« 2018年5月 | トップページ

2018年6月

事件に思うこと

2018年6月12日(火) 晴れ 
 

最近胸の痛む事件が多いです。 
 
幼い子供が虐待の末に死んでしまったり、 
新幹線で襲われた女性を庇った男性が殺されてしまったり、、 
 
犯人は許せない、極刑に、という意見を見かけますが、こういった事件は単に法で裁けばそれで終しまいとは思えず考えさせられます。 
 
このように事件として私たちの目に触れるのおそらく氷山の一角。 
この瞬間にも人知れず起きている、あるいは潜在的にその可能性を秘めている人、状況はそこかしこにあるように感じます。 
 
以前「人類が存在しなければ地上は生き物にとって楽園となるだろう」という言葉を目にしました。 
 
人はほかの生物と違い高度な社会性を持ち、霊的にも科学の分野でも進化の可能性を秘めると同時に、それが故に迷い道を誤り、自分自身や他者、ひいては自然環境、社会・国家・民族という集団単位にまで多大な打撃を与えうる存在であることは過去の歴史をみれば明らかです。 
 
そして最近は「なぜこの行動に至ったのか?」と思う事件がとても多いと思います。 
 
事件を起こした犯人の背景が少しずつ明るみなるつれ、これは犯人や家族といった特定の誰かを断罪すればおしまい、、などというものではない、そう思われてしかたありません。 
 
「犯人はどうしてこの行動をとったのか?」「周囲の人間になにができたのか?」などなど様々なことが頭を過ります。 
 
子供の物事の捉え方はとても柔軟です。 
経験が少なく、善悪の判断もなく、無知故に、この現実はひとつの限定されたものではなく、粘土のように変幻自在であらゆることが可能な世界、それが子供にとっての現実でしょう。 
 
でも、年を経て酸いも甘いも経験を重ね、現実とは堅固な形をとったたった1つの事実、そう認識を変えながら大人になっていくのかもしれません。 
 
こういった事件の犯人たちは、その厳然たる現実(=あくまで彼らにとって)に取り囲まれ、他の可能性が見出せなくなったのではないかと思います。 
 
今回の事件について正確なことは知りませんが、「自分は軽んじられている」「価値のない人間だ」「連れ子のせいで夫に捨てられるかもしれない」など、不安から始まり妄想であったものが、いつしか本人たちにはそれが紛れもない事実であり現実となった… 
 
まるで鏡の迷宮に閉じ込められて 
他にはなにも見えない、抜け出せない、、 

考えることはもう、これをどう終わらせるかだけ 
 
もし誰かが、「あなたがみているのは必ずしも現実ではないよ」と優しく言ってあげられたら、、それが難しいことは分かっているけど、違った結末があったのでは…と思ってしまいます。 
 
このような事件は特別な誰かの話ではなく、誰にでも、どこででも潜在的に起こりうる(起こっている)ことなのだと思います。 
 
そしてそのひとつひとつが、私たちに人としての進化の意図を問い、自分自身がその流れの身を置いているのだということを思い起こさせてくれているように感じます。 
 

« 2018年5月 | トップページ

メインホームページ

リンク