なら、鬼に金棒である。
 
魂が金棒のように丈夫で健康な肉体に宿れば、世界は文字通り天国となる(* ̄0 ̄)ノ

脳の可塑性

2016年8月27日(土) by キヨタカ

最近、運動神経が良くなった。
R258
 
ダイエットに成功して体が軽くなったせいもあるが、ウィンドサーフィン練習の成果が如実に現れたせいだと思う。
 
 
今からちょうど15年前、ヨガビとディンギ(超小型ヨット)に乗った事がある。
 
風や波の変化に応じて、適宜身体を動かして艇のバランスを保つ必要があるのだが・・・
 
動こうと思っても、艇に身体がデーンと張り付いてしまって全くバランスが取れない。
 
『まるでタヌキの置物ネ』
 
とヨガビに笑われてしまった(ρ_;)
 
 
それが今では、どうだ(* ̄0 ̄)ノ
 
「俺って、もしかしてロビー・ナッシュ?」
 
と思うくらい、ウィンド界のレジェンドを彷彿とさせるジャイブが決まる事すら・・・
 
ごくたま〜にある。
 
 
ヨガビに笑われた当時の年齢は47歳。
 
還暦を過ぎた今の方が、遥かに運動神経が良くなったのである。
 
ついでに言うと・・・
 
五合目から富士山に登ろうとして六合目でギブアップしたのは、確か45歳の時。
 
体力も、今の方が遥かに上廻っている。
 
「運動神経や体力は、年齢とともに不可逆的に衰える」
 
というのが世間の常識だ。
 
「俺は少し変じゃないか?」
 
と少しばかり心配していたのだが、先日の番組を見て納得。
 
 
2004年に、『脳の可塑性』が発見されたそうだ。
 
つまり、脳は使う事により、例え高齢の人でもそれなりの変化が起こり、向上すると言う。
 
そして、瞑想により、脳の機能が変化する事が証明されつつあるんだとか。
 
だから、私の運動神経が還暦を過ぎて良くなった事は、決して変な事でも不思議な事でもなく、至極当然な事なのだ。
 
『脳の可塑性』の発見は、青春時代のピークを過ぎて『人生はこんなものか』と諦めかけている人々に大きな希望を与えてくれる。
 
そして、瞑想こそが『脳の可塑性』の最大の肝だと、番組が言うのだから嬉しい限りだ!

より以前の記事一覧

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ