« 生還しました | トップページ | 羽化(昆虫が苦手な人は閲覧注意) »

ふるさとになる

2018年8月5日(日) 晴 
 
キヨタカの実家に通うようになってずいぶん経つちますが、最初の頃は実家の周辺をドライブしているとキヨタカが、 
 
ここ、ボクが通った小学校! ここが中学! 
 
ここにお父さんの会社の社宅があって、 
ボクが子供時代を過ごしたところ! 
 
桜の木がたくさんあって 
春はすごくきれいで天国みたいだったよ!
( )

という具合に、何度も私に説明するのを不思議に感じていたんです。 
 
なぜなら私が実家に行ったとしても、ここが小学校、ここが中学校と人に
何度も話すとは思えないから。  
もちろん学校の近くを通った時は「ここに通ってたよ」と1度はキヨタカに伝えましたけどね。 
 
私には自分が育った土地に思い入れがないようです。 
 
今回も実家の最寄り駅から電車に乗ったのですが、たまたま乗った車両が最終車両だったので、無人の運転席の窓越しに後ろへと流れていく線路と景色を眺めていました。 

 
川に架かる橋を渡りつつ、ふと、 
 
ふるさと・・・という言葉が脳裏を過りました。 
 
えっ?
(o ̄;) 
 
と、自分でも驚きました。 

ふるさとなんて言葉、口にするどころか思ったこともなかったから。 
 
なんだろ...?
(・・;) 
  
と思いながら、窓を流れていく線路を漫然と眺めて続けていて気づきました。  

 
自分にはふるさと言えるような場所はなく、それが寂しいと感じたこともなく、ただそういうものだと思ってたのだと。 
 
そして、きっとふるさとというのは、その土地や風景に温かかったり、やさしかったりの感情がそこにあるとき、その人にとってのふるさとになるのではないかと。 
 
もちろん、ここで過ごした時間に楽しさが皆無だったはずはないけど、緊張を強いられる家庭環境で育つと成長するにつれ、心には少しずつ暗い靄がかかり重くなっていく。そしてその心が映し出す風景は曇天の空のように薄暗かった、のかもしれない。 

 
きっとそんな心持ちで過ごしてきた場所なので、懐かしさよりは切り離してしまいたい過去になっていた気がします。 
  

今回、突然降って湧いたような、ふるさとという言葉の意味が分かりました。 
 
父と歩いた病院への道のり、温泉の送迎バスの車中などなど、、 
それらの風景に柔らかな感情が合わさり、やっと私にとってのふるさとになりつつある、ということなのだと思います。

« 生還しました | トップページ | 羽化(昆虫が苦手な人は閲覧注意) »

家族との過ごし方」カテゴリの記事

コメント

何かが溶けて出している そんな印象です。それに無事の生還 よかったです!

僕は家族とは疎遠でいいと感じて来たのですけど、12年前の父の突然の死、その後の母からの生活への協力要請と今年6月に母に出された余命宣告、昨年末の兄の骨に転移したガン、それから、母になされた余命宣告後に訪れた自身の体調不良、さらに最近ダイナミック後に起きた鼠経ヘルニア。

僕に現れた生のグランド上で色々動いています。

「僕は親の世話はしない」と言っていた兄。ガン宣告を受けてから「僕は世話はできない」になり、今は兄が今住んでいる千葉から自分で運転するのが難しいため義理の弟に運転してもらって月に1・2回面会に。

死が近づいている(本当かわからないけど)というマインドが僕の、兄の、母のブラックボックスを揺さぶっているようです。そして僕の中の『アロンネス』と『ロンリネス』がずっと図に。

病院であまりに多くの患者さん・入院患者さん・医療に携わる人達を見て、その声を聞いて、その何かを感じたせいか、そして自身の今の体調も感じて、自分が死ぬことについての動揺はないようですけど、死までの身体の不自由さ・マインドについて「道半ばとは言えないなあ」と初心に戻る日が続いています。

本当に人の数だけ人生の終わりというドラマがあるのだと感じます。
演じるのは脇役だったり主役になったりしますけど。

私は名古屋に行く前キヨタカの実家の方で、
介護付き有料老人ホームと介護付き高齢者住宅を何件か見学してきました。 
かなり高級な施設から手頃な施設、介護は少し手薄だけど自由度は高いなど、
それぞれの人が様々な制約の中で自らが希望する終末プランを選択できるように感じました。

でも実際ところ、元気なうちはまだ自らの死を想像することもなく、気がつけばすでに目前となったとき初めて直面し、その時にはもう選択肢は限られている...そんなケースを少なからず目の当たりにしました。
死が生と同じだけ自然なものとして認識されれば生そのものが変容しうる可能性を感じるだけに残念です。

とはいえ、自分の家族と共有する現実はそんな精神論でなんとかなるような代物ではなく、泥の中をのたうち回るような...というのが現実だったりもします。

私の母もガンです。
まだ比較的元気にしていますが、諸般の事情で特別養護老人ホームを出て姉の家に戻りました。
これからますます一人一人が自分はどう在れるか、在りたいかが問われるのだと思います。

nishokさんも家族という役者さんと共に
ご自分らしい在り方で大切な日々をお送りくださいね。

みんな最期は愛おしいほどに平等で同じなのだと感じています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生還しました | トップページ | 羽化(昆虫が苦手な人は閲覧注意) »

メインホームページ

リンク