« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

ランタン片手に行ってきます

2017年3月28日(火) 晴れ by ヨガビジャ 
 

これから名古屋の実家に行ってきます。train 

行ってしまえば父とそこそこ楽しい時間を過ごし「来月も来ようっ♪」と思うのですが、行く前のこのグダグダ感はなんなんでしょう。。  
 
1481816148_46_3  
隠者のカード 

 
  
 
 
 
 
 
  
 自分のこの毎度の感覚、 
 気づくべきなにかがありそうです
^^;  
 

春にうかれて飛べるかも?

2017年3月25日(土) 晴れ時々曇り by ヨガビジャ 

3_4

これは数年前、私が一目惚れしたオラクルカードで大好きなカードの1枚です。  
 
ちょうどタロットの講習に参加していて先生から、
 
 
(下の部分を指差し)これはなんだと思いますか?
(・・ )? 
 
 
と質問をされ、 

 

お茶畑っnote  (* ̄∇ ̄)/ 
 
 

と、疑いもなく答えた記憶が今でも恥ずかしい。。^^;  


そうきますかっ!? さすが静岡県民!Σ( ̄◇ ̄;) !!  

 
 
と言う、先生のやさしいフォローを思い出す記念すべきカード。 
 
 
言い訳をさせてもらうと、ちょうど川根茶で知られる川根温泉に行ったばかりっだったので丸いお茶畑にしか見えなかったんです。。(^^;ゞ 
 

 
さて、本題に戻ります。 
 
じつはこの丸いお茶畑の正解は<迷路>です
flair 
 

美しい翼をもつカラフルなお馬さんが軽やかに飛んでいます。  
 
空は青く澄み渡り、桜のようなピンクの花、きれいな小鳥。 
  
シャボン玉と淡い虹も見えますね。 

 
ちょうど今の季節みたいです。 
 
このカードを眺めてると心は軽やかさとうれしさが満ちてきますheart02

 
 
そして肝心のカードの意味は、 
 
『迷路の抜け道は思わぬところにあるよ』とか、 
 
『視点が高くなれば視野が開けて違った世界が見えてくるからね』
 
といった感じでしょうか。。 
 
 
私にとってこのカードは花を眺めるのと同じ感覚なんです。 
 
ハートが喜びます。 
 
 
みなさんはどんな事でハートがふるえたり喜んだりするでしょう? 
 
大地、草花、木々、虫、鳥、人... etc 


春そのものが
あらゆる存在にとって特別なご褒美みたいです。
^^ 

花の意味

2017年3月24日(金) 晴れ by ヨガビジャ 
 

今わが家はリトリートで飾られた花のいい香りで満たされています♪
  

キッチンの窓際には庭の花をいけた花瓶があって、その水仙が朝の光に映えてきれいです。 
 
Img_1542
 上下逆の三角がふたつ重 
 なっているんですね  

 
 
なんとなく 
 調和のイメージかな? 

 
 
 
 
Img_1544 
光に開いてる姿は 
 完璧に美しい 
 
 ただそれを喜び 
 楽しみたいです
 
 でも終わりの時は 
 
確実に近づいていて

 
 
 
 
Img_1547 
まだ現われてはいない 
 果てゆく
姿を含めて目の前の 
 きれいな花を見られたら 
 
 小さな花の存在は 

 小さくなんかなくて  
 

 ほのかに愛おしく 
 より美しい存在に感じられて、 
 
 
つくづくすべてに意味をもたらすのは自分なのだなと思いました。

  
 

ただ生きること

2017年3月22日(水) 晴れ by ヨガビジャ 
 

今年最初のリトリートを終え後片付けも一段落。 
 
春分も過ぎ、キッチンでストーブの温もりを感じなら眺める窓の景色に心が和みます。 
 
スズメがたくさん来ています。 
ふきのとうも次から次に出てきます。 
モクレンはやっと固いつぼみがほどけて花びらを広げ始めました。 
 
季節が巡るように、リトリートの手伝いに来てくれるスタッフと逢うのも久しぶりのこと。 
 
それぞれがそれぞれの体験を持ち寄り集うことは互いにとって刺激になり、シンクロニシティを感じたりもします。 
 
リトリートの片付けを済ませた夕食後の会話で感じた事があります。 
 
それは、人が迷い苦しみ、その果てに辿り着いた理解と境地は、どんな悟った人の言葉よりも真に迫って伝わるものがあるということ。
 
私は昔から様々な本を読むことで、自分の理解を深めて
迷いの霧を晴らしたり、自分を奮い立たせたりしていました。また、ある時期には和尚の言葉に感銘を受け和尚の本ばかり読み耽ったりもしました。 
 
フーマンのセッションの録音を何度も聞き直し、理解やそのフィーリングを自分の中に浸透させようと努めたこともあります。 
そのときの体験はフーマンのワークを受けた過去や
現在という時空を超えた、とても実存に近いものであったように感じられます。 

 
しかし結局ダイレクトな自己変容というのは、そういった優れた人々の言葉や導きよりも、先に書いた誰かの、あるいは自分自身の迷いや苦しみの果てに辿り着いた場所でより実感できたように思えます。 
 
もちろん決して先駆者たちの言葉が無意味とは思いません。 
 
言葉を受け取るタイミングもあるでしょうが、例えば<自分自身を受け入れる>という、「まさにその通り!」と感銘を受けた言葉や理解だけでは私の場合はなにも変わらなかった。 
 
どんなに時間がかかっても、遠回りどころか後退しているように感じられても、痛みや苦しみの中を
ただ生きることで訪れた「自分はこれでいい…」という境地は決して失われる事がなく、それが変容をもたらすようです。 

スタッフとの会話を通して自分と同じ体験と理解を得た人がいたことで明確になったのは、
 
ただ、実直に、生きればいいということ。
 
そして、このような理解と経験を共有できる人たちといられるのはとても貴重なことだということを改めて
思い起こしました。 

 

春に動き出すもの

2017年3月7日(火) 曇り by ヨガビジャ 
 

今日から小山に行ってきます。 
 
キヨタカは先に行っているので私は電車に揺られて行ってきます。 
 
新幹線と違い湘南新宿ラインなら、コトコト揺られて
ゆっくり窓の景色を楽しめるのでちょっとした旅行気分です。 

 
今朝、
鳥にごはんをあげて玄関に戻ろうとしたらこんなのを発見♪ 

 
1
 地面が 
 盛り上がってます 

 
 
 
 
 
 
 
2
 木の根元に向かって 
 手前で迂回 up 

 
 その先には・・・ 
 
 
 
 
 
3 土の山 
 
 もぐらですね
(^-^)  
 
 地面に生えてるのはきのこ 
 丸いのをつんつんすると 
 胞子がでます
♪ 
 

 
見えない足元にも 
  
春の目覚めを感じます
cherryblossom
 
 

変わっていくこと

2017年3月5日(日) 晴れ時々曇り by ヨガビジャ 
 

今日久しぶりに自然公園に散歩に行きました。 
 
私たちがここに来た頃、この場所は木々が鬱蒼と立ち並び昼間でもすこし薄暗く、木立を飛び交うリスの姿を
たまに見かけることがありました。 
 
でももう何年も前から温暖化の影響かもしれませんが、多くの立派な松の木が枯れ始めたくさんの木が伐られました。 
 
今日行ってみたらさらに伐採は進んで、 

 
Photo
 こんな感じに 
 すこぶる風通しが 
 よくなってました
( ̄。 ̄;)オウ...  
 
 
 以前は 
 あのチェーンソーの音が 
 胸に痛かったけど 
 
 
 それも仕方のない 
 自然の流れの一部なのか...
 
  
 
 
 

 
命あるものすべては変わっていくのだから。 
 
彼らがなくなることで新たな生態系が生まれて
新たな命が芽吹くのでしょう。 
 
 
Photo_4 
この木は 
 76才 
 
 触れるとまだ 
 ひんやりします 
 
 
 
 
私より 
 長い時を 
 
 ここで過ごし 
 終えたいのち 
 
 それだけでも 
 尊いです 
 
 
 
木に触発されたかも。。 
 
 
このブログも長らくこのデザインを使用していますが変えようかな? 
 
とても気に入っているけど、たぶん一番気に入っていたけど、 
 
なにか別なもの、なにか新しいもの、 
 
今は
一番じゃなくても 
 
いつかそれが当たり前になるかもしれなくて 
 
またいつか終わるであろうものに。 
 
こころが変化を求めています
bud   

グラウンドはここ

2017年3月3日(金) 晴れ by ヨガビジャ 
 
 
先日の日誌のコメント欄で、『生、それ自身がグラウンドを用意してくれる』という和尚の言葉が紹介されていました。 

 
ここ数日私のグラウンドは父のことで少々揺れていましたが、その後キヨタカのお母さんも加わり、
キヨタカも巻き込んで「本震」が来たかと思われました。 
(事はさほど深刻でなかったことは後ほど判明) 

 
私が名古屋から戻ってきてから、父に送ったメールに返事(
空メール)が返ってこなくなりました。 

 
最初は単に携帯をチェックし忘れてると思っていたのですが、1週間が過ぎてもまったく音沙汰がないのでさすが気になり、家の電話にかけてみたらちゃんと受話器を取ってくれたものの、どんなに声を張り上げても、、 
  

父:・・・聞こえん
・・・( ̄⊥ ̄) 

 
 
 

ヨガビ:じゃ、お父さんの携帯にかけ直すから、 
 
     
出てねっー!!(*`<´):∴○==-〜 

 
 
 

父:・・・うん・・・ ( ̄⊥ ̄)  
 
 
 

ヨガビ:(聞こえてるんじゃんっ!? Σ( ̄□ ̄; )! )  
 
        ガチャッ!
   
 
  


それで携帯に電話すると、、
 
  


携帯:<電源が入っていないか、 
    電波の届かない場所にありかかりません〜> 

 
 
    通信手段がない・・・ 
_||  
 
 
 

先日の父曰く、 
 
テレビで血圧を下げるのに「柿の葉茶」がいいと言うから探したが 
 
どこにもないんだ・・・
( ̄⊥ ̄; ) 
 
 


と言うから、小山に行く前に送ってあげようとしたのに、受け取り日時を知らせないと発送できなーい! (>_<)   

 
という状態なんです。。
 
(ちゃんと玄関を開けておいてもらわないと 
 宅急便屋さんの「ピンポン♪」が聞こえないかも?だし…)
 
 
だから、今日来てくれるヘルパーさんに携帯を確認してもらう事にして、取りあえずこの件は保留。。 (-_-) =3 
 
 
そしてもうひとつの案件。 
 

数日前、キヨタカのお母さんから
、 
「食中毒で下痢が止まらないから今から病院に行く」と連絡がありました。 
 
食中毒なら施設中が大騒ぎになっているはずだけど、施設スタッフは普段と変わらぬ対応だったのでちょっと変だったんですけど…。 
 
心配するキヨタカが、病院から戻ったタイミングを見計らってお母さんに電話してみると、食事ができないから点滴をしたとのこと。 
 
その声はいつものような張りがなく、その翌日も点滴に行き、それが1日経っても2日経ってもますます弱っているようで、予定より2日早く小山に行くというキヨタカ。 
 
でも、なんか変だな〜と思い、病院に付き添ってくれた介護タクシーの方に様子を聞いてみると、下痢や嘔吐はすでに止まっていて点滴はどうも母の希望で行っている様子。 
 
おそらく、普段から体が丈夫で嘔吐の経験がないせいで、「食べたらまた吐くかも…」という不安が先立っているように感じました。もちろん近くに家族がいないのが一番の不安の原因だと思いますが。 
 
ともあれ、危急を要する事態ではないことが判明し一安心。 
結局1日早く小山に行く事で落ち着きました。
 
 
と、まあ、、  たったこれだけのことですが、 
 
 
人生のグラウンドはよく揺れます。。
(゜ロ\)(/ロ゜)/ ウオウ、サオウ   
 
 
 
自分の中心軸からブレないでいられるかが問われます。 
 
 
そのために必要なのは、揺れない大地に移動するのではなく、その揺れる大地にしっかりと根づくことだと最近はつくづく思います。(
確実に揺れない大地は存在しないようですし)  
 
若い頃は家族という存在から逃げる事で自分を護り保っていられた所もあるけれど、それは同時に人との繋がりや信頼といった成長のための滋養から自分を
遠ざけてもいたかもしれないと思います。 
 
 
健全な成長にはグラウンドが必要だ。 
 
それは生それ自身が差し出してくれる。
 
 
私のグラウンドはここだ。 

 
和尚の言葉に同意します。 
 
 
ここから花を咲かせたい
tulip 

 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

メインホームページ

リンク