気づいたこと

私のしたいこと

2018年6月23日(土) 雨 
 
先の日誌の流れからですが、、 
 
「自分の現実」に閉塞感を感じたり無限ループに入ってると感じたら、
私はタロットカードを引きます。 
 
現実へのフォーカスが特定の部分に限定され視界が狭くなり、思考の柔軟さが失われてると感じたとき、カードは私のマインドに風穴を開け新鮮な空気を運んでくれるから。 
 
タロットは私にとって身近な話し相手のような存在です。 
 
そこそこの年数、自分なりの方法でカードの使用してきたので自分をみることには慣れたのですが、他の人をみる経験は少ないです。 
 
でも、昨今の事件をみるにつけ感じる「どうしてそうなのか?」という、人間という存在に対する関心や知りたいという想いをもう自分の中で無視できなくなってきました。 
 
なのでやっと本題なのですが、再びタロットリーディングのモニターを募り理解を深めたいと思っています。 
 
そしていつか誰かの鏡となって、今はその人の目に映らない別の現実や新たな可能性を伝えることができたらいいなと思います。 
 
具体的なことはまた別途お知らせします。 
 
Photo_3 
 
  
 
 
 
 
 
 
 自分自身でいて 
 恐れず 軽やかに 
 自由に生きたい 
 

問いかけ

2018年6月22日(金) 晴れ 
 

先日の日誌(事件に思うこと)と同じ視点で書かれた、お笑いタレント・カンニング竹山さんの記事を見つけました。

 
彼は「肝心なことが報道されていない」として、問題の
核心をより深く理解することの必要性と、このような事件を繰り返さないために「なにができるか」を個々人に問いかけ、そこにマスコミ本来の役割と可能性を見出しているように感じました。 
興味のある方はご覧ください。↓ 

新幹線死傷、虐待殺人の容疑者らの生い立ちが知りたい 
 
これらの事件から私の思考が行き着く先は、人は誰もが同じ現実を生きているのではないということ。 
 
きっと現実というのは人の数だけあってそれゆえに、自分は理解されないとか、相手が理解できないとか、互いに分かり合えないとか、、そんなことが日常茶飯事なのだと思います。 
 
新幹線の事件、虐待死させてしまった事件、その加害者たちにとっては「自分の現実」だけが唯一の絶対的事実になっていった。 
 
でも、している行為やその程度こそ違え、起きていることの構造自体は私も同じです。
 
今この状況(=あくまで自分の認識)ではこうすべきで、それが当たり前。そんな狭い独自の世界観の中で考え、感じて、行動してるのですから。
 
問題となるは、これまで通りの思考や行動が立ち行かなくなり、苦痛を感じそこから抜け出そうとしても、固定化された「自分の現実」から逃れられなくなったとき。  
 
自ら作り上げた現実にからめとられ身動きがとれなくなったときに必要なのは、客観的視点とそれに基づいた新しい現実の認識だと感じます。 
 
その人にとって他者の存在がとても重要だと思うのです。 
 
誰かの現実という壁が壊せないほど強固になってしまう前に、誰かが声をかけられたら、、、 
 
そう思うにつけ、自分になにができるか、なにがしたいか?を問いかけられてるように感じます。 

事件に思うこと

2018年6月12日(火) 晴れ 
 

最近胸の痛む事件が多いです。 
 
幼い子供が虐待の末に死んでしまったり、 
新幹線で襲われた女性を庇った男性が殺されてしまったり、、 
 
犯人は許せない、極刑に、という意見を見かけますが、こういった事件は単に法で裁けばそれで終しまいとは思えず考えさせられます。 
 
このように事件として私たちの目に触れるのおそらく氷山の一角。 
この瞬間にも人知れず起きている、あるいは潜在的にその可能性を秘めている人、状況はそこかしこにあるように感じます。 
 
以前「人類が存在しなければ地上は生き物にとって楽園となるだろう」という言葉を目にしました。 
 
人はほかの生物と違い高度な社会性を持ち、霊的にも科学の分野でも進化の可能性を秘めると同時に、それが故に迷い道を誤り、自分自身や他者、ひいては自然環境、社会・国家・民族という集団単位にまで多大な打撃を与えうる存在であることは過去の歴史をみれば明らかです。 
 
そして最近は「なぜこの行動に至ったのか?」と思う事件がとても多いと思います。 
 
事件を起こした犯人の背景が少しずつ明るみなるつれ、これは犯人や家族といった特定の誰かを断罪すればおしまい、、などというものではない、そう思われてしかたありません。 
 
「犯人はどうしてこの行動をとったのか?」「周囲の人間になにができたのか?」などなど様々なことが頭を過ります。 
 
子供の物事の捉え方はとても柔軟です。 
経験が少なく、善悪の判断もなく、無知故に、この現実はひとつの限定されたものではなく、粘土のように変幻自在であらゆることが可能な世界、それが子供にとっての現実でしょう。 
 
でも、年を経て酸いも甘いも経験を重ね、現実とは堅固な形をとったたった1つの事実、そう認識を変えながら大人になっていくのかもしれません。 
 
こういった事件の犯人たちは、その厳然たる現実(=あくまで彼らにとって)に取り囲まれ、他の可能性が見出せなくなったのではないかと思います。 
 
今回の事件について正確なことは知りませんが、「自分は軽んじられている」「価値のない人間だ」「連れ子のせいで夫に捨てられるかもしれない」など、不安から始まり妄想であったものが、いつしか本人たちにはそれが紛れもない事実であり現実となった… 
 
まるで鏡の迷宮に閉じ込められて 
他にはなにも見えない、抜け出せない、、 

考えることはもう、これをどう終わらせるかだけ 
 
もし誰かが、「あなたがみているのは必ずしも現実ではないよ」と優しく言ってあげられたら、、それが難しいことは分かっているけど、違った結末があったのでは…と思ってしまいます。 
 
このような事件は特別な誰かの話ではなく、誰にでも、どこででも潜在的に起こりうる(起こっている)ことなのだと思います。 
 
そしてそのひとつひとつが、私たちに人としての進化の意図を問い、自分自身がその流れの身を置いているのだということを思い起こさせてくれているように感じます。 
 

新しい年に

2018年1月17日(水) 雨 
 
年が明けて早くも半月が過ぎました。。 
 
私とキヨタカの
暮れから新年にかけての過ごし方は、この伊豆に住み始めた頃とは随分様変わりしました。 
 
特にここ2年は両方の親の骨折、手術、介護認定の申請、腰痛、入所、入退院などなど、、なぜか12月、1月に集中していました。 
 
ですから、ほっとして自分のペースに戻るのはだいたいこの時期になっています。 
 
自分の子供の頃の成長と変化を思い起こし、また、親が老いて衰えてゆく様を目の当たりしていると、成人してから中年に向かう頃の身体や体力、健康はもっとも変化が少なく安定していたのだなと思います。 
 
子供の頃は目前に広がる世界は無限の可能性を秘めた未知としてその目に映り
、そして(自分の親を観る限り)高齢者と呼ばれる頃になると、自分の後にでき道の方へとその視線の多くは向けられている様です。そしておそらく、これからどれほど続くか見通せない先も、後ろに続く道の延長線上にあることに疑いはないようです。
 
だから今私が立つ人生の半ばを過ぎたこの場所は、その両方を見渡すことができる位置としてとても興味深い時だと感じています。  
 
これは数日前に撮った部屋からの朝焼けです。 
 

P11600772
 新年の抱負は 
 ほとんど考えない私ですが 
 
 いま自分がいる場所で 
 大きく見渡せる年にしたい 
 
 そう思えた1枚です 



人生という季節

2017年12月9日(土) 晴れ 
 
数日前、朝食を済ませ名古屋に行く準備をしていたら、キヨタカにどこからか電話がありました。 
 
ところどころ聞こえる感じから「なにかのトラブルかな?」と思っていたら、キヨタカのお母さんの施設からの
電話で、お母さんが部屋で転んだので病院に連れて行きます、MRIを撮りその結果次第で入院の可能性がありますとのこと。

 
この時は「たぶん入院はないのでは…?」と先方が予想していたので、私は名古屋行きの準備を続けていたのですが、2、3時間たったころ骨折が判明。 
 
すでに別件の用事で出掛けていたキヨタカは急遽実家へ直行。 
迷った末、
私も名古屋行きをキャンセルして小山に向かいました。 
 
私はあまり臨機応変に動ける方ではないので突然の予定変更は苦手で、ちょっと右往左往してしまいます。 
 
電車に乗ってしばらくすると落ち着いてきて、窓の外を流れていく景色を眺めていて思いました。 
 
こうしてなにかの出来事で大騒ぎしたり、なにごともなく淡々と過ぎる日もあり、、人生って季節が巡るのと変わらないなあ…って。 
 
青々と茂っていた木がその葉を赤く染めて散ってゆくように、人も、環境も、出来事も、ただ変わっていく。 
 
自分がそこに意味をつけなければただ<そうである>だけ。 
いいも悪いもない。 
 
1本の電話からいろんな感情や思考が動いたけど、人生という季節なんだ…と感じたら動揺がなくなりました。 

変わりゆく風景の中の登場人物のひとりとして、私もただ生きればそれでいい、そう思えたら、人生をもう少しだけ気楽に生きられそうな気がしてきました。。
 

変われるという希望

2017年11月25日(金)晴れ 
 
昨日キヨタカと話をしていたら、ふと以前読んだ「求めない」という本を思い出し久しぶりに開いてみました。 
 
この本は、<求めない  すると  〜〜 >のフレーズが散文のように繰り返されます。その中に、 
 
求めないーー  すると  失望しない 
 
というのがありました。 
 
子供のころ私もそう思って、なにも期待しないと心に決めたことを思い出しました。 
 
そうすると確かにがっかりすることがなくなり、心に波風が立たなくなりました。 
 
でも、やはり子供は求めないといけない存在なんだと、この本を
久しぶりに手に取ったことで思いました。 

 
親への期待、将来への期待、自分の欲望をもってもいいんだという感覚。 
  
求めたものを得られても得られなくても、初めから諦めてしまったら心の波風に動揺することはなくなっても、穏やかさや温もり、うれしい感覚、自分はここにいていいんだという自分の根っこをこの大地に広げることはできない。 
 
初めてこの本を読んだ時はスルーしたフレーズなのに私も変わったのかな? 
 
いくつになっても成長できる、変化できるというのは、人の一番の希望なのかもしれないと思いました。

 


止まるとそこに

2017年11月19日(日)晴れ 
 
先日実家に行った時の
買い物帰り、とてもきれいな天使の梯子に遭遇しました。 

 
171115_154021 
雲間から 
 光が滝のように 
 溢れていて 
 
 日常に神聖さが 
 舞い降りたようでした 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして今朝の富士山。 
 
P1010013_2 数日前の
冷え込んだ日に 
 父が言った通り
 
 富士山はまっ白な 
 雪をまとっていました 
 
 
 
 
P1010010_2 
日常の中で目にする 
 雄大な自然や美しさは 
 点滅する横断歩道を渡ろうと 
 走り出す私の足を止め、 

 そんなに急いでどこへ・・・? 
 と問いかけてきます。 
 

笑う

2017年11月18日(土)曇り 
 
 
楽しいから笑う 
 
うれしいから笑う 
 
じゃなくて 
 
笑いたいから笑う 
 
で、いいんじゃない? 
 
 
名古屋から戻り思ったこと
flair  
 

 
C2c784b5s_2
 もちろん 
 
 楽しい 
 うれしい 
 
 大歓迎
heart02 
 
 
 
 
 
 
(どこかから拝借した写真。こちらまで口元が緩みます^^

花の意味

2017年3月24日(金) 晴れ by ヨガビジャ 
 

今わが家はリトリートで飾られた花のいい香りで満たされています♪
  

キッチンの窓際には庭の花をいけた花瓶があって、その水仙が朝の光に映えてきれいです。 
 
Img_1542
 上下逆の三角がふたつ重 
 なっているんですね  

 
 
なんとなく 
 調和のイメージかな? 

 
 
 
 
Img_1544 
光に開いてる姿は 
 完璧に美しい 
 
 ただそれを喜び 
 楽しみたいです
 
 でも終わりの時は 
 
確実に近づいていて

 
 
 
 
Img_1547 
まだ現われてはいない 
 果てゆく
姿を含めて目の前の 
 きれいな花を見られたら 
 
 小さな花の存在は 

 小さくなんかなくて  
 

 ほのかに愛おしく 
 より美しい存在に感じられて、 
 
 
つくづくすべてに意味をもたらすのは自分なのだなと思いました。

  
 

小さな心地よさ

2016年6月14日(火) 晴れ時々曇り by ヨガビジャ 
 
 
昨日の雨が上がり今朝は青空が広がりました。 
乾きかけの洗濯物にはありがたい晴れ間です sun

今日は火曜特売に合わせて取っておいた<会員様5%OFF感謝券>をもってアピタへ買い物にでかけました。 

 
到着したのは9時半前だったためそれほど混んではいませんでした。 
 
私がキュウリの山積みから新鮮そうなのを物色していたら、「ハイッ!」とビニール袋が私の目の前に差し出されました。 
 
私と同じく
キュウリを選んでいた女性が、私の分のビニール袋を手渡しながら、 
 
女性:いるでしょう? 
 
よがび:はい! ありがとうございます。 
 
女性:・・・どれが新鮮かしらね〜? 
 
よがび:私は固めでトゲトゲしたものを選んでますよー 
 
女性:そうよね? なかなかないわね〜・・・
 
よがび:えっと、下の方にあるのが新鮮そうですよ♪ 
 
女性:あら、ほんと! 上のはもう乾燥しかかってるかしら? 
 
よがび:こんなに選べるのも早く来た特権ですね! 
 
女性:そうよね! そのために早く来たんだも
の。 
 
    ♪
(* ̄∇ ̄) (⌒-⌒ ) ♪  
 
などと他愛のない会話をしてそれぞれ次の売り場へと向かいました。 
 
この見ず知らずの人との何気ない会話で心がほんわか♡して、あ〜、人って他愛のないこととか高尚なこととか関係なく、共感することに心地よさを覚えるのだなと感じました。 
 
そして一通り買い物を済ませ冷凍食品の前を通り過ぎると、暑かった
数日前、コンビニへ「みぞれ」を買いに寄ったらなかったことを思い出し、アイスクリームのコーナーを覗いたら、ありました。 
 
Img_1024 私は練乳がけが好きなのですが 
 今日はこんなのを見つけました。 
 
 九州名物 『白熊』 
 
名前は聞いたことがあるけど見つけたのは
初めなので迷わず購入。 
 
今日の父(熊本出身)へのメールネタはこれにしようっ!
^^ 
 
お父さん、これ食べたことある?(・・?)  
 
きっとこの他愛のないやりとりも、共感や交流を求めてのことなのでしょうね。 
 
内容や結果(反応)と関係なく、ただ私が心地いいからしているのであって、それを父のためとか言ってしまったら、それはもう違うんですね。( ・_・ )ウン
 
 

より以前の記事一覧

メインホームページ

リンク