« 人生という季節 | トップページ | Lindel's song »

You Raise Me Up

2017年12月17日(日) 晴れ 
 
またタイトルも歌詞も知らず、すっかり忘れていた
名曲を見つけました。(名曲=あくまでも私の中で)

 
You Raise Me Up という曲です。 
 
歌詞を知らずともその歌声を聴いているだけでハートに響きます。 
そして歌詞を目にして感じるところがあったのでまた文字に起こしてみました。 
 
この曲を耳にしたのは20年以上も前だと思うのですが、すっかり忘れていても、
いい曲はいつまでも深く胸の奥に残っているのですね。

 
 
 
 
*** 

とても気が滅入って 
 
心身ともに疲れ果て 
 
苦境に出遭って 
 
心が折れそうになる 
 
 
そんな時でも 
 
静けさの中で待つよ 
 
君が来て 
 
ここに座ってくれることをね 
 
 
君は僕に勇気をくれる 
 
だから山頂にだって立てるんだ 
 
君はこの背中を押してくれる 
 
この荒波を越えられる様にとね 
 
 
僕は強くなれるよ 
 
その支えがある限り 
 
君は僕を励ましてくれる  
 
僕が思っている以上にね 
 
 
君は僕に勇気をくれる 
 
だから頂を目指すこともできるんだ 
 
君は僕を起ち上がらせてくれる 
 
この荒れた海を乗り越えられるようにとね 
 
 
僕は強くなれるよ 
 
その支えがある限り 
 
君がこの背を押してくれる 
 
僕が思っている以上にね 
 
 
・・・(略) 
 

***  
 
 

歌詞の中で何度も繰り返される「君」は、最初のうちは普通に信頼のおける友人やパートナー、成熟した大人の人物のイメージだったのですが、途中から、私の頭の中をちーちゃん(猫)やしっぽをぶんぶん振ってご機嫌なワンコが何度も過って行ったんですよ.... ( ̄⊥ ̄;)? 
 
それが面白かったので、ちょっと私流に歌詞を変えてみました。 
 
 
*** 
 
とても気が滅入って 
 
心身ともに疲れ果て 
 
苦境に出遭って 
 
心が折れそうになる 
 

  
そんな時 
 
静けさの中で待つよ 
 
ちーちゃんが来て 
 
ここに座ってくれることをね 
 
 

ちーちゃんは私をかまってくれない 
 
だから山頂に立とうという気もおきない 
 

ちーちゃんは背中を押してくれない 
 
どこに荒波?
(= =) ?  と言わんばかりに 
 
 
私は強さってなんだっけ...?と思ったよ
 
支えなんてないから
 
今ここにくつろぐしかないよ  
 
ちーちゃんと同じようにね 
 
 
ちーちゃんは私を脱力させてくれる 
 
だから頂を目指そうなんて気になれないんだ 
 
ちーちゃんは私を起ち上がらせてくれない 
 
膝の上にでんっ♪と丸まって  (= =) Zzzz 
 
 
私はここで安らげるよ 
 
この温もり(と重さ)を感じられるから 
 
ちーちゃんはいつも私をここに引き戻してくれる 
 
私が思っている以上にね 
 
 
*** 
 
 
原曲とは正反対になってしまったけどこんなのもありかな〜?と。。 
  (=^▽^=)ノ\( ̄∇ ̄*)  
 

« 人生という季節 | トップページ | Lindel's song »

心に響いた曲」カテゴリの記事

コメント

この曲も好きです!

そしてyogabijaの詩も∞

ありがとうございます♪

忘れていた好きな曲を思い出して
その意味を今はじめて知ることがとても新鮮です。 

今回みたいに自分の中で起こる予想外のことも
楽しかったりしてます。。^^

⇒忘れていた好きな曲を思い出して その意味を今はじめて知ることがとても新鮮です。 

今回みたいに自分の中で起こる予想外のことも楽しかったりしてます。。^^ ⇐             

そうですね。

この詩の『YOU』は僕には父性の強い創造者で、彼への『感謝』 と響いていました。

今回聴かせてもらって、『YOU』は『ちーちゃんやワンコ、yogabija、kiyotaka、そして自分を含むぜんぶ(創造者が入ってもいいですし、ただ創造だけでもいいのですけど)』で、その『ぜんぶへの感謝』で響いています。

こうして滅多に更新されないブログを訪れてくれる人の存在にも
私は支えられていますね。^^

私がいいなあと思うのは、
ちーちゃんもワンコも、支えようとか力づけようなんて気はまったくなくて
ただ自分の猫生、犬生を生きてるだけなのに、
私は(まったりと)起ち上がろうという気分になってしまうこと。

生き物はすべて繋がっていて、その環の中で私も笑っていられたら
それが私にとっての感謝かな?と思います。
なかなかできてませんけど。。(^^;ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生という季節 | トップページ | Lindel's song »

メインホームページ

リンク