ところ変れば

2018年12月10日(土) 曇り


今朝、久しぶりにコメダ珈琲に行きました。

昨日調べたら、朝7時から営業している喫茶店は近所(車で30分)ではコメダしかなくて、名古屋のモーニングも懐かしかったので7時20分に家を出て7時50分過ぎに到着。

読みたい本は持ってきたけど混んでいて賑やかだったら、あまり読めないかな〜?と思っていたのですが・・・

がらがらでした。。( ̄◇ ̄;) エッ?

正確には1名先客がいました。
 
この時間帯でがら空きのコメダは初体験。
おかげで独りを気にせず4人掛けの席に座ることができましたけど。

本当に、ところ変ればなんとやら、、ですね。

さて、他にも名古屋では目にしたことのないものが店内にありました。

 
181210_075939_3
この絵
 
 小さな窓の横の
 角のスペースに 
 座ったのですが、
 前方25度あたりで
 視線を感じるのです



カラフルな色が楽しくて、

この太々しいくつろぎっぷりがなんともいえず... @()@ ジー

すごく気に入ったので、これからはここを指定席にするつもりで珈琲チケットを購入して帰りましたrvcar

自然に感応すると

2018年12月8日(土) 晴れ


Fuji_6











眼前に広がる自然と対峙して

自ずと内面が整っていくのを感じるときがあります


言葉を介さない

感応 というのでしょうか


刻々と流れる連続した一瞬の中で

時に属さないものの存在を感じます


そして、未だ気づけないなにかを感知したい衝動が

自分の中に芽生えるのを感じます


早朝の虹

2018年12月5日(水) 晴れ


キヨタカの実家から戻りました。

昨日は早朝からこんな虹が見られました。


Pc040030 めずらしく 
 富士山サイドに
現れた虹
 
 霧雨の中
 雲間から上る
 お日さまの光で生まれた虹です

 すぐに消えてしまうと思い
 慌てて持ってきたカメラでは
 全景が撮れなくて、残念
 大きくて鮮やかな虹でした


昨日の朝は、身近な紅葉した木々も見慣れた城山の麓の街並みも霧に包まれて、住宅が点在する小高い山並みも霞がかって幾重にも重り、なんとも幻想的な光景でした。そして虹。

以前、某所の天空の城と呼ばれる美しく幻想的な写真を目にしては
いいな.... (* ̄ o ̄)魅入っていましたが、自分がそこにいると案外気づかないものかもしれませんね。

お出かけ

2018年11月28日(水) 晴れ  

 

Pb280028_4  綿帽子  
 かぶった富士に 
 見送られ 
 
 
 
 
キヨタカの実家に行ってきます
rvcar 

 

あたたかで、うれしい

2018年11月22日(木) 曇り時々雨 
 
 
2日前に実家から戻りました。 
 
父は数日前に誕生日を迎え86歳になりました。 
 
一日5000歩超えを目標に散歩しまくっていた夏の頃に比べ、最近はそれほど歩いてはいないとのこと。それでも3000歩はほぼ毎日歩いているようので年齢を考えれば十分だと思うのですが、、 
 
猛暑の夏より爽やかな秋の方が散歩に向いてない?
(ー’`ー;) 
 
というのが正直な気持ち。
 
まあ、父の理解に苦しむ行動は今に始まったわけでなし、今が良ければ良しとしよう。。 
 
 
そんな父とバス停まで歩きながら、 
 
 
よがび:お父さん、そろそろ杖を使った方がいいんじゃない? 
 
    転ばぬ先の杖って言うでしょ?
(  ̄。 ̄) 
 
 
父:失くすから、いらん・・・
( ̄⊥ ̄)
 
 
よがび:(そう言うと思った…) 
 
     でもよくそんなにふらつきながら(※注)
 
     人混みの名古屋駅を歩いてるよね?
;- ̄)=3

 

父:よろめくとどこからか手が出てくるんだ・・・ ( ̄⊥ ̄)   

 
 

ああ、どこのどなたか存じませんが 
 
父がお世話になってます
(_ _ ;)> 
 
 

これを聞いたとき昔よく聞かされた
 
「人」という字はね、支え合ってできているのよ。。 

 
ふと頭を過ぎりました。 

 
なんかいいですよね、、 

知らない同士が足早に通り過ぎる駅前で、流れに乗れずに自分時間の中で歩いている年寄りに思わず手を差し出してしまう光景。 
 
甘えすぎてはいけないのかも知れないけど、 
あたたかで、うれしい。 

 
※注… 傍目には危なかしく見えますが、 
   父はつまずいても傾いても妙な復元力があります。 
   体が柔軟なせいかもしれません。 

庭で出会ったもの

2018年11月11日(日) 晴れ 
 
今日もムカゴを求めて庭をうろうろしてました。( _)   ナイカナ...?
 

 

Img_2056 庭木の下には 
 赤い実 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Img_2063
 立ち上がって 
 見上げれば 
 白いバラと青い空 
 
 
 
 
 
 

 
Img_2067 
足元には 
 菊の花 
 
 
 
 
 
 
 
 

Img_2072 しゃがむと
そこにも 
 小さな空 
 
 

  
 

 
 

 
 
Img_2080 車の上に 

 カマキリ 
  
 
 
 
 
 カマキリって 
 どっちから見ても 
 かっこいいと思う
shine 
 

秋の楽しみ

2018年11月9日(金) 雨 
 
この季節のうちの庭にはひとつ楽しみがあります。 
 
それはムカゴ探し。(p_-) 

 
小さくてそっと触れないと簡単に落ちてしまうし、大きなものは高く伸びた庭木の上の方に実っていて、でも手が届かなくて、、 
毎日モヤモヤして眺めています。
(  ̄。 ̄; ) ホシイ...
 
先日、ムカゴご飯1回分の量が収穫できておいしく炊けたので、今度は実家に行くときに作りたくて毎朝探してます。 
 
Img_2039 せっせと集めたけど 

 まだこれしかなくて 
 足りません^^;
 
 
 
 
 
 
 

 
 
今朝も黄色く色づいたムカゴの葉っぱを求めて歩いていたら、葉っぱの上に小さなポチッとしたものがありました。 
 
Img_2018 かたつむり
 2ミチくらいかな? 
 見つけたときは殻だけ? 
 と思ったけど、
 
 デジカメを取りに行って戻ったら 
 ちゃんと葉っぱの上を散歩中 
 
 
 
 

Img_2030 
視線が気になるのか 
 落ち着かないようなので 
 撮影は
早々に終了 
  
 
 
 

 
 ただこれだけのことで 
 心は和むものですね
note   

いつでも何度でも

2018年10月21日(日) 晴れ 
 

<千と千尋の神隠しより> 
 
呼んでいる 胸のどこか奥で 
いつも心躍る 夢を見たい 
 
かなしみは 数えきれないけれど 
その向こうできっと あなたに会える 
 
繰り返すあやまちの そのたび ひとは  
ただ青い空の 青さを知る 
 
果てしなく 道は続いて見えるけれど 
この両手は 光を抱ける 
 
さよならのときの 静かな胸 
ゼロになるからだが 耳をすませる 
 
生きてる不思議 死んでいく不思議 
花も風も街も みんなおなじ 
 
呼んでいる 胸のどこか奥で 
いつも何度でも 夢を描こう 
 
かなしみの数を 言い尽くすより 
同じくちびるで そっとうたおう
 
閉じていく思い出の そのなかにいつも 
忘れたくない ささやきを聞く 
 
こなごなに砕かれた 鏡の上にも 
新しい景色が 映される 
 
はじまりの朝の 静かな窓 
ゼロになるからだ 充たされてゆけ 
 
海の彼方には もう探さない 
輝くものは いつもここに 

わたしのなかに 見つけられたから 
 

 
 
 

***  
 
 
久しぶりに胸に響いたかな。 
何年か前に観たときは、さほど記憶に残っていなかったのに。 
 
切なさとやさしさが入り交じり綾なすようで、悲しみとともに生きていくことの強さも感じられました。 
 
ひとは思い出すために忘れているのかもしれない。 
 
…感じたことを言葉にする限界を感じます。 
 
また映画を観たくなりました。
 

忘れもの

2018年9月3日(月) 雨 
 
さっきアピタへ買い物に行きました。 
 
本当は明日の火曜特売に行きたかったけど、台風の接近で明日は大雨になりそうだから仕方なくですけど。。 
 
当然、野菜をはじめ色々とお値段は高め。 
舞茸が欲しかったけど小さなパックに148円も出す気になれなくて、もやし(28円)に変更。 
 
そして最低限必要なものだけをカゴに入れてレジに向かおうとしたけど、卵が少なかったことを思い出し卵売り場に行きました。 
 
そして普段よりも安くなっていた1パック198円の卵を手に取ったのですが、毎日は食べないし「もやしで節約したから卵くらい良いものを♫」と278円の地養卵を買いました(←節約になってない) 
 
そしてレジで会計を済ませエコバックに詰める時、卵を一番上にしたくて脇によけておき、そのまま台の上に忘れて帰ってきました。。
 
 
いったい、何回目だろう・・・_| ̄|○  

 
レシートを確認してさっそくアピタへ問い合わせたら、「はい、届けられていますよ(^-^)」と明るい女性の声。 

 
ああ、日本っていい国だ。。(T▽T)

 
最近、もの忘れがひどいです。 
 
でもそのおかげで、自分がやさしい世界に身をおいていることを感じられて、失敗も悪くないなあ〜と思えて。。 
 
もちろんこのまま認知症まっしぐら...なんてことにならないように気をつけたいし、そして、自分の失敗にも他人の失敗にも寛容でいたいなと思いました。^^

モーニングからキツネまで

2018年8月25日(土) 晴れ 
 
明日電車で出掛けるため、時間調整のために立ち寄れる喫茶店を探していました。 
 
名古屋なら朝7時から営業してるお店は少なくないのですが、三島近辺だとあまりみつからなくて。。 
 
それでもやっと9時からオープンしているお店を見つけてホームページを開いてみたら「モーニング」の文字。 
 
久しぶりに喫茶店モーニング
 とテンションが上がったのですが、、 

 
コーヒー650円・・・? 
 
なんですとっΣ( ̄□ ̄
; ) !!
 
モーニングってコーヒー代だけでパンや卵、サラダがタダでついてくるのが常識な名古屋人なのでびっくりです。 
  
でも冷静にメニューを見てみるとA・B・C・Dの4つのコースから選ぶことになっていました。そうだった、、名古屋以外ではこれが普通でしたね。 
 
以前キヨタカと伊豆に引っ越してきた頃、熱海で初めて立ち寄った喫茶店でコーヒーを頼んだら、トースト、天ぷら、刺し身、茶碗蒸し、スープ…(多すぎてあと忘れた)次々出てきてびっくり! 
頼んでませんけど…とおずおず言うと「サービスです」とのこと。 
 
私は大喜びだったのだけど、キヨタカはコーヒーに合わないものを出されて、お腹も空いてないしと迷惑顔....
(ー’`ー;) 
 
この時も自分が名古屋人であることを痛感したのでした。 

 
私にはちょっとした楽しみなんです。 
初めての喫茶店ではどんなモーニングが出てくるか。 
(喫茶店のモーニングとはコーヒー代
だけ←自論) 

 
コーヒーに合う合わない抜きで、楽しいじゃないですか、
ヤクルトだったり、ヨーグルトだったり、味噌汁だったり、、、 
 
ちょうど「ガチャ」みたいな感じ?。 
なにが出るかわからないからやってみたい。 
 
そういえば、父とたまに行く日帰り温泉のエレベーター前にガチャのコーナーがあります。 
 
たまに父がじーっと見ているので、やってみる?と300円差し出すと恥ずかしいのか、 

 
やればええに・・・ ( ̄⊥ ̄;
 
というので、私がトライ。 
出てきたのはキツネのキーホルダー。 
 
何種類かのキツネがあったのですが、なぜかキツネがたぬきっぽい着ぐるみをきた不思議系。可愛いですけどね。。 
 
父いわく、 
 
最近年寄りがこういうのよくつけとるな・・・
 ( ̄⊥ ̄) 

 
というので父にあげることにして、ショルダーバックのベルトに付けようとしたけど太すぎて悪戦苦闘。 
 
すると、これ・・・
 (* ̄⊥ ̄)ノ と、100均の布袋を差し出すのでその持ち手につけました。 

翌月実家に行くと、いつものショルダーバックには器用に付けられたキツネのキーホルダーがぶら下がっており、、 
 
父、こういう性格だっけ?
 _; )と。。

 
人って、長年暮らした家族のことさえよく知らないで、その人のほんの一部だけをその人の全てのように受け取って、正しいとか間違ってるとか大騒ぎしているんだな〜とつくづく。。 
 
全方位から相手をみて100%問答無用で憎める人なんて、そうはいないような気がします。

«親と子

メインホームページ

リンク