« 変われるという希望 | トップページ | You Raise Me Up »

人生という季節

2017年12月9日(土) 晴れ 
 
数日前、朝食を済ませ名古屋に行く準備をしていたら、キヨタカにどこからか電話がありました。 
 
ところどころ聞こえる感じから「なにかのトラブルかな?」と思っていたら、キヨタカのお母さんの施設からの
電話で、お母さんが部屋で転んだので病院に連れて行きます、MRIを撮りその結果次第で入院の可能性がありますとのこと。

 
この時は「たぶん入院はないのでは…?」と先方が予想していたので、私は名古屋行きの準備を続けていたのですが、2、3時間たったころ骨折が判明。 
 
すでに別件の用事で出掛けていたキヨタカは急遽実家へ直行。 
迷った末、
私も名古屋行きをキャンセルして小山に向かいました。 
 
私はあまり臨機応変に動ける方ではないので突然の予定変更は苦手で、ちょっと右往左往してしまいます。 
 
電車に乗ってしばらくすると落ち着いてきて、窓の外を流れていく景色を眺めていて思いました。 
 
こうしてなにかの出来事で大騒ぎしたり、なにごともなく淡々と過ぎる日もあり、、人生って季節が巡るのと変わらないなあ…って。 
 
青々と茂っていた木がその葉を赤く染めて散ってゆくように、人も、環境も、出来事も、ただ変わっていく。 
 
自分がそこに意味をつけなければただ<そうである>だけ。 
いいも悪いもない。 
 
1本の電話からいろんな感情や思考が動いたけど、人生という季節なんだ…と感じたら動揺がなくなりました。 

変わりゆく風景の中の登場人物のひとりとして、私もただ生きればそれでいい、そう思えたら、人生をもう少しだけ気楽に生きられそうな気がしてきました。。
 

« 変われるという希望 | トップページ | You Raise Me Up »

気づいたこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 変われるという希望 | トップページ | You Raise Me Up »

メインホームページ

リンク