その他*日誌

雨上がり

2018年3月9日(金) 雨のち曇り 
 
キヨタカの実家から戻ったら庭の梅の花が満開でした。 
 
Img_1832 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_1848 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_1851 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_1837 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_1844 
 
 
 
 寒かろうと
 暖かかろうと 
 雨だろうと 
 晴れだろうと 
 
ただ咲くだけ 

 
 潔いなあ
 
 

やっと溶けるかな?

2018年1月29日(月) 曇時々晴れ 
 
先日降った雪がまだうちの庭には残っていて、宅急便の人とかが来られると、 

 
すごいですね〜
sign01Σ ( ̄□ ̄;)!!  
 
と毎回驚かれていましたが、やっと昨日で地面が半分ほど見えるようになりました。
(≧▽≦) 

 
青空が広がってもうちだけ冷蔵庫の中で生活している気分で、毎日屋根や軒先から溶けて落ちる雪の音を聴いていましたが、、 
 
昨日の朝。 
 

 P1280085 雪?というか氷?が 
 滑り落ちかけて止まってました 
 
 ファインダー越しにみてると 
 不思議な感じ 
 
  
 
 3センチほどあった霜柱も溶け 
 始め、持ち上げられた地面の土を 
 踏むときのサクッ!ではなく 
 スカッdownとした足感覚が面白い 
 
  
なんか水
っていろんな形に変化してすごいなーsweat02 
 
残念ながら明日から小山行きなので、完全に溶けるところまでは観察できそうにありませんが、帰ってからのお楽しみにしておきます。(* 。^) 
 

 
 

年の瀬

2017年12月27日(水) 晴れ 
 
例年なら明日には小山へ帰省なのですが、今キヨタカのお母さんは入院中のため、今年は明後日からの帰省となりました
rvcar 

 
最初「
今年の正月は少し楽できそう〜」と思ってたいたのですが、いつも以上に来客の数がつかめず、なにをどれだけ準備したものが頭が痛い…(;-_-+ 
 
連日の強風に嬉々として海に出かけて行くキヨタカを横目に、悶々と準備をしています。 
 
年が明けたら遊びに行くぞーーっ!
(  ̄。 ̄)ノ と。。 
 
 
 強風に運ばれてきた Pc270065 
 雲と富士山 
 
 
 
 
 
 
Photo 
 
 
 
 雄大さは 
 狭くなりがちな私の視界を 
 広げて
くれます 
 

変わる、映し出す

2017年9月13日(水)晴れ時々曇り 

 
P1010001 富士山を 
 撮りたくなるのは 
 
 キッチンで 
 夕ご飯を作っているとき
 
 いつも同じ場所で 
 撮っているけど 
 飽きることはありません
 
 
 
 
 
 
 
P1010017 ひとしきり撮り終えて 
 再びキッチンに立ち 
 ふと窓をみると 
 外はばら色
 
 
 
 
 
 
P1010019 世界のすべてが 
 変わった・・・ 
 そんな感覚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1010027 
 
 
 
 
  
 私もきっと 
 同じではないんだろうな 

 


雨のあとの富士山

2017年9月12日(火) 雨のち曇り 

 
P1010008_3  雨あがりの 
 富士山 
 
 
 
 
 
 整った姿を目にすると 
 自分も整う気がする不思議
 

富士と桜

2017年4月10日(月) 曇り 
 
長い雨も過ぎやっと富士山が現れました fuji 

P1010044 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この季節
 つくづくこの国に生まれて 
 よかったなあと思います
^^ 
 

揺れる桜と

2017年4月9日(日) 雨 
 

桜が美しい季節ですね cherryblossom 
 
あいにくの雨といいたいところですが、
しっとりした淡いピンクと黒茶色の枝、背景の初々しい若葉のコントラストがいい感じです。(^-^) 
 
P1010026 風雨に揺れる花と一緒に 
 自分も揺れてるみたいです
 

 
 
 
 
 
 

 

 


P1010024_3 
 
 
 
 
 
 一緒に全身ピンクに 
 染まってる感じ
heart01  

グラウンドはここ

2017年3月3日(金) 晴れ by ヨガビジャ 
 
 
先日の日誌のコメント欄で、『生、それ自身がグラウンドを用意してくれる』という和尚の言葉が紹介されていました。 

 
ここ数日私のグラウンドは父のことで少々揺れていましたが、その後キヨタカのお母さんも加わり、
キヨタカも巻き込んで「本震」が来たかと思われました。 
(事はさほど深刻でなかったことは後ほど判明) 

 
私が名古屋から戻ってきてから、父に送ったメールに返事(
空メール)が返ってこなくなりました。 

 
最初は単に携帯をチェックし忘れてると思っていたのですが、1週間が過ぎてもまったく音沙汰がないのでさすが気になり、家の電話にかけてみたらちゃんと受話器を取ってくれたものの、どんなに声を張り上げても、、 
  

父:・・・聞こえん
・・・( ̄⊥ ̄) 

 
 
 

ヨガビ:じゃ、お父さんの携帯にかけ直すから、 
 
     
出てねっー!!(*`<´):∴○==-〜 

 
 
 

父:・・・うん・・・ ( ̄⊥ ̄)  
 
 
 

ヨガビ:(聞こえてるんじゃんっ!? Σ( ̄□ ̄; )! )  
 
        ガチャッ!
   
 
  


それで携帯に電話すると、、
 
  


携帯:<電源が入っていないか、 
    電波の届かない場所にありかかりません〜> 

 
 
    通信手段がない・・・ 
_||  
 
 
 

先日の父曰く、 
 
テレビで血圧を下げるのに「柿の葉茶」がいいと言うから探したが 
 
どこにもないんだ・・・
( ̄⊥ ̄; ) 
 
 


と言うから、小山に行く前に送ってあげようとしたのに、受け取り日時を知らせないと発送できなーい! (>_<)   

 
という状態なんです。。
 
(ちゃんと玄関を開けておいてもらわないと 
 宅急便屋さんの「ピンポン♪」が聞こえないかも?だし…)
 
 
だから、今日来てくれるヘルパーさんに携帯を確認してもらう事にして、取りあえずこの件は保留。。 (-_-) =3 
 
 
そしてもうひとつの案件。 
 

数日前、キヨタカのお母さんから
、 
「食中毒で下痢が止まらないから今から病院に行く」と連絡がありました。 
 
食中毒なら施設中が大騒ぎになっているはずだけど、施設スタッフは普段と変わらぬ対応だったのでちょっと変だったんですけど…。 
 
心配するキヨタカが、病院から戻ったタイミングを見計らってお母さんに電話してみると、食事ができないから点滴をしたとのこと。 
 
その声はいつものような張りがなく、その翌日も点滴に行き、それが1日経っても2日経ってもますます弱っているようで、予定より2日早く小山に行くというキヨタカ。 
 
でも、なんか変だな〜と思い、病院に付き添ってくれた介護タクシーの方に様子を聞いてみると、下痢や嘔吐はすでに止まっていて点滴はどうも母の希望で行っている様子。 
 
おそらく、普段から体が丈夫で嘔吐の経験がないせいで、「食べたらまた吐くかも…」という不安が先立っているように感じました。もちろん近くに家族がいないのが一番の不安の原因だと思いますが。 
 
ともあれ、危急を要する事態ではないことが判明し一安心。 
結局1日早く小山に行く事で落ち着きました。
 
 
と、まあ、、  たったこれだけのことですが、 
 
 
人生のグラウンドはよく揺れます。。
(゜ロ\)(/ロ゜)/ ウオウ、サオウ   
 
 
 
自分の中心軸からブレないでいられるかが問われます。 
 
 
そのために必要なのは、揺れない大地に移動するのではなく、その揺れる大地にしっかりと根づくことだと最近はつくづく思います。(
確実に揺れない大地は存在しないようですし)  
 
若い頃は家族という存在から逃げる事で自分を護り保っていられた所もあるけれど、それは同時に人との繋がりや信頼といった成長のための滋養から自分を
遠ざけてもいたかもしれないと思います。 
 
 
健全な成長にはグラウンドが必要だ。 
 
それは生それ自身が差し出してくれる。
 
 
私のグラウンドはここだ。 

 
和尚の言葉に同意します。 
 
 
ここから花を咲かせたい
tulip 

 

ただ、バラ色

2017年2月13日(月) 晴れ by ヨガビジャ 
 
昨日の夕方の富士山と雲。

P1010011  
 
キッチンにいて空がバラ色に染まっているのに気づいて、慌ててカメラを取りに行きました。 
久しぶりのカメラでモタモタしているうちに、空は瞬時に変わっていきます。 
 
富士山の右の方もずっとバラ色に染まり、その雲は煙るように小高い山並みへと繋がっていて、、まるでバラ色のベールで空が覆われているようでした。 
 
言葉にしてもなにも伝わらない、カメラに収めてもみても、こころに映ったそれとは違う。 
 
こんな時はなにもしないで、
ただ佇んでいるのがいいと思いました。

気に入るといいな

2016年11月8日(火) 曇り時々晴れ by ヨガビジャ 
 

父の部屋のい草の上敷きがかなり擦り切れていたので、新しい上敷きをネットで購入しました。 
 
以前、父に「どんなのがいい?」と聞いたら「隣りの部屋と同じのでいい」とのこと。 
隣りの部屋のは
モダンな柄が入っていましたが、父の部屋は広いのでサイズせいか、そのような柄ものは見つかりませんでした。 
 
結局、ネットで探しまわっていてみつけた熊本のい草を使用したものを選びました。 
 
選んだ一番の理由は、多少父の好みから外れても自分の地元産なら文句はないかな?と。。
(^^;ゞ 
 

これがその上敷。

Img_1365_2『残った土埃で汚れることが 
 ありますので、ご使用の前 
 雑巾で拭いてください』 

 とのことでしたので 
 固く絞った雑巾で拭きました 

 
 
Img_1366 この自然な柄が 
 気に入っています 
 
 い草の根と先の方を 
 交互に並べることで
 この模様ができるのだとか 
 
 
Img_1370_2 時間の経過ととも 
 消えてしまうものですが 
 それもまた自然でいいな 

 と思います 
 
 
 
 
雑巾がけの後、
私の両膝は白くなっていました 

それは製造過程で出る、い草由来のチリやホコリのようです。 
 

今も若干の乾いた土っぽさと、い草の青い清々しい香りが部屋に充満しています。まるで部屋の中に突然「自然」が登場して広がったような不思議な感じです。
 
この香りごと実家に運べることを願いつつ、元の袋に戻してしっかり封をしました♪
^^

より以前の記事一覧

メインホームページ

リンク