« 庭で出会ったもの | トップページ | お出かけ »

あたたかで、うれしい

2018年11月22日(木) 曇り時々雨 
 
 
2日前に実家から戻りました。 
 
父は数日前に誕生日を迎え86歳になりました。 
 
一日5000歩超えを目標に散歩しまくっていた夏の頃に比べ、最近はそれほど歩いてはいないとのこと。それでも3000歩はほぼ毎日歩いているようので年齢を考えれば十分だと思うのですが、、 
 
猛暑の夏より爽やかな秋の方が散歩に向いてない?
(ー’`ー;) 
 
というのが正直な気持ち。
 
まあ、父の理解に苦しむ行動は今に始まったわけでなし、今が良ければ良しとしよう。。 
 
 
そんな父とバス停まで歩きながら、 
 
 
よがび:お父さん、そろそろ杖を使った方がいいんじゃない? 
 
    転ばぬ先の杖って言うでしょ?
(  ̄。 ̄) 
 
 
父:失くすから、いらん・・・
( ̄⊥ ̄)
 
 
よがび:(そう言うと思った…) 
 
     でもよくそんなにふらつきながら(※注)
 
     人混みの名古屋駅を歩いてるよね?
;- ̄)=3

 

父:よろめくとどこからか手が出てくるんだ・・・ ( ̄⊥ ̄)   

 
 

ああ、どこのどなたか存じませんが 
 
父がお世話になってます
(_ _ ;)> 
 
 

これを聞いたとき昔よく聞かされた
 
「人」という字はね、支え合ってできているのよ。。 

 
ふと頭を過ぎりました。 

 
なんかいいですよね、、 

知らない同士が足早に通り過ぎる駅前で、流れに乗れずに自分時間の中で歩いている年寄りに思わず手を差し出してしまう光景。 
 
甘えすぎてはいけないのかも知れないけど、 
あたたかで、うれしい。 

 
※注… 傍目には危なかしく見えますが、 
   父はつまずいても傾いても妙な復元力があります。 
   体が柔軟なせいかもしれません。 

« 庭で出会ったもの | トップページ | お出かけ »

お出かけ*日記」カテゴリの記事

コメント

『 傍目には危なかしく見えますが、 父はつまずいても傾いても妙な復元力があります。 体が柔軟なせいかもしれません。 』

なんか、お父さんが歩いている姿が想像できそうです。

想い起こせば、僕の両親もそんな感じでした。

父はかなりの歳まで会社勤めをし、その帰り、近所のマンホールで足を滑らせ頭を打ち、硬膜外出血で入院。その後復活。

母は不自由な視力で近所の大通りまで住宅街の塀をつたわって歩いていました。

それはまさに『 傍目には、そして僕の目にも 危なかしく』見えました。

二人のその姿を見る度に、OSHO禅タロットのADVENTUREの絵を想い起し、yogabijaの話を読んでまた想い出しました。

数秘で言うと、父が22の4、兄が4(違いがわかりやすい)。母は11の2。

家族内のエネルギーが確かにそんな風だったんだなあ と今感じます。

戦後の生活の中で母は物資的豊かさを与えてくれようとしたんだろうなあ!

父については もっと理解する時間をもてていたならば って感じますけど、療養病棟で過ごしている母はADVENTUREがまだまだ続いています。

僕は心身共に硬い(復元力がなさそう)ので、ようやく出会った中国人の先生の気功推拿で復元力が戻り始めたようです!

それにしても 3、000歩とは(秋は夏の疲れが出ると言いますし)すごい86歳ですね!!!

今キヨタカの実家にいます。

長い間、私たちがこちらに来ている時は施設にいるお母さんも家で一緒に過ごしていましたが、3ヶ月ほど前から2日のみの外出として夕食後には施設に送り届ける様になりました。
夜中トイレに起きると施設と勘違いしてトイレを探したりして、場所が変わることでちょっと混乱するようになって来たためです。
暑さ寒さへの対応も難しくなりました。 
人が刻一刻と変わっていくのを目の当たりにしているようです。

本当は生まれてから誰もがADVENTUREのなのでしょうね。
でもいつのまにか大人になるにつれ、人生という現実からは子供の頃の柔軟さは失われて、硬い、あるいは良くも悪くも安定した(選択肢のない?変化のない?)現実に身を置いているような、錯覚に陥っていくのかもしれないですね。

過去や今持っているものに囚われず、ここから先なにが起こるか分からない、、
そんなADVENTUREな感覚を忘れずにいられたら、健康の悩みや孤独、不自由さといったヘビーな鎧を纏わなくて済むのでは?と思ったりします。

人生ってひとりひとりの作品のように感じます。
終盤に差し掛かるとその全体像が見えてくる。
みんな違っていいのだし、身近な先達たちの完成間近な作品を見て、私の作品はどんな風に仕上がっていってるのかしら?なんて思うことがあります。

気功や3000歩が作品にどんな効果をもたらすか参考にしたいでところです。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭で出会ったもの | トップページ | お出かけ »

メインホームページ

リンク