« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

寒い日には鼻がタレる

2017年1月25日(水) 晴れ by ヨガビジャ 
 

2ヶ月ぶりに父の様子をみに名古屋に行ってきました。 
今回初めてひとりきりの新年を迎えた父。 
 
よがび:あけましておめでと〜♪ 
    ひとりで元気にしてた?
(・・?) 
 

父:・・・元気だったよ 
  今までで一番いい正月だった
( ̄⊥ ̄)キッパリ 
 

 
よがび:(まあ、元気ならいいか・・・
 ;- ̄) =3 ) 

 
こんな挨拶から始まり、 
 
父:今回はいつまでおる?
( ̄⊥ ̄) 

 
よがび:火曜日までいるよ?
( ̄∇ ̄)? 

 
父:空港に風呂入りに行くか・・・?( ̄⊥ ̄) 
 
よがび:うん、いいよ♪ 
   (こうくると思った
( ̄ー ̄)ニヤリッ) 
 


海に浮かぶタンカーと離発着する飛行機を眺めながら入浴できる中部国際空港は、私と父のお気に入りスポットです。
 
電車がそのまま空港施設に乗入れているので雨や寒さの心配はありません。お風呂以外にも飲食店やお土産物屋さんがたくさんあって父と私が日帰りで遊ぶには理想的な場所です。 
なぜだか二人とも、
行き交う人や
飛行機をただ眺めているのが好きだったりするので。。(  ̄∇ ̄) ナニ?  (* 。 ̄)ノ アレ... 

 
それで天気予報を参考に一番暖かくて晴れ間が広がりそうな土曜日に出掛けることにしました。 
 
最寄りのバス停はバスの本数が少ないので、歩いて15分ほどのバス停へと父と並んで歩きます。 
 
話をしながらなに気に父の方をみると、うつむき加減の父の鼻先に丸い
一滴の鼻水が。。 
それが出たり入ったりするのがおかしくて・・・

 
昔から結構カッコつけたがりの父なので指摘したものか迷いましたが、 
 

鼻がタレそうだけど大丈夫?(・・ ;) と声をかけると 
 
冷える日に外出すると鼻が出る…
( ̄⊥ ̄;) とのこと。 
 
ここで一旦ティッシュで拭いたのだけど、 

 
新たな一滴がまた出たり入ったりを繰返しあるとき案の定、 
でろ〜ンsweat02(* ̄i ̄)
ブー となって、思わず体だけ後ずさりして鼻水を避ける父の姿が、可笑しかったheart01 (⌒-⌒; ) 
 
このときは上着につかなかったから「よかったね♪」で済ませたのですが、帰りの電車で父のズボンに点々と白いシミを発見。どうやら鼻水はズボンを直撃していたようで、その数も
今朝が初めてといわけではなさそう。。(;^_^A
そんなわけで「寒い日の外出はマスク携帯こと!」と父に強く勧めて伊豆に戻ってきたのでした。 
 
 
他愛のないことだけど、父と子とかそんな枠組みのないただの存在同士、そして
「鼻がタレる」というそんなちっぽけな事が、世を騒がす様々な深刻な問題やらと同等のように感じられて、、、 
ああ、生きてるってこんなことかなあ…と、なんの論拠もなくひとり納得の名古屋でした。 
 
(意味不明なオチですみません。。(  ̄▽  ̄;)>" 
 

富士山って

2017年1月17日(火) 晴れ by ヨガビジャ 
 

浅間大社で富士山を眺めていたらこれ ↙ が頭に浮かびました。 

Photo『ブッタとシッタカブッタ2』 
 とあるページ 
 
 イラストの下にある言葉は 
 こちら 

 
 意識の焦点をしぼらないで 
 意識を頭の中から外へ 
 世界や宇宙 
 人生全体へと広げていくと 
 心はおだやかになっていく 
 
 意識を広げてものを見ること 
 それは「そのまんま」を見ること 
 
富士山には 
ポイッ!! (ノ゜▽゜)ノ ⌒~  と、 
 
意識を頭の中から外へと放り出す力があると思う。。  


初詣

2017年1月15日(日) 晴れ by ヨガビジャ 
 
新しい年が明けて、浅間大社に電車に揺られ初詣に行ってきました。 
我が家からも
毎日富士山は眺めていますが、富士宮へと向かう車窓の富士山の大きさと迫力はまったく別格というか、別次元のようです。 

そのインパクトはどうやっても写真では撮りきれないのですが、、 
 
Photo_2 鳥居前から 
  
  
 

Photo_4 
稜線が吹雪き 
 白く雪煙が立ち上っている様に 
 畏敬の念を覚えます 
 生きている 
 存在なのだと
 
 
 
 

 本殿Photo_5 
 
 
 

Photo_6
 湧玉池 
 富士山の伏流水が 
 湧き出した湧き水の池
 
 
 
 
 
 
 
Photo_7 古来より
富士登山の 
 禊の場なのだそうです 
  
 
 本当に
美しい 
 
 
 
 
 
Photo_8 あまりの透明度に 
 さかながなにもないところに 
 浮いているようです 
 
 
 
 急に思い立っての初詣でしたが 
 自然や神社という場所は 
 やはり特別なのだと感じました

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

メインホームページ

リンク