« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

平凡という才能

2016年6月15日(水) 曇り by ヨガビジャ 
 
 
 

*** 
 
 
天才と凡才は同格である、 
 
役目が違うだけ。

天才は偏りがあり魂がアンバランスだが、

特定の分野で才能を発揮する、

凡才は魂のバランスが良く中庸が作れる。

平凡は才能なのです。

 

多くの人が天才に憧れて、天才でありたいと思っている。

でも実際は、誰でもが非凡な才能を持っている、

天才と言われるか否かは、

「努力」と「運気」の差でしかない。

天性の才能を持っていても、それを磨く努力をしているかどうか、

ちょうどいいタイミングで運気が動くかどうかです。

 

たとえ才能を活かせなかったとしても、

あるいは平凡を望んでいたとしても、

それはそれで幸せなことなのです。

 

多くの人は平凡と言われることに抵抗がある。

でも実際は平凡であることの幸せ感や

平凡だからこそ出来ることが多いことを知るべきです。

特に人間関係には如実に現れます。

平凡という才能が人間関係を円滑にするのです。 
 
 
 
*** 
 
 
なるほどと思った言葉。 
 
以前雑学ネタが好きだった頃、いろんな分野の天才の「困ったちゃん」の話を読むのが好きだったことを思い出しました
。 
 
すべては等しく価値がある
flair 
 
ビバ! 凡才!! ( )/ 

小さな心地よさ

2016年6月14日(火) 晴れ時々曇り by ヨガビジャ 
 
 
昨日の雨が上がり今朝は青空が広がりました。 
乾きかけの洗濯物にはありがたい晴れ間です sun

今日は火曜特売に合わせて取っておいた<会員様5%OFF感謝券>をもってアピタへ買い物にでかけました。 

 
到着したのは9時半前だったためそれほど混んではいませんでした。 
 
私がキュウリの山積みから新鮮そうなのを物色していたら、「ハイッ!」とビニール袋が私の目の前に差し出されました。 
 
私と同じく
キュウリを選んでいた女性が、私の分のビニール袋を手渡しながら、 
 
女性:いるでしょう? 
 
よがび:はい! ありがとうございます。 
 
女性:・・・どれが新鮮かしらね〜? 
 
よがび:私は固めでトゲトゲしたものを選んでますよー 
 
女性:そうよね? なかなかないわね〜・・・
 
よがび:えっと、下の方にあるのが新鮮そうですよ♪ 
 
女性:あら、ほんと! 上のはもう乾燥しかかってるかしら? 
 
よがび:こんなに選べるのも早く来た特権ですね! 
 
女性:そうよね! そのために早く来たんだも
の。 
 
    ♪
(* ̄∇ ̄) (⌒-⌒ ) ♪  
 
などと他愛のない会話をしてそれぞれ次の売り場へと向かいました。 
 
この見ず知らずの人との何気ない会話で心がほんわか♡して、あ〜、人って他愛のないこととか高尚なこととか関係なく、共感することに心地よさを覚えるのだなと感じました。 
 
そして一通り買い物を済ませ冷凍食品の前を通り過ぎると、暑かった
数日前、コンビニへ「みぞれ」を買いに寄ったらなかったことを思い出し、アイスクリームのコーナーを覗いたら、ありました。 
 
Img_1024 私は練乳がけが好きなのですが 
 今日はこんなのを見つけました。 
 
 九州名物 『白熊』 
 
名前は聞いたことがあるけど見つけたのは
初めなので迷わず購入。 
 
今日の父(熊本出身)へのメールネタはこれにしようっ!
^^ 
 
お父さん、これ食べたことある?(・・?)  
 
きっとこの他愛のないやりとりも、共感や交流を求めてのことなのでしょうね。 
 
内容や結果(反応)と関係なく、ただ私が心地いいからしているのであって、それを父のためとか言ってしまったら、それはもう違うんですね。( ・_・ )ウン
 
 

2016年6月11日(土) 晴れ by ヨガビジャ 
 
 
Img_0982 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_1003 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_1016 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0962 
 
 
 
 
 
 
 
Img_1011 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_1013 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0953 
 
 
 
 
 

  
 
こころもうるおう 
 朝です shine ^^

カメっぽい父

2016年6月10日(金) 晴れ by ヨガビジャ 
 
 
昨日名古屋から戻りました。

母が腰を痛め姉の家にいるため独り暮らしとなった父。 

まだ介護の必要はありませんが、洗濯機や電子レンジの使い方、ゴミ出しの仕方、衣替えなどなど... 慣れないことだらけで、本人は大丈夫と言っていても今はまだ完全には放っておけず、私は毎月ペースで通っています。

一番心配だったのは、父が携帯や家のカギを落としたりなくしたりすること。 
今までは母がいたのでカギをなくしても家に入ることはできたのですが、これからはそういうワケにはいきません。

それで先月、アルソックの「見守りサービス」の契約をしたので、今回は機器の取付け工事に立ち会いました。

これで家のカギをなくした時は、父が私に携帯で<知らせてくれれば>、私がアルソックに電話して、預けている合鍵で家を開けてもらうことができますし、携帯をなくした時は、家に取付けた「緊急ボタン」を押して、オペレーターに<「携帯をなくしたから娘に知らせて」と言ってくれれば>、私が対応できます。

だから私は実家に行くたび、父と携帯で通話の練習をしてくるのです。。 
 
 
よがび:(隣りの部屋から父へ電話
) 
 
    もしもし、お父さん、聞こえる〜
(^o^)b 
 
父:(ふすま越しに) 

 
  ・・・もしもし、もし、もし、、、 ( ̄⊥ ̄) b 
 
と声は聞こえるけど、携帯からではなく生の声。 
おまけにBGMは呼び出し音。 
 
よがび:(ふすまを開けて) 
 
    お父さん、「電話に出る」ボタンを押さなきゃダメだってば! 
 
    画面タッチして〜〜
( ; ̄ o  ̄)ノ 
 
 
父:(ポチッ。。) 
 
  
・・・もしもし、、聞こえたよ・・・( ̄◇ ̄)
 
 
という感じなのでいざという時は疑問ですが、やるだけの事はやったので取りあえずは一安心しておくことにします。(;^_^A 
 
こういった環境さえ整えてしまえば、もう毎月通う必要はないか…と思っていたのですが、少しずつ物忘れが増え、動作が遅くなり、言葉が出難くなっている父を見ると、やはり月一回のペースが理想かな?と思ったり、気持ちは揺れます。

特に今回の夕食の時のことです。  
いつもお風呂から上がって、おかずをつまみに
少しだけお酒をたしなむ父ですが、必ず私に 
 
 
呑むか・・・?
( ̄⊥ ̄)  
 
 
と声をかけてくれてたのに、今回は声がかからずじまい。 
(隣りに座ってご飯までには間があるためいつも一緒に呑んでいるので、テーブルの下に小さなグラスを用意してあったのですけど…)  
 
あと、ご飯の後片付けを済ませお風呂に入ると、種火が消えていて 
 
お湯が冷めてるし・・・
_| ̄|○   
 
独り暮らしに慣れちゃったんでしょうね。 
いろんなことが、ゆっくりと変わっていきます。 
 
そういえば、買い物の道すがら用水路沿いの道を歩いていたら、、 

160608_142227_ed_3 カメがいました 
 
 誰かが飼っていたカメを 
 放したのでしょう 
 のんびりと 
 あちらこちらで 
 甲羅干ししています
sun 
 
すべてはゆっくりと、確実に、変化してる。  
 
なるようにしかならん・・・ 
 
ネガでもポジでもなく、独り暮らしを決めたときの父の言葉と今の様子が、今に甲羅干しをしてるカメとダブって感じられました。。
 
 

雑草など

2016年6月2日(木) 晴れ by ヨガビジャ 
 
 
Img_0863 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0871 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0873 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0879 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0880_3

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

メインホームページ

リンク